ウェブサービス

ハイブリッド車とノーマル車の損益分岐点を求めるアプリを作りました

先日、あたらしく買う車について、ハイブリッド車にするか、ノーマルエンジン車にするか悩みました。

それらのコストを計算する為にプログラムを書いたのですが、誰かぼくの他に必要とする人がいるかもしれないと思い、ウェブ上で使える形にして公開しました。

ハイブリッドカーエコノミーシミュレーター

範囲を選択_037

プログラムの概要

ノーマルエンジン車とハイブリッド車の燃費、仮定されるガソリン1Lの価格と、ノーマルエンジン車とハイブリッド車の車体価格の違いを入力することで、何キロメートル走れば、以降、車体価格の差分を取り戻せるかをシミュレートします。

計算には4つの数字を入力します。

① ノーマルエンジンの燃費
② ハイブリッドエンジンの燃費
③ ガソリン価格
④ ハイブリッド車とノーマルエンジン車の差額

これらを全て入力すると、一体何キロメートルハイブリッドエンジン車で走ったときに、ノーマルエンジン車に乗るよりもお得になるのかという結果がでるようになっています。

プログラムで行っている計算

計算している内容はとてもシンプルです。

① ガソリン価格 ÷ ノーマルエンジン燃費 でノーマルエンジン車が1km走るごとにかかるコストを計算します。
② ガソリン価格 ÷ ハイブリッド燃費 でハイブリッド車が1km走るごとにかかるコストを同じく計算します。
③ ① − ② をする事で、1km走るごとのコスト差を得ます。
④ 車体価格差を③で割ると、何キロメートル走れば車体価格差を埋めることができるかがわかります。


計算してみると、ハイブリッドカーはガソリン代の前払いって事になるみたいですね。
かなりの距離を走らないと車体価格の差を埋めることは難しいなあと。

加えてハイブリッドのバッテリーも乗っているうちにヘタって、場合によっては交換になる事もあるようです。
長く乗るつもりの人はそこのコストも計算に入れるべきなのかな。

でもハイブリッド車は減税対象になる事も多いようなので、そのあたりも含めて車体価格差に入力すると良いとおもいます。

3660935976_a485027d1c_o

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

エコカーであるハイブリッド車のエコは、エコロジーであってエコノミーではないんだよなあ、そうだよなあ。と改めて思いだしました。

まあお金の話しは抜きにしても、CO2の削減は人類の課題なんですよね。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. Linux

    スクリプトを使って、自分の好きな感じの写真(画像)をTwitterで大量に仕入れる方法

    土日写真を撮っていたのですが、写真の世界は奥が深い。最近定期的…

  2. mvno格安SIM

    携帯料金が月々7400円お得になった。DocomoからMVNO “IIJmio” に乗り替えてから1…

    先月、2015年11月がDocomoの二年縛りの解約可能時期だったので…

  3. コンピューター

    最近の僕の仕事と、プログラミングというものについて

    最近は人の血糖値を光を使って測定する装置のソフトウェアを作っているんで…

  4. ウェブサービス

    Amazonキンドル(Kindle)アプリのおすすめの使い方

    Amazonの提供する本読み放題サービス「Kindle Unl…

  5. コンピューター

    アナログとデジタルの違いをわかりやすく説明

    2017年10月31日 追記皆さんアナログとデジタルの違い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    自分のために生きるという事の追記
  2. 健康

    一日に何時間寝るのが限りなく正解に近いのか
  3. 日記

    ネガティブな事には同じだけポジティブな要因が潜んでいる。
  4. Mac

    macOS SierraにしたらKarabinarが動かなくなって困った話
  5. コンピューター

    歳をとってからの方が挑戦しやすいと思う理由。まだ間に合う、ちょっと未来の話。
PAGE TOP