日記

giraffeong.comは1歳になりました

ブログを書きはじめて思い知らされた事があります。

それは、自分がいかに物知らずであるかという事でして。

かつて自分の事をちょっとは物を知っている男だと思っていて、物知り顔で過ごしていた事が今はとても恥ずかしいです。

最近は、大人のたしなみとして、もっと世の中のことを知っておかねばならないのかしらと思いたち、池上 彰さんの書かれている本などを読んでおります。

池上彰のあした選挙へ行くまえに (河出文庫)
河出書房新社 (2016-06-24)
売り上げランキング: 366

正確には読んだり聞いたりしています。

近頃ジョギングの習慣をつけたいと思いたち、朝や、朝に走りそびれたときは夜に近所を走っているんですが、その時のおともにオーディオブックは重宝しています。

今感じている事は、これまでの人生、圧倒的にインプットが足りなかったんだなあと。

やっぱり、全く知らないのと、さわりだけ知っているのとでは、文字通り0か1かくらいに違うものなんですよね。

こう思ってからは本を始めとする文字情報の読み方も変わってきました。

以前までは文字を順に追って読んでいたのですが、最近は要点と思われるような部分のみをざっくり読むようにしています。

まあ技術書なんかは順を追って読まないとそもそも理解できないのですが、物事の紹介なんかは、頭のなかに概念さえ出来てしまえばいいんです。

ちょっと考えてみれば、本の読み方にも正解なんてないんですよね。

いろんな事を見聞きして、頭の中にとりあえず放り込んでおけば、後は勝手に脳の中で熟成してアイデアが生まれたりするものなんだろうなと。

これまで一緒にやってきた自分の脳みその事ですから、もはや信頼して過ごすほかないですねえ。

このブログのドメインgiraffeong.comを取得してから、ちょうど一年が経つ事を知らせるメールが今朝届きました。

Facebookのいいねの数もいつの間にか100を超えていました。

最初は70ちょっとくらいだったと思いますので、一年をかけて30人くらいの人に興味をもっていただけたようです。

なんとも派手な成長とは行かないのですが、これは当たり前で、むしろ自分にしてはよくやれているほうだとすら思います。

こんなにも物を知らない僕の書く文章を暖かく見守ってくださる人たちにいつも感謝しています。

何かしら誰かの役に立つ事を書きたいと思っているのですが、いかんせんまだまだ時間が必要のようです。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

baby-child-hands-mouth-people

ドメインを取ってからは1年が経ちましたが、現在の総記事数は296記事です。

最初の方全然書いていませんでしたからね〜。

とはいえ、一年前の今日、何はともあれブログを書くことを決心した僕がいたという事を、僕は嬉しく思うのです。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. スポーツ

    僕が写真を始めた理由、これから撮りたいもの、情熱の在処

    今夜もチルアウト僕は当時、スケートボードに夢中…

  2. ライフハック

    作りたいものが明確になったとき、意識している事。

    今日、夏休みの宿題について3人で話していました。僕は、夏休みの宿題…

  3. こころ

    ほんとうに必要なものは、少ししかないから。ぼくはモノを捨てまくる。

    ぼくはあまり、モノが好きじゃないのだ。いや、これはさすがに少し…

  4. お店紹介

    穴あきのパーカーと打ち捨てられたエビたちの尻尾

    そろそろ冬がやってくる。特段に冷えた10月上旬のある夜、今年初…

  5. 健康

    20日間に及ぶ風邪で感じたこと。お届け時点で電池切れだった体温計とともに

    20日間、風邪を引きっぱなしでした。ここまで長い間体調が悪かったの…

  6. ライフハック

    不安な気持ちになった時に使う、不安の消しかた。

    不安とは期待の影です不安というのは、あとすこしで分かりそうなの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. コンピューター

    “仮想通貨の価格:0.06BTC”って分かんないから簡単…
  2. レビュー

    巻爪ほぼ完全に治ったので巻爪ロボを褒め称えるの巻
  3. 写真

    2015年ヨサコイ佐世保祭りのお写真
  4. 写真

    SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM 試し撮り二日目…
  5. 日記

    なぜ自分が知識を得る事を好むのかという事について考えたこと
PAGE TOP