スポット

長崎県美術館のミュシャ展に行ってきました。

zenkou_400_537

昨日は大雨の中、長崎県美術館の「ミュシャ展」に行ってきました。

ぼくは全然、絵画には詳しくないのですが、「ミュシャ」は大好きです。

ミュシャの写真

ミュシャの写真

彼の絵を見ていると、素人考えなのですが、相当に、現代のイラストや漫画に影響を与えているのではないかなと思いました。

繊細で流麗なタッチで描かれた線は、ミュシャ彼自身の亡くなってしまった今でも、普遍的と思えるほどの美しさと輝きを放っていました。

ずっと見ていたくなるような絵を前にして、その筆致を見極めようと、絵から15センチの所に目をやって見つめているんですが、全く飽きが来なくて、逆に困ったものでした。

会場には結構な人出があったので、後ろの人に突っつかれる形で次の絵画に移動したものです。

彼の絵を見ていると、ほとんどが「カラーリトグラフ」という手法によって描かれている絵でした。

「カラーリトグラフ」というのは要するに、版画の事なんですが、版画の中でももっとも自由な表現のできる版画のようです。

版画というと普通、木に掘リ込みんで絵を書くアレを思い浮かべると思うのですが、リトグラフは筆で描いた絵をそのまま版画として使う事のできる手法のようです。

彼の肩書が「画家」であるとともに「グラフィックデザイナー」であるところも面白いと思います。

彼は生前、商業的にも大変に成功しており、画家としては珍しく、経済的に全く苦労のない人生を送ったようです。

僕は食器のデザイン画が好きだった。

展示場の中でももっとも目を引いたのは、彼が食器や宝石をデザインしたものでした。

それらは、とてもとても精巧に描かれており、実際に彼の絵の通りのモノを作る事のできる金属加工職人や、ガラス加工職人、宝石加工職人は存在するのかな?と思えるレベルで。

そういう意味で、「絵」というのがいかに人間の想像力の源泉に近い場所にあるものかというのを感じていました。

僕はミュシャの絵を見ていて、ミュシャの絵の様な写真を撮ってみたいと感じたのですが、あの世界を実際に作りこんで写真に撮ろうと思えば、どれほどの時間と手間とお金がかかるでしょうか。

でも彼は、その腕一本で仕上げてしまったのです。

その腕一本で仕上げて、今に至るまで数多くの人々に感動を与え、心の安らぎや、あこがれという価値を提供し続けてきたと思うと、なんだか、気が遠くなるような思いを感じました。

これこそ、人間の心の中にこそ、もっとも美しいものが在るという事の証明のように思えます。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

僕は、彼の作品の中でも「4つの星」という作品が一番好きです。

54380b67

どの作品も最高だと思うのですが、この中でも左から2番めの絵が最高に好きです。

いつか家の中に飾りたいですね〜。

それではまた♪

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. イベント

    二回目のもくもく会を終えての感想と、GOPROでの撮影テスト

    今回も多様なメンバーに集まっていただきました。前回参加の方で来られ…

  2. 日記

    善悪の基準と人間関係の話

    「話があるから来て頂戴。」先日、いかにも母親らしい簡潔なメールが送…

  3. エッセイ

    堀江貴文氏著「ゼロ」を読んだ感想

    「35歳までに読んでおくべきビジネス書」という記事を見て、ランク入りし…

  4. エッセイ

    僕がテレビを見ない理由

    僕は家では、ほぼテレビを見ません。「テレビ見てない自慢」とか言われ…

  5. 歴史的な大雪を観測した佐世保を散歩してきた写真

    いや〜、すごかったですね。佐世保の大雪。うちなんてちょっと坂の上に…

  6. レビュー

    もっと早く買えばよかった。お掃除ロボットの素晴らしさに感動した

    Amazon Unlimitedで購読した雑誌にロボット掃除機について…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. ウェブサービス

    Amazonプライムに入っちゃった。プライムビデオ、PS3でも見れるよね。
  2. エッセイ

    温泉の良さは水風呂にあると見つけたり
  3. レビュー

    映画「この世界の片隅に」を見てきたよ!
  4. 写真

    おはし観音 彼岸花撮影会
  5. コミック

    何かを追究している人が見るべき良作。東村アキコ氏著「かくかくしかじか」を読んで
PAGE TOP