こころ

あなたの生きているその瞬間に、花を添えたいんだよ

今見てるぼくの景色は、他人の目を通してみるとまったく別の景色に写るものであろうなあと、写真を撮る時にはいつも考えてしまいます。

できるだけ普遍的と思える写真を撮るのがよいのか、ぼく個人の目線に徹した写真を撮るのがいいのか。

一時期考えたことがありましたが、今となっては考える意味などないという思いに至りました。

ぼく個人の目線なんていうものは、今この一瞬だけのもので、ずっと変わりゆくものだからです。

また普遍的に思えるということも、ぼくという人間のフィルターを通したものである以上、同じく変わりゆくものです。

相対的なぼくからは絶対的なものが生まれることはありえないということですね。

なのでまあ、最近は「みんなからどう見えるだろうか」なんて事は考えず、自分の好きに撮らせてもらっています。

どうしたって無意識のうちに他人からどう見えるかって事は考えてしまいますからね。だからそこに敢えてフォーカスを当てて考えることは無駄だなあと。

自分の今の精一杯で、誰かが生きるようにと願った写真を好きに撮って、それでだめならもうしょうがないなあ、という気持ちです。

img_6078

img_6080

諦めるちから

先日、世界陸上のメダリストである為末大さんの「諦める力」という本を読みました。

この人はもともと短距離走を得意とする人で、子供のころは大会でもバンバン勝てていたらしいです。

しかし時間が経ち、自分も周りも成長してゆくにつれ、環境がかわり勝てなくなってしまったそうです。

そして苦渋の決断のとき。

自分の持っているもの、陸上界の環境、全てを冷静に考えたとき、メダルを獲得するためには400mハードルに転向するべきだとして、その道を進む事に決めたそうです。

そして、かれは世界陸上でメダルを手にしました。

感情的には、いままでやってきたことを手放すというのは大変に納得しがたいことだったと思います。

しかし、かれは感情を廃して冷静に論理的に、勝つための戦略をとった結果、メダルを手にするという栄光を手にしたのですね。

想いによって作られた目的を、実現するために論理を使う

まあ全ては結果論かもしれませんが。

しかし爪も牙もない人間の、唯一の武器である大脳を使って論理的に考えることを放棄して、想いだけで戦おうとするのは怠慢なのだと思います。

まず想いがある、そしてそれを実現するために論理を使う。

為末大さんは、自分のもっとも納得できるやり方を見つけて、それが自分に合っていたことで力を発揮できて、賭けに勝つことができたということですね。

論理的に考えると皆、最期は負ける

そして、こういう身もフタもない事を書くと誤解をされてしまいそうですが、ぼくが最近おもうのは、

人間というものは、命というものは結局、最期は「負けて死ぬ」ということです。

愛する人の命、自分自身の命、財産、名誉、全身全霊をかけて、守るために日々戦ってきたものたちを最終的には何一つ守ることができず、全て失って死ぬということです。

この場合に「負ける」という表現を使うのが正しいのかは微妙なところですが、論理的に考えると、やはりそこに行き着いてしまいます。

悲しくはないのですが、人間というのは、命というのはみんな、同様にさびしいものに思えます。

ここから導き出されるものは、ちっぽけすぎる自分を守ることの無意味さ、ですね。

生きていることはさびしいから、みんなそこに花を添えたくなるのだと思います。

img_6087

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

ぼくも少なからず、魂などについて信じたい気持ちがありますが、いままで一度も実在を証明されたことがない以上、あてにして生きるのはむずかしい。

あったとしても、それは生きているうちに役に立つものではない気がします。

あるかどうか分からない以上、役に立ったのかどうかも分からいという意味で、ですね。

ぼくらが確実にあると言える瞬間は、いまここにしかないです。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    ものごとがうまく行かない時期の対処法

    ものごとが上手く行かないときなんにしてもそうですが、受け身の姿勢で…

  2. 【写真】近所の山に登って、初めて本気の夜撮影をしてきた話

    これまで夜の撮影にあんまり興味がありませんでした。星空を撮ると一口で…

  3. エッセイ

    誤解を恐れずにいえば、私はもう頑張る事をやめようとおもった話

    本日紹介する楽曲は完全に懐メロで、私がまだ幼い子供の頃に親が聴いていた…

  4. エッセイ

    僕の周りの立派な人がやっている、信用を得る方法

    僕がここ5年から10年の間くらい、気をつけている事があります。…

  5. Mac

    文章を多く書く人はMacを使うべき?「半角/全角」キーと早めに決別するべき理由

    Macbookのキーボードのキー配列って、Unix配列って言われるもの…

  6. エッセイ

    子供に何かを強いてはいけない。僕の水泳のおもいで。

    ぼくは物心がついた時にはもう泳いでいました。というのもぼくの父…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. ウェブサービス

    よけいに悲惨な感じになってしまうと思うんだが(笑)Facebookの”…
  2. レビュー

    池上彰さんの「おとなの教養」を読んだ
  3. エッセイ

    だれかを感動させるという事について
  4. Mac

    Alfredを使って特定のアプリ(プロセス)の再起動をするスクリプト
  5. エッセイ

    小さな頃から世話になっているスゴイおじちゃんの夢
PAGE TOP