日記

男にも生理があるらしい…。落ち込んだ時にさっさと回復する方法を考える

どうやら男性にも女性における「生理」的なものがあるらしく。

女性の場合出血が起こりますが、これは骨盤が2週間の周期で閉じたり開いたりする事に伴って起こる事らしく、どちらかというと骨盤の開閉がメインで、出血は2次的な要素であるという見方もあるとか。

そして男性にも同じように骨盤が開閉する周期があって、骨盤が閉じている時には精子が多く作られてやる気もみなぎりますが、開いている時は性欲も失せて、やる気もなくなるらしくてですね。

男性諸君におかれましては、その日の性欲が強い、弱い、とカレンダーに書き込んで行けば自分の骨盤の開閉周期が分かるかもしれません、いやあ、気持ちの悪い(笑)

まあ冗談はさておき、ここで重要なのは骨盤の開閉に伴い、男性も女性のようにダルいとか情緒が不安定になるという事が起こるらしいというのが分かったという事で。

実際自分に当てはめて考えてみても月に一度くらい何日か調子が悪い事があるので、こういうのも原因としてあるのかなあなんて考えてしまいました。

男性にも”生理”があることが判明。彼が不調なのはこれが原因だったのかも… | by.S

落ち込んだ時にさっさと回復する方法

みんな誰しも落ち込む事はあると思います。とはいえ、ずっと落ち込んでいるワケには行かないものです。

落ち込んでる状態がずっと続くのは、そもそも自分にとって結構きついものがありますからね。

僕は落ち込んでいる状態というのは、何を考えたり、行動したりすると落ち込むのかというのを知るためにあるのかなと思うのですが、とすれば落ち込んだ瞬間に落ち込む事の役目は達せられるわけです。

あとはなるべく早くに落ち込み状態から脱したいのですが、この歳になっても、なかなか上手くできません。

やっぱり、それなりの時間がかかっちゃうんですよねえ。

そんなこんなで最近は、この 落ち込む→復活 までのサイクルをどれくらい短くできるかという事を追求しています。

いろんな人に話を聞くと、「運動」というのが結構多かったです。

筋トレとか、好きなスポーツをする、とかですね。

あとはやっぱり寝るとかですね〜。

心の傷を癒やすのには、その傷つき度合いに応じてやはり時間がかかるものだと思いますが、それをなるべく短縮する方法があれば最高だなーなんて思いながら最近は過ごしております。

心には実体がないので、肉体と違って、なんか素敵な方法によって一瞬で調子戻したりできる気がするんですよね。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

みなさんの落ち込み回復法などありましたら、当ブログではいつでも募集しております!
dresden-city-view-dome-angel-posaunenengel-gold
それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 人間関係

    背中合わせの優しさと臆病さ

    ぼくは基本的には人に対して「それは間違っていますよ。」ということは言い…

  2. ライフハック

    作りたいものが明確になったとき、意識している事。

    今日、夏休みの宿題について3人で話していました。僕は、夏休みの宿題…

  3. 日記

    「若いね」って言われても微妙なきもちになってきたこと

    あまり自覚はないのですが、僕は一般的な33歳よりも、雰囲気が若いらしい…

  4. 人間関係

    人の幸せを自分の事のように喜べるという事。

    僕はここ数ヶ月、自分自身を長く見つめていて、その奥の奥の深いところ…

  5. 日記

    僕の隣のおばあさんが顔を赤らめた時に起こった事

    最近、髪が伸びたのでいきつけの美容室に行ってきました。店内はとてもい…

  6. 日記

    例えばあなたが署名を求められたとき、無意識の中で起こる「知っておくべきこと」

    人間の意識というのは顕在意識と潜在意識に分けられているといいます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 写真

    朝自転車で通勤しながら写真を撮影する朝活はじめました。
  2. Linux

    Macbookのパフォーマンスを最大限引き出す!僕がMacbookでLinuxを…
  3. コンピューター

    プログラミング技術が必修になる。2020年からの小中学教育
  4. イベント

    「デカフェで」というオシャレ気取り。カフェインのデメリットと離脱症状に襲われて
  5. コミック

    コミック「ダンジョン飯」を読んでみた感想
PAGE TOP