日記

永遠は瞬間に達してループする

先日読んだ本の中に書いてあったことに驚かされました。

そこには「世の中にありがたい事なんてひとつもない」と書いてあったのです。

ぼくはずっと「人は常になにかに生かされているのだから感謝しなさい」と聞いて生きてきました。

ぼく自身もそれは正しいことのように思っていました。

しかし、そこに書いてあったことはそれを真っ向から否定するような言葉でした。

ありがたい事はなにもない

人の日常の行動というのは、およそほとんどが周囲の人間も含めた自分を生かすためのことです。

だからたとえば自分に報酬をくれる人は、生きる為の手助けをしてくれる人だという事で感謝します。

またたとえば、生きる理由をくれる人の存在に感謝します。

あるいは、明日を生きる活力をくれる食物に感謝をします。

しかし、究極に論理的に考えれば、それらはすべて無意味です。

なぜならぼくらも、ぼくらの大切な人も、どのみち必ず死んでしまうからです。

ぼく自身、死ぬことそれ自体は怖くないのですが、死ぬ前に感じなければいけないであろう、まさに死ぬほどの苦しみって言うのが怖いなと思います。

それに、楽しかった思い出や、ぼくが情熱をかたむけた何かなど、長い時間のなかでいつか全てなかったことになってしまうのも怖いのかも知れません。

それを避けるために日々生きているし、大切な人をそんな辛い目にあわせたくないから少しでも助けになりたいと思っているのですが、最終的には確実に、ぼくらは落ち着く所に落ち着いてしまいます。すなわち死です。

このことは、人間はみんな究極的に平等であるということを示唆しているようにも思えます。

正直、こんなことを今更考えているのは僕だけなのかも知れません。

みんなこんなことはとっくの昔に承諾済みで日々を生きているのかなあとも思って、わざわざ書くのもどうかと迷ったのですが、僕のなかで、やはりひとつの衝撃を感じたので記しておこうと思いました。

だから人は永遠の何かをもとめるのだろう

仮に上に書いたとおりであれば、「魂」や「想い」のような、目に見えない、永遠に存在する何かがなければ、生きることは全くの無意味に思えます。

だから人はときに「永遠の神」とか「永遠の魂」という存在を信じようとするのだなあと。

実際、ぼくも「想い」のちからというのを多少なりとも信じていますし、上のようなことを考えたあとにもやはり、ぼくを支えてくれる人たちに対しての感謝の気持ちは消せるものではありませんから。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

ぼくはよく死ぬことについて考えますが、決して病んでいるわけではないと、自分では思っていますw

そのことを意識してはじめて、本当に笑えるというか、笑うしかないというか。

結論、ぼくたちには今この瞬間しかないのだと、改めて思い知ることが出来る気がするのです。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. 日記

    仕事の話の追記と、祭りの後の気持ち。はーとらんどにて。

    仕事についての話の続き前回、僕じゃなくても出来る様な事をやりたくな…

  2. 日記

    悪い事を無くそうと努力すると、かえって悪くなる事もある話

    僕のFacebookのタイムラインには、今日も誰かの、政策や制度に対し…

  3. レビュー

    気持ちが落ち込んだ時に僕が考えている事。「反応しない練習」を読んで。

    生きてたら色々ありますので、なんだか暗い気持ちになってしまうことも…

  4. こころ

    怒った自分を観察していると、ふしぎと怒りが鎮まったよ。

    先日、久しぶりにすごく嫌なことがあって、怒りましたよぼくは。そ…

  5. 日記

    無計画広島旅行記 厳島神社編

    前回の続き…https://giraffeong.com/diary…

  6. コンピューター

    最近の僕の仕事と、プログラミングというものについて

    最近は人の血糖値を光を使って測定する装置のソフトウェアを作っているんで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. ライフハック

    不安な気持ちになった時に使う、不安の消しかた。
  2. 健康

    究極のアンチエイジング!美しさと健康のもとはタンパク質にある。
  3. 健康

    毎朝起きるのが楽しみになる朝食メニュー。ビタミン豊富フルーツヨーグルト
  4. スポット

    【写真】ハウステンボスでの撮影「白羊」と「黒羊」その1
  5. 日記

    僕達にとって、選択できるという事が必ずしも良い事とはかぎらない
PAGE TOP