日記

どの角度から見るかがすべてだと思う話

IMG_8618

先日書かせていただきました、こちらの記事
http://giraffeong.com/?p=3966

この記事にたいして、古くからの友人に良いコメントをいただきました。

「他人の為に生きる」でも書いて欲しかったなー!

なるほど、確かに「他人の為に生きる」と言えたらどれほどかっこいい事だろうか。

なぜ自分はそう言えないのか。しばらく考えました。

そして僕はできるだけ正直に、いまの自分の気持ちを綴りました。

「他人の為に生きる」というのはあえて言っちゃいけない事の様な気がするんだ。
たとえば他人の為に生きるというのは、その他人から裏切られた時、恨みややるせなさが残ってしまう気がするんだよね。
「他人の為に生きる」というのは耳障りがいいから立派な事の様に思えるけれど、その実、それは他人への依存に似たものなのだと思う。
だから人はまず何より自分の為に生きるべきなのだと思う。自分の為に生きる事が自然と人の為に繋がっているという生き方に俺は理想を感じるんだよね。
そしてとことん自分の為に生きようと思えば、結局のところ、とことん他人の為に生きる事と同じ事になるのだと思う。
そしてとことん自分の為に生きられたなら、そこに後悔はなく、清々しさだけが残ると思う。
これは単に見る角度の問題の話なのだけど、案外そこが重要な気がするんだよね。

この文章を書いてからも、しばらくこの事について考えていました。そうするとちょっと、というか大きな間違いをしている事に気づきました。

ぼくは「案外そこが重要な気がするんだよね。」と書いたのですが、たぶん、そうじゃなかったのです。

物事はどの角度から見るか、それがすべてです。

たぶん、どうやらそうなのだと思うのです。

写真を撮っているとよく思います。

きっとどんな景色も、映すレンズと角度と切り取り方次第で、全て美しく撮影する事が出来るのではないだろうかと。

それが出来ないのは自分が未熟だからなんだろうなあと。

しばらくして友人から返信がかえってきて、その内容に心を打たれました。

他人の為に生きる必要はないと思うけど、他人の為に生きることと自分の為に生きることって両立できるから
自分の為にしつつ他人の為にもなるように工夫する努力が必要だよねと思う
ただ他人の需要と自分の供給にも量や種類にばらつきがあったり、見る角度や向いてる方向で良いものにも悪いものにもなるから、全員の需要を満たすことは出来ない事実も受け入れなきゃいけないよね
去る者は追わず、来るものは拒まずなスタイルでこれからも進んでいこうかと思うよ

彼は昔も今も、僕の素晴らしい友人です。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

大変な時期ですがくもりの無い目で、覚悟と希望を持って世界を選択していけたらと思います。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    温泉の良さは水風呂にあると見つけたり

    気温が低くなってくると総アルミボディーのMacBookに触るのが億劫に…

  2. 日記

    無計画広島旅行記 原爆ドーム編

    「広島にでも行ってみるか」という話しになり、なんの計画もなしに広島に向…

  3. こころ

    人は錯覚の中でしか生きられないけれど、それを選ぶことは出来る

    先日、久々に友人たちと火を囲んでのバーベキューを楽しみました。ここ…

  4. ライフハック

    人は習慣によって作られる。良い習慣を簡単に身につける方法

    人は習慣によってつくられる ということを西洋最大の哲学者アリストテレス…

  5. 日記

    懐かしさのかおり

    道をあるいているときなんかにふと、どこからともなく薫る香りがとても懐か…

  6. 文章テクニック

    自分探しの旅の終わり

    先日、直ちゃんとドライブしている時の事でした。その時、彼女は僕のブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    替刃が安くて嬉しいひげ剃り「サムライエッジ」を使った感想
  2. レビュー

    あなたはもうバーチャル・リアリティ(VR)の致命的な欠点を知っているか
  3. レビュー

    肩すかしブレードランナー2049と”新米野郎!”の呼び声…
  4. こころ

    さよならの豚にありがとうの歌を
  5. レビュー

    子どもが生まれて6ヶ月経った、今の所感
PAGE TOP