スポット

長崎県美術館のミュシャ展に行ってきました。

zenkou_400_537

昨日は大雨の中、長崎県美術館の「ミュシャ展」に行ってきました。

ぼくは全然、絵画には詳しくないのですが、「ミュシャ」は大好きです。

ミュシャの写真

ミュシャの写真

彼の絵を見ていると、素人考えなのですが、相当に、現代のイラストや漫画に影響を与えているのではないかなと思いました。

繊細で流麗なタッチで描かれた線は、ミュシャ彼自身の亡くなってしまった今でも、普遍的と思えるほどの美しさと輝きを放っていました。

ずっと見ていたくなるような絵を前にして、その筆致を見極めようと、絵から15センチの所に目をやって見つめているんですが、全く飽きが来なくて、逆に困ったものでした。

会場には結構な人出があったので、後ろの人に突っつかれる形で次の絵画に移動したものです。

彼の絵を見ていると、ほとんどが「カラーリトグラフ」という手法によって描かれている絵でした。

「カラーリトグラフ」というのは要するに、版画の事なんですが、版画の中でももっとも自由な表現のできる版画のようです。

版画というと普通、木に掘リ込みんで絵を書くアレを思い浮かべると思うのですが、リトグラフは筆で描いた絵をそのまま版画として使う事のできる手法のようです。

彼の肩書が「画家」であるとともに「グラフィックデザイナー」であるところも面白いと思います。

彼は生前、商業的にも大変に成功しており、画家としては珍しく、経済的に全く苦労のない人生を送ったようです。

僕は食器のデザイン画が好きだった。

展示場の中でももっとも目を引いたのは、彼が食器や宝石をデザインしたものでした。

それらは、とてもとても精巧に描かれており、実際に彼の絵の通りのモノを作る事のできる金属加工職人や、ガラス加工職人、宝石加工職人は存在するのかな?と思えるレベルで。

そういう意味で、「絵」というのがいかに人間の想像力の源泉に近い場所にあるものかというのを感じていました。

僕はミュシャの絵を見ていて、ミュシャの絵の様な写真を撮ってみたいと感じたのですが、あの世界を実際に作りこんで写真に撮ろうと思えば、どれほどの時間と手間とお金がかかるでしょうか。

でも彼は、その腕一本で仕上げてしまったのです。

その腕一本で仕上げて、今に至るまで数多くの人々に感動を与え、心の安らぎや、あこがれという価値を提供し続けてきたと思うと、なんだか、気が遠くなるような思いを感じました。

これこそ、人間の心の中にこそ、もっとも美しいものが在るという事の証明のように思えます。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

僕は、彼の作品の中でも「4つの星」という作品が一番好きです。

54380b67

どの作品も最高だと思うのですが、この中でも左から2番めの絵が最高に好きです。

いつか家の中に飾りたいですね〜。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. スポット

    桜の花の咲く佐世保の写真と、新年度の始まりに購入した手帳のお話

    今日は佐世保の街をブラブラしてきました。写真は少ないのですが、20…

  2. レビュー

    福岡の写真とペンの収納できるリングノートがよかった話

    本日は彼女と彼女の妹二人と弟一人の計5人で福岡に買い物に行ってきました…

  3. Mac

    壊れたCFカードから写真データCR2を取り出すことに挑んだ記録 その2

    ふて寝して翌日。途方にくれた僕はこんな顔をして過ごしていました。…

  4. レビュー

    世界平和の実現には、すべての情報がオープンになればいい。

    京都の撮影にやってきたついでに、大阪の難波で3Dを超えた4DMXという…

  5. レビュー

    2016年1月版!いま選ぶべきソーラー発電機器とモバイルバッテリー

    Wimaxモバイルルーターを手に入れました!先日とうとう、外で…

  6. レビュー

    僕が戦争映画を見る理由。「FURY」を見た感想

    先日、ブラッド・ピット主演の、第二次世界大戦を題材にした「FURY」と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    ぼくが自分の直感を信じずにバカを見たはなし
  2. イベント

    よさこい佐世保祭りの日の「Yosakoiはーとらんど」の皆さん
  3. 日記

    潜在意識を使いこなす事ができれば、多分無敵だ。
  4. 日記

    食事をしながら本を読むことについて。
  5. 人間関係

    僕たちの嘘は本当のところ、少しも隠せていないんだろう。
PAGE TOP