ニュース

そろそろ耳を塞がずに個人的に音楽を楽しめる時代が来るらしい。骨伝導ヘッドフォンなの?SONY “N”

先日、SONYが面白いヘッドフォンを発表していました。

こちらの動画でご覧いただけます。

そう、このヘッドフォン、耳をふさがなくてよいのであります。

耳を塞がずして、周りに音漏れせずに個人的に音楽が聞けるのか。おそらくこれは骨伝導ヘッドフォンなワケでありますが、骨伝導の無線イヤフォン、ヘッドフォンってゲームにしか存在してないと思っていました。

ちなみに骨伝導とは

骨伝導は、空気を伝って鼓膜(中耳)を振動させ聴覚神経(内耳)に伝わる(気導音)に対して、声帯などの振動が頭蓋骨を伝わり直接聴覚神経に伝わる(骨導音)ものである。 この骨伝導は意図的に起こさずとも日常で常に起こっており、例えば自分が聞く自分の声は気導音と骨導音が合わさったものである。

海外では、商品のアイデアとコンセプトを打ち出す事で出資者を募る、クラウドファンディングにおいて、既にこういうヘッドフォンがおおきな支持を得ているようです。

599efdcc

耳を塞がない新感覚の「イヤーフリー」ヘッドフォンで仕事が捗りすぎ | FUTURUS(フトゥールス)

なるほど、これはすごい可能性を感じますね。

これならばヘッドフォンを付けた状態で運転もできるし、自転車も運転できるしってわけで、圧倒的なイノベーション感があります。

2〜3年後にはこれを付けた若者たちが街にあふれるのは想像に難くないです。

これは確実に来るなあって思いつつ、音質とかどうなんだろうと思って現在どんな骨伝導ヘッドフォンがあるのか調べた結果こんなのを見つけました。

既に骨伝導ヘッドフォンって実用化されてるんですね。

これのレビューを見る限り音質は結構よさそうなんですが、骨伝導ヘッドフォンであるにも関わらず盛大に音漏れするって書いてありますね。
骨伝導って、純粋に骨を通してだけで音が伝わった場合、理論的には通常の空気を伝わった音と遜色ないレベルまで持っていけるんだろうか。

そしてSONYがどのくらい音漏れをなくしつつ、どのくらいの音質で新しいヘッドフォン「N」を世に送り出してくるのか・・・非常に楽しみですね。

価格と品質のバランスが上手くとれればめちゃくちゃ売れそうです。首にかけるデバイスということで、ネックレスの拡張版みたいな感じでファッションとの相性も良さそうで広がりを感じさせます。

完成度次第ではウォークマン以来の感じで世界を席巻できちゃうポテンシャルありますねえ。

首にかけてるし、そもそも骨伝導なのかって感じですが、音漏れなく音質のいい音楽を耳を塞がずに聴けるという目的がかなうのであれば、なんだっていいわ(笑)

出たら是非手に入れたいですね〜。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. グルメ

    コスパ最高の70%カカオが香るチョコレート「スペリオールエクアトゥール」

    最近2kg程度体重が増えまして「そろそろ低糖質ダイエットでも始めるか(…

  2. レビュー

    安くて超便利の最強テレビ録画装置「ナスネ」が欲しくなりました。

    友達から「トルネ」をもらってからというもの、テレビ欄を見て気になる…

  3. コミック

    世の男たちは猛男を見習うべし!映画化された「俺物語!!」の原作コミックが愛おしすぎた感想

    まさか自分が32歳になってマーガレットコミックスにハマるとは・・・。…

  4. レビュー

    普段メガネの人におすすめしたい、車の運転に最適なサングラス

    サングラスの機能として重要なのはまず、光の眩しさを軽減させる事ですね。…

  5. レビュー

    Tevaのサンダルを使ってみた感想!おすすめできない2つの理由

    2年ほど前にTEVAというメーカーのサンダルを買ったんです。…

  6. レビュー

    もっと早く買えばよかった。お掃除ロボットの素晴らしさに感動した

    Amazon Unlimitedで購読した雑誌にロボット掃除機について…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. Mac

    macOS SierraにしたらKarabinarが動かなくなって困った話
  2. 日記

    人がよく生きる為に気をつけることは、たった一つで十分だよね。
  3. ウェブサービス

    ハイブリッド車とノーマル車の損益分岐点を求めるアプリを作りました
  4. 日記

    私が体験した奇跡の話 – 奇跡の連続で自分はここに立つ事ができている…
  5. Linux

    もっと自由をくれ!僕がMacbookでLinuxを使う理由とその方法 その1
PAGE TOP