日記

(どうでもいい)悪い(?)事を無くそうとしたら、かえって悪くなる話 – グレーである事を許容する心をもとう。

最近、この「(どうでもいい)悪い(?)事を無くそうとしたら、かえって悪くなる話」が自分の中でヒットしています。

例えば昨今の、汚い物は除菌すべきである、という風潮によってあらゆる所を除菌してしまう事で、かえって免疫機能が弱まっているらしいという事や。

除菌する事によってそこに住んでいた、悪影響のない菌を殺してしまうことによって、悪い菌が増える余地を与えてしまい、病気になってしまう事がある事や。

子どもたちを守る為の青少年保護条例によって、かえって遵法意識の高いまともな大人達が子どもたちから離れる事によって、アウトローな大人たちが青少年市場で跋扈している話とか。

それまでなんの問題もなく使われていた言葉を急に差別用語に指定しまう事によって、かえって差別を助長させてみたりとか。

古くは禁酒法であったり、ヤミ米であったり、まあ色々とこの手の話は尽きない事だと思うんですが。

つまり、割とどうでも良い事を駆逐しようとすると、かえって事は悪化するという事だとおもいます。

グレーな部分を無理やりに白黒つけようとすると逆に黒くなるって事ですね。

しかし今現在、世の中は規制規制で、どんどん白黒つける方向に進んでいっている気がしますね。

抑圧する事が長期的に意味のない事だという事は、皆もうわかっている事だと思うんですけどね。

グレーな物をグレーなものとして在るがままに受け止める度量って大事だと思うんです。

誰かがそこに白黒つけようとすると必ず無理が生じてしまう。

僕らの生活の中でもそういう部分あると思います。

ゆるす心の大切さ。ですね。

大切な人と、愛する事以外は、割とどうでも良い事だったり。

今日もこのブログにおとずれてくださってありがとうございました。

それではまた。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. ウェブサービス

    よけいに悲惨な感じになってしまうと思うんだが(笑)Facebookの”悲しいね̶…

    先日、1月14日くらいからFacebookの「いいね」ボタンに加えて「…

  2. 日記

    懐かしさのかおり

    道をあるいているときなんかにふと、どこからともなく薫る香りがとても懐か…

  3. 日記

    将棋の一戦の中に見る、人間の知恵と哲学

    近頃は将棋を打てない人が増えているようなので、将棋の話などをしても共感…

  4. 日記

    ぼくはずっと言葉に救われてきた

    僕はこのブログでいろんな事を語ってきましたが、結局、最近は何が…

  5. こころ

    複雑極まる価値観のるつぼ時代を生きる、僕らに必要な心構え

    師走の時期、また忙しい現代社会でありますから、まずは結論を述べさせてい…

  6. 日記

    人生は限りなくゲームに近い。始まりは簡単に、除々に難しくなっていく。

    人生とはじつにゲームっぽいものであるなあと思う。ゲームと言って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 写真

    ぶらぶらと自転車に乗って回って自由を感じた
  2. 写真

    東京摩天楼の写真、東京スカイツリーにのぼって思った事。
  3. レビュー

    堀江貴文氏著「ゼロ」を読んだ感想
  4. レビュー

    革のツヤを引きたたせるため、ミンクの油を買って塗ってみた
  5. お金

    不自由な自由市民たちの詩
PAGE TOP