エッセイ

潜在意識を使いこなす事ができれば、多分無敵だ。

最近のぼくは潜在意識について、とても興味をもっている。

潜在意識のおかげで僕らは歯磨きをしながらを文字を読めるし、ご飯を食べながらテレビを見ることができる。

このブログも完全に僕の潜在意識のたまものだ。

ブログを書くとき、僕は頭のなかで文章を考えるだけで、指先が勝手にその文字をディスプレイに印字してくれる。

潜在意識さまさまである。

潜在意識は、普段意識する事ができない。

僕らが普段意識している物事すべては、意識の表面部分の表層意識(顕在意識)である。

頭で考える事は表層意識、体で覚えている事が潜在意識と言うとわかりやすいだろうか。

一説によると潜在意識は、顕在意識のおよそ2万倍の力を持っているらしい。

禁煙をするのに苦労する人は少なくないと思われるが、それは、「タバコをやめる」という意識(意思)の2万倍のちからでタバコを吸いたくなるからである。

この話が本当であれば、まったくもって無謀な話である。

極論してしまえば、本当のところ、意思の強い人なんていうのは存在しないらしい。

意思の強く見える人というのは、みんな潜在意識を活用している人なのだという。

であれば、潜在意識を有効的に活用する方法を見つける。もしくはより潜在意識を使いこなせるようになる方法を練習した方がいいにきまっているぞ、と最近の僕は考えている。

たとえば以前にも紹介したかと思うが、速読の一種であるフォトリーディングの本なんて、表層意識だけで説明すればほとんどオカルトのようなもので、全くもって怪しいしろものだ。

見開いたページの左のページを右目で、右のページを左目で見ながらサクサク読み進めて、その後一晩寝たら本の内容が頭の中に残るという感じの事なので、もう正直わけがわからない。

しかも科学的には速読は不可能であるという研究結果もある。
速読は実は不可能だと科学が実証 | ライフハッカー[日本版]

しかし、実際にフォトリーディングを出来ると主張する人もいる。

僕は、多分、フォトリーディングは訓練次第では出来るようになるのだろうなあとなんとなく思っている。

最近本を読むときはちょくちょく練習しているのだけれど、ちょっとは意味があるのかなあ、なんて考えながらちょっとずつ、気長に続けてみようと思う。

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール R.シーリィ
フォレスト出版
売り上げランキング: 7,347

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

13063059473_915bbc030b_z

今日のブログの記事のテーマも、潜在意識の中から引っ張ってきたのですよ。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    プラスでもマイナスでもなく、あるがままに見ること

    先日、父親から「時間のあるときに連絡をください。」という文面のメールを…

  2. エッセイ

    誰だって、好きな事が仕事だったらもっと働きたいんだろう

    人間、生きていくには食べなきゃいけないわけで、ごはんを買うためのお金が…

  3. イベント

    実はもくもく会は、いまでも毎月欠かさず開催されているんだよ

    最近ぜんぜん書いてないですが、相変わらずもくもく会の活動は続いているん…

  4. エッセイ

    人の幸せを自分の事のように喜べるという事。

    僕はここ数ヶ月、自分自身を長く見つめていて、その奥の奥の深いところ…

  5. お金

    コンテンツ制作に携わる人々のブルース。次回のもくもく会で話したいコト

    一ヶ月の早さを感じております。次回のもくもく会についてです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    社会の仕組み 〜公務員と議員のなりたち〜
  2. レビュー

    MediaMation MX4Dの映画を体験した感想
  3. 写真

    七五三の写真を撮ってきました
  4. 日記

    最近酒を飲む機会が増えた事
  5. エッセイ

    これからの時代のデジタルカメラの選び方
PAGE TOP