お話

世界には神も魂もない。初期仏教がじつに科学的なことに驚いたこと。

最近ぼくは仏教に興味があるということを以前、記事に書きました。

プラスでもマイナスでもなく、あるがままに見ること

ぼくが興味を持っているのは、ブッダの語った言葉をそのまま、当時の言語(パーリ語)で現代に受け継いでいると言われている初期仏教とよばれるものです。

初期仏教には、そもそも神というものが存在しません。

また、念仏を唱えると極楽に行けるとかいう考えもありません。

神に祈ったところで、なんの意味もないというスタンスです。

魂については、あらゆる宗教でまず存在する事を前提に語られていて、ずっと探してるけど、見つからないのだからないよね。

死ねばどうなるのかとか、そういうことは出口のない袋に入るようなもので考えるだけ無駄であって、そんなことしてたらすぐに寿命が尽きるよ。

という実にドライで現実的な考え方です。

なのでこれが宗教かどうかというと、ちょっと微妙なところだと思います。

ふつう宗教に存在する神様の存在についてや、その神様への祈りについてなど、霊的なことや儀式について否定的な見解なので。

科学的思考をもつ現代人向きの考え方なんじゃないかなあと思います。

初期仏教というのはただただ、人間のこころについて冷静に見つめている教えです。

お経というのは、ブッダと誰かの対話の記録のことらしい

ぼくはお経についてこれまでぜんぜん知らなかったのですが、お経の中身というのは、ブッダがその時々で出会った人との対話の記録らしいんですね。

その中の一つのエピソードがとてもおもしろかったので、ご紹介したいと思います。

思い出しながら書いてますので、原文ままではありません。

またそもそも、この対話の記録の原書にかかれているパーリ語の文法や表現は日本語と大きく違うらしく、もともとのニュアンスを伝えるのは困難だということらしいんですよね。

まあしかし、わかりやすいお話です。

あるバラモンとブッダの会話の記録

あるところに一人の、とても有名なバラモン「ソーナナンダ」が住んでいました。

バラモンとは、インドの身分制度(カースト)の中で最高の地位である、司祭階級のエリートのことです。

当時のインドはとても力があり、世界とはインドのことでした。

なのでこのお話のなかでは、バラモンというのは人類で最も地位の高い人間、という認識です。

そのバラモンの中でも有名なバラモン「ソーナナンダ」の住むところに、あるとき、ブッダがやってくるという報せが舞いこみました。

当時すでにブッダはその地方で有名であったために、ソーナナンダは自分から出向いてブッダと会おうと考えました。

しかし、たくさんの弟子がそれを止めました。

ブッダはシャカ族の王子で、その身分はクシャトリヤという王族・武人階級であったために、最高位であるソーナナンダが出向く必要はないという理由でした。

ソーナナンダはお客様をお迎えするのに身分は関係ないと、弟子たちを説得してブッダのところに出向くことを決めました。

さて、弟子たちを説得して、連れて出てきたものの、ソーナナンダの心中はおだやかではありませんでした。

もしもブッダと比べて知恵のおとる所を見られれば、自分の名誉が地に落ちてしまいます。

そうなれば、いま連れてきている多くの弟子たちも路頭に迷わせることになる。

そんなことを思い悩みながらブッダのもとに出向き、とうとう彼と対峙してしまったソーナナンダでしたが、不安で言葉が出ませんでした。

ブッダはそんなソーナナンダの苦しみを察し、彼のもっとも得意とする「バラモンの中でも、最も優れたバラモンとは、どんな人物でしょうか」という質問を投げかけました。

最も得意とする研究分野に関する質問を受けたソーナナンダは、ブッダの心遣いに感謝しつつ生き生きと答えました。

最高のバラモンであるための、5つの条件

「その条件は5つあります
1つめに、生まれは7代前までバラモンであること。
2つめに、バラモンの祈りの経典をすべて暗記していること。
3つめに、美しい男であること。
4つめに、幼いころから道徳を守っていること。
5つめに、理性と知恵のあること。です。」

と自信満々に答えました。

ブッダは「その5つの中から1つ、条件から外すことが出来ますか。」とたずねました。

この質問で、ただ型にはまった考えではなく、ソーナナンダの生きた知恵を知ることができるとの考えからの質問でした。

ソーナナンダはすぐに「できます。美しい男であることを捨てましょう。美貌は人格と関係がないから。」と答えました。

ブッダは「さらにもうひとつ外すことができますか。」とたずねました。

ソーナナンダはまたすぐに「できます。経典をすべて暗記していることを外しましょう。」と答えました。

当時、今と違ってすぐに知識にアクセスできるコンピューターのなかった時代に、物事を覚えていることにさして意味がないということを見抜いていたというのはすごい。

さらにブッダは「もう一つ外すことができますか。」とたずねました。

ソーナナンダは「それでは、生まれがバラモンであることを外しましょう。生まれは人格とは関係ありません。」と答えました。

ブッダは「さらにもう一つ外せますか。」とたずねました。

するとソーナナンダは「もう外すことができません。道徳が知恵を育て、知恵によって道徳を育てることができるからです。」と答えました。

ブッダはうなづいて「私もそう思います。」と言いました。

沸き起こるブーイング

それを聞いていた弟子たちは文句を言い始めました。

すべてのバラモンの誇りである、美貌と経典と生まれが重要ではないということをソーナナンダが言ったからです。

その騒ぎに向かってブッダは言いました。

「この中で、ソーナナンダよりもバラモンについて詳しい自信があり、自分のほうが対話にふさわしいと思うものは、話をしましょう。」

もちろん、ソーナナンダについてきた人たちの中に彼よりも知恵があるものはおらず、騒ぎはこの一言で収まってしまったということです。

ソーナナンダの甥

ソーナナンダは「私からもひとつ言わせてください。」と言って次のように語りました。

「わたしの甥っ子は7代前までバラモンで、すべての経典を覚えており、大変に美しい男だが、殺生はするし酒を飲みまくるし暴力を振るう。いかに生まれがよくて優秀で美しくてもこれでは意味がないとわたしは思う。」と。


おはなしはここで終わります。

さて、本当に知恵は道徳を、道徳は知恵を育てるのでしょうか。

それらは試したい人が試してみると良いと思います。

ブッダというのは「知恵を完成した人」という意味らしいんですね。そして、知恵とは真理のことです。

地球が丸いということは真理で、誰にも覆すことのできるものではないように、ブッダの語る言葉は反証のしようがないものである。というのが初期仏教の立場のようです。

くつがえせるものなら、どうぞやってみてください。という自信が面白い。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

lotus-fresh-landscape-flower-flowering

上に書いた話は、アルボムッレ・スマナサーラというスリランカのお坊さんが書いた本の中に書いてあります。

例えばこの本「怒らないこと」は有名で、40万部も売れている本のようですね。

2000年以上前に生きたブッダという人の知恵を今でも活かすことが出来るというのは、人間、その本質はなかなか変わることがないというのが、また面白いことだと思います。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. お店紹介

    富安秀行さんのライブを見て、音楽観が変わった夜

    人生には時に、わずかのきっかけでその後の人生が変わってしまうような出来…

  2. カメラ用品

    遠隔操作ができるストロボを買ったのでテストしてきました

    先日、やっぱりスケートボードとかBMXなどが、僕は好きだなあと思い、そ…

  3. エッセイ

    TPPが5分で大体分かった感じになるページ

    日本政府が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について大筋合意に達したと…

  4. レビュー

    革のツヤを引きたたせるため、ミンクの油を買って塗ってみた

    先日の誕生日に革靴をプレゼントにいただきまして、これはもう大切にせんと…

  5. レビュー

    福岡の写真とペンの収納できるリングノートがよかった話

    本日は彼女と彼女の妹二人と弟一人の計5人で福岡に買い物に行ってきました…

  6. エッセイ

    人の幸せを自分の事のように喜べるという事。

    僕はここ数ヶ月、自分自身を長く見つめていて、その奥の奥の深いところ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    大人の強みを活かしたい。30歳を超えた人の生き方。
  2. イベント

    佐世保にある「ウクレレ・フレンズクラブ」の発表会の写真
  3. イベント

    川棚で行われたヨサコイ祭りに行ってきました。
  4. エッセイ

    Appleが広告ブロック機能を標準搭載した事で変わる、これからのネットの未来
  5. エッセイ

    「年末ジャンボ、10億円♪」が聞こえるたびにざわめいた胸の内について
PAGE TOP