日記

無計画広島旅行記 原爆ドーム編

「広島にでも行ってみるか」という話しになり、なんの計画もなしに広島に向けて車を走らせたのは、GWも後半にさしかかった5/4の金曜日の朝10時30分頃。

12:30分 福岡を通過

2018 05 04 123731 6472

13:57分 関門海峡を通過

2018 05 04 135712 C969

14:52分 山口県を通過

2018 05 04 144949 4EE9

16:52分 広島県に到着

2018 05 04 165228 DE51

と約400kmの道のりを四時間半をかけて走破した。

渋滞に巻き込まれるのを覚悟でやってきたが、一切渋滞には悩ませられなかった。
反対車線はものすごい渋滞してたけど。後から知ったがこの頃は既にUターンラッシュが始まっていたらしい。

広島についての第一印象はキレイな街だなと。大きな川や河川敷のある風景には憧れを抱きやすい。

ナビで広島中心部に向けて車を走らせていたら、近くに原爆ドームがある事を知ったので、原爆ドームでも見るかとコインパーキングに車を停めて、徒歩で平和公園に入る。

2018 05 06 075553 9CE3

きれいな公園

平和公園を抜けると、原爆ドームが見えてきた。

2018 05 06 075551 5846

想像以上にこぢんまりとしていたが、中は太い鉄骨を何本も使って補強してあり、絶対に残すぞという執念を感じる。
2018 05 06 075553 7191

街中に突如廃墟があらわれるのはなかなか異質で興味深いものだった。
ちなみにこの原爆ドーム、原爆投下時に中に居た人たちは全員即死したらしい。

2018 05 06 075554 7D20

川が好き

しかしここまで物やエピソードを遺してくれている先人たちの悲しみや警告の類の情報を、現代人である我々が「戦争ヤバイねー」という感想でおしまいにしてしまえるのは、むしろ喜ばしい事なのかもしれんなーと思いつつ、俺たちは広島の街に繰り出すのだった。

2018 05 06 075557 DE9C

中区へ

広島は想像以上に大きな街だった。

次の日に着るパンツ一枚すらも持っていなかったので、下着類や靴下やTシャツを購入。

2018 05 06 075559 50AE

2018 05 06 075559 7301

広島の人たちはどうやらここを待ち合わせ場所としているらしい

帰りにまた平和公園を通ると、何かのイベントが開催されていた。

2018 05 06 075600 9922

この公園が広島の人々に本当に大切にされているのだなあと感じた、公園に設置されたゴミ箱
2018 05 06 075600 0535

昔はどこにでもゴミ箱があったもんですが、最近は佐世保ではあまり見かけなくなりましたね。

広島、住みやすそうな街ですね。

後半に続く…

無計画広島旅行記 厳島神社編

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. レビュー

    無意味で、全てであるもの。映画「セッション」を見た感想。

    先日、「セッション」という映画を見ました。※多少中身に触れるの…

  2. ニュース

    土日の部活がなくなるかも?子どもたちはもっと広く可能性を探す事が出来る気がする。

    僕は中学生の頃、部活をやっていなかった。正確に言うと中学校の入…

  3. こころ

    気負う必要がないのは、人生がほぼ100%運ゲーだから

    夜に電話がなった。発信元を確認すると母からだった。この…

  4. こころ

    久々に思いきり風邪を引いてしまい困りはてた感想

    悲しいかな、私はあまり体がつよくはないのだろうなあという事を、最近よく…

  5. ライフハック

    作りたいものが明確になったとき、意識している事。

    今日、夏休みの宿題について3人で話していました。僕は、夏休みの宿題…

  6. 人間関係

    伝える事と伝わる事、誰かに助けの手を差し伸べる事のできる資格

    この曲は優しさとほのかな憂いの混じった感情を呼び起こしてくれる。こ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. こころ

    さよならの豚にありがとうの歌を
  2. 日記

    18銀行とふくおかフィナンシャルグループの統合について思うこと
  3. 動画

    スケートボード業界最大の大会を制したShane O’neillという…
  4. お金

    不自由な自由市民たちの詩
  5. 写真

    プラスでもマイナスでもなく、あるがままに見ること
PAGE TOP