エッセイ

僕が戦争映画を見る理由。「FURY」を見た感想

先日、ブラッド・ピット主演の、第二次世界大戦を題材にした「FURY」という映画を見ました。

僕は戦争映画が好きなのですが、ある日、「あなたはなぜ戦争の映画が好きなんですか?」と尋ねられました。

その時は僕自身、なんでだろうなあと思っていたんですが、改めて思った事を今日は書いてみたいと思います。

僕は別に戦争が好きなわけじゃない。

僕は戦争に憧れていたり、好きなわけでは決してありません。

でも、人間の持つ「さが」の中で、戦争の時にしか現れないものというのが確かにあると思います。

それらを見て、現在の自分に当てはめて考えた時、自分の知らない自分に会うのを楽しんでいるのかなと。

例えば戦争映画の中で、その場にとどまれば、ほぼ100%死ぬだろうというシチュエーションがあったとします。

しかし自分達がそこで戦う事によって、多くの味方の人々を救う事が出来るとしたら、果たして自分はそこにとどまることを選択する事が出来るだろうか、とか。

一時は死ぬことも覚悟して、自分を犠牲にすることで、後ろの味方を守ろうと決めたとして。

いざ残弾も少なくなり、周りの人間が一人、また一人と倒れていったとしたら、正気を保っていられるだろうか・・・。

なんて、悲壮な事を考えながら見るのです。

一瞬の行動の遅れや、一瞬の判断の先送りでさえも命取りになる、その状況を想像し、そこに自分を置くことによって、自分の心を鍛えるのです。

どんな状況にあったとしても、冷静に物事をみて、やるべき事をやるのだという、心を育てているのです。

人間の右脳には、想像して考える事と、実際に起こっている事との区別が付かないらしいです。

まあ、すかさず左脳が「いやいや、さっきまでリビングにいたのに、いきなり戦場におるわけないやん」と教えてくれるワケですが。

その時、「あ、実は俺は安心なのだった、よかった。平和に感謝。」という気持ちになれる事も戦争映画をみる醍醐味といえるでしょう。

今回視聴した「Fury」も、まさにこういった事を考えさせてくれた作品でした。

FURY / フューリー [Blu-ray]
FURY / フューリー [Blu-ray]

posted with amazlet at 16.08.01
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2015-03-18)
売り上げランキング: 24,055

ぼちぼち今年も、国をあげて戦争の記憶を振り返る時期がやってきますね。

本日もG戦場のきりんにおこしいただきありがとうございます。

「FURY」、後半になるにつれて主人公たちをかっこ良く見せるために、ドイツ兵達の動きが少々雑になってきますが、映像、音響は素晴らしく、とてもおもしろかったです。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    わりと簡単にきれいな部屋を保つコツ。掃除の習慣の作り方

    僕は生まれつき結構きれい好きな方なんだと思います。ひょっとしたら、ちょ…

  2. レビュー

    福岡の写真とペンの収納できるリングノートがよかった話

    本日は彼女と彼女の妹二人と弟一人の計5人で福岡に買い物に行ってきました…

  3. エッセイ

    だれかを感動させるという事について

    「歌というのは誰かに届けようと思って歌わないと」という話を聞いた。…

  4. エッセイ

    一日に何時間寝るのが限りなく正解に近いのか

    昨夜、早寝早起きをしようと思って21時に床についたら翌朝8時に目覚めて…

  5. エッセイ

    Amazonプライムビデオのアバターを見たら、結構おもしろかった件

    Avatarという有名な映画、知らない人の方が少ないと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    神さまを想うという事。星野源「SUN」を聞いて感じたこと。
  2. 写真

    朝自転車で通勤しながら写真を撮影する朝活はじめました。
  3. エッセイ

    アニメみたいな写真が撮れないのはなぜか
  4. Mac

    macOS SierraにしたらKarabinarが動かなくなって困った話
  5. こころ

    私達は国家からサービスを買っている。ベンチャー国家という思想。
PAGE TOP