お金

国は借金を返す為にお金を刷りまくればいい。何が悪いの?

先日ネット内をブラブラしていたら表題のような書き込みが目についた。
その書き込みを見た僕は「ガキだなあ」と鼻で笑いそのサイトを後にした。

こんな事をやっても何も解決できないに決まっている。
そんなの感覚的に一瞬で分かる話だ。

うん。

なんでダメなんだろう。

という事で、なんで国は「国の借金を返す為にお金を刷りまくって返してはいけないのか」について考えてみた。

お金を刷りまくるとお金の価値が下がる

まず基本的なところから考えてみる。

お金を刷りまくる

日本円の価値が下がってしまう。

既にこの時点でちょっと危うい様な気もする。
円が世界中で増えまくったとして、本当に価値が下がるのだろうか。
以前、価値とはそれを欲しがる人の数だという事を語った。

皆さんとっくにご存知かな。価値の正体ってなんでしょう

僕にはちょっと、円が増えたからと言ってそれを欲しがる人の数が減るとはどうも思えない。

しかし、政府がお金を大量に印刷するという決定をした国の信用というのはやはり減ってしまうだろうと思う。
それは例えば日経平均株価を下げてしまうような事が起こるだろうと考えられる。
でも日経平均株価が下がると為替市場が連動して円高になるのはわりと有名な話だ。

…とはいえ信用を失った日本円が為替市場で力を失って行くだろう事は想像に難くない。
これまで何か問題が起これば日本円を確保する事でリスクを避けていた投資家の人々は、円に避難するという事を避けるようになるだろう。

以上の事から確定的ではないにしても、各国通貨の中で相対的に円の価値は下がるだろうと思われる。

国債が買われなくなる

とにもかくにも日本円の価値が下がったとして、国債をはじめとして日本円で資産を持っている海外の方々が怒り出す。
その人たちは、また日本円が下がってはたまらないと、円を他の通貨に交換しはじめる。

こうなると悪循環に陥り、加速度的に円の価値は下がり始めるだろうと思う。

日本は輸入大国だから

日本にはよく資源がないと言われる。
そのため外国から素材を輸入し、それを加工して価値を付加して売る事で経済を潤している。

円の価値が低くなってしまうと、加工に必要な素材を十分に購入できなくなることが考えられる。

ただこうなると、輸出は伸びだしてしまうんだよなあ。

あれ、実はあんまり影響ないのでは

既に整っているインフラや、製造設備を用いた工業製品は円が安くなる事で飛ぶように売れ始めることだろうと思う。
海外に物が売れれば、その売上金で日本企業はまた設備投資をする事ができる。

結局、細かい所は違ってくるにしても、戦後復興の歴史をもう一度繰り返すだけの話じゃないだろうか。

しかしかつてよりもグローバル化の進んだ現代において円の価値が大幅に下がれば優秀な人たちが海外に流出する勢いも激しい気がする。
国に仕える、というあの頃の価値観が戦後復興を大きく助けた気がしないでもない。

重要なのは人間の質だろう

円を刷りまくった直後に訪れる円の暴落によって仕事を失う人や、輸入する金がなくなる事で民草の生活は一時ボロボロになる事が予想されるが
その後は結局、国民の質に従って自然と治まるところに治まるような気がした。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

円を刷りまくって借金を返す

大きな痛みを伴うとは思うが、必ずしもダメとか悪いとかっていうものではないんじゃないかもねえ。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    僕は野良猫に餌を与えない。猫たちを去勢する事についての思い。

    先日書いた記事に「はなちゃん」さんより以下のコメントをいただきました。…

  2. お金

    「心の豊かさ」とは何か

    先日、昭和初期に生まれたおばあちゃんと話をしました。おばあちゃ…

  3. 日記

    コロナウィルスの影響によるマスク買い占めについて思うこと

    2020年2月11日現在中国の武漢を発症とされる「コロナウィル…

  4. 未来

    自動運転車の普及した未来のメリットを5つ考えた

    米ウーバー・テクノロジーズの開発した自動運転車が人をはね、殺してしまっ…

  5. こころ

    皆さんとっくにご存知かな。価値の正体ってなんでしょう

    「これには価値がある。」「これには価値がない。」ちょっとドラマチッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 写真

    東京摩天楼の写真、東京スカイツリーにのぼって思った事。
  2. 日記

    人生は限りなくゲームに近い。始まりは簡単に、除々に難しくなっていく。
  3. 日記

    仕事が大好きな職人だった、爺ちゃんの話
  4. 日記

    悲しみにむせび泣き!かじりついたあのベッドの香り
  5. レビュー

    あなたはもうバーチャル・リアリティ(VR)の致命的な欠点を知っているか
PAGE TOP