Linux

bashからzshに変更しました。僕のたまごっち的な仕事道具

GUI

一般的なパソコンを使う人々はGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)でパソコンを扱うと思います。

スマホの画面の様に、アイコンをタップしたり、ボタンを押したら実行という感じの画面の事です。

その裏側には文字列で書かれたコマンドがあります。たとえばこんなふうに。

英語で書かれているし、覚えるのが面倒だし、打ち込むのも面倒なので、ボタンを押すだけで実行できるというのがGUIの良さなんですね。

でもある程度まとまった処理でしかコンピューターに命令を実行させる事ができません。

CLI

それで、もっと細かく、ユーザーのニーズにあった命令を実行させる方法を使う必要があります。

それがCLI(コマンドラインインターフェース)です。別名CUI(コマンドユーザーインターフェース)ともいいます。

いわゆるこういう画面なんですが。

9333810442_877cce460a_z

こういうのを「シェル」と呼びます。

シェル

シェルって日本語になおすと貝殻のことなんですね。そして貝殻は中身(中核)を守るために存在しています。

そしてコンピューターの貝殻(シェル)はコンピューターの中核である「カーネル」というものを守っています。

それでシェルを介してユーザーはカーネルとやりとりをするんですが、シェルにも色々あります。

シェルの種類

現在主につかわれているのはLinuxに標準搭載されている「bash」 、「tcsh」、そして最強をうたっている「zsh」です。

今回僕は、bashからzshに乗り換えたという事です。

zshはやっぱり便利

正直、bashの全機能も上手く使えていたワケではないので、ここでzshに移ってもあんまり便利さを感じられないかなと思っていたんですが、いやいやいきなり便利さを感じる事ができました。

bashを使っていくつか不自由を感じていた部分が、zshによって解消されました。

詳しくはここを見てもらえばわかりやすいと思います。

漢のzsh (1) 最強のシェル、それは「zsh」 | マイナビニュース

ずっとzshに乗り換えることが面倒でビビっていたんですが、虎穴に入らずんば虎児を得ず。習うより慣れろって事で導入してみました。

結局なんでもそうなんですけど、新しいものに触れるのはとりあえず早い方がいいに決まってるんですよね。

最初からわからないのは当然で、何かしらやってたら何かしらわかるきっかけが得られるものだと思うんです。

シェルの場合は自分に合わなかったら戻せばいいだけで。

そのあたりのスピード感を大切にしたいと思っている最近です。

なぜシェルを使うのか

普通、パソコンやスマホのプログラムを触っていて、ボタンを押す動作っていうのは履歴にできないですよね。

シェルであれば、すべての動作を履歴として保存する事ができるんです。

その履歴を残せる数もほぼ無限なので、少年がコンピューターを初めて触った日に打ったコマンドを大人になってから見返すという事も可能なんですよね。

まさに、ユーザーが長い年月をかけて育てることができるもの。それがCLIです。

また色々なソフトウェアの設定も「ドットファイル」というファイル名の先頭が「.(ドット)」で始まるファイルに記載していけるのですが、これがまた奥が深い。

ほぼすべての動作はプログラムが可能なので、自分がよく使う機能を一発呼び出しに設定したり、キーボードのショートカットの位置を替えたりして究極の「俺設定」を突き詰めてゆけるのです。

ホームページを100枚200枚、ボタンひとつで立ち上げる事も不可能ではありません。(下準備は必要ですが)

この楽しみは「たまごっち」に似ています。最強のたまごっちを育て上げるゲームです。

シェル、CLIを日常的に使う人々にとって「ドットファイル」郡は一生をかけて磨き上げる、かけがえのないファイル達なのです。

世のプログラマー達は、単体でみればほんの僅かの作業の効率化を、こうして積み重ねていって財産にしているんですねえ。

「一度やった事は2度やらない」(面倒だから)という信念を元に日々道具を整え続けているパソオタが、経験のないパソオタとくらべて10倍100倍のパフォーマンスを出したりするのは、この積み重ねがあってこそなのです。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

僕の可愛いドットファイル達は、僕が死んだら一緒に棺に入れてもらえると嬉しいです(白目)

それではまた♪

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    僕が読み終わった本を無償で誰かに送ってあげる企画を通して感じた事

    一時期電子音楽にハマっていたが、最近はまた人の手による演奏のゆらぎに身…

  2. エッセイ

    伝える事と伝わる事、誰かに助けの手を差し伸べる事のできる資格

    この曲は優しさとほのかな憂いの混じった感情を呼び起こしてくれる。こ…

  3. コンピューター

    今買うならコレ!な電子書籍リーダー、タブレット端末

    僕は電子書籍を見るときにNexus7の2013を使って読んでいます。…

  4. エッセイ

    TPPが5分で大体分かった感じになるページ

    日本政府が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について大筋合意に達したと…

  5. 日記

    宮崎県五ヶ瀬町のワインを飲んで想う、これからの地方の町興しスタイル

    先日、「キッチンはーとらんど」にて日本最南端のスキー場がある場所として…

  6. エッセイ

    戦っていますか?敵についての話。

    先日、部活についての記事を書いたら、おもしろいご意見をいただきました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. コミック

    世の男たちは猛男を見習うべし!映画化された「俺物語!!」の原作コミックが愛おしす…
  2. ウェブサービス

    やっぱりスマホじゃきつかった。AmazonのFire HD8を買った感想
  3. エッセイ

    歳をとってからの方が挑戦しやすいと思う理由。まだ間に合う、ちょっと未来の話。
  4. ウェブサービス

    わたしはもうずっとしまうま。ここ3年くらいお気に入りのオンライン写真、年賀状プリ…
  5. エッセイ

    自分探しの旅の終わり
PAGE TOP