エッセイ

虫とか出来れば殺したくないし、他者の命を閉じる時は覚悟をもって成すべきだと思う

最近虫を殺す必要性をあんまり感じなくなりました。

突然、近くを飛んでる虫に反応して殺す人がいますけど、そんなムキになって殺す事もないかなって思うんですよね。
僕のばあちゃんなんかは家の中の虫は問答無用で即殺害するので、いっそ清々しいくらいなんですが・・・。

例えば僕らの生活圏に居る蚊に刺されたとしてマラリア等の伝染病にかかって死ぬ確率はめちゃくちゃ低いと思うんです。
このあたりの蚊に刺されて死ぬくらいだったら、もっと別の事で既に死んでると思うんですよね。交通事故とか。

なんで、もう刺されて痒くなるくらいだったら別にいいかなと。
蚊って一回人を刺すと、もう刺さないらしいですしね。
僕自信、あんまりひどく痒くなるタイプでもないみたいなので。

ハチとかも、生活圏に入ってきたとしても出来れば逃がして上げたいです。
職場にハチが入ってきた時は、常備してある虫取り網で捕まえて逃がす事にしています。
ちょっと前にはゴキブリも逃しました。

逆に絶対に殺す場合もありますけどね。
例えば僕に赤ちゃんの子供が居て、部屋にスズメバチが入ってきて子供の周りを飛んでたら、余裕なくなって殺すと思います。

大切な存在を守る為なら全然殺すと思うんですが、自分に関しては、刺されたら刺された時だよな。という感じです。

それで何か悪い虫に刺されて病気になったとしたら、もちろん病院に行って治療してもらって、必死で生きようとすると思いますけどね。

その努力むなしく、結果的に死んだとしても別に悔いはないです。どのみち別の理由で近々死んだんだと思うんで。

ただし、寝つきかけた時に顔の周りを蚊に飛ばれるのは本当に我慢ならないので、電気式の蚊取り線香的な奴使いますけどね。

まあ虫といえども生きているのだから、なるべくなら安直に命を奪う様なマネはしたくないな。と想うようになった今日このごろです。

それではまた。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. こころ

    複雑極まる価値観のるつぼ時代を生きる、僕らに必要な心構え

    師走の時期、また忙しい現代社会でありますから、まずは結論を述べさせてい…

  2. エッセイ

    どこまでワガママなんだろう。僕がブログを書き続ける理由を語ります。

    このブログを書き続ける理由、理念とでも言えばいいでしょうか。そ…

  3. エッセイ

    ぼくが20歳頃にであった不思議な体験

    当時ぼくはまだ20歳そこそこだったと思います。当時の友人2人と…

  4. エッセイ

    顎を触りながら唇を触る癖のある人は◯◯がしたいらしい。

    先日本屋に行くと、売れてる本の棚の中に一つ面白そうな本を見つけた。…

  5. エッセイ

    本当の意味でのプラスって存在するんだろうか。人間の価値は加減するような性質ではないと思う。

    最近よく思うんですが、本当の意味で「プラス」という物が存在するのかなと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    人がよく生きる為に気をつけることは、たった一つで十分だよね。
  2. レビュー

    革のツヤを引きたたせるため、ミンクの油を買って塗ってみた
  3. ウェブサービス

    Amazonヤバすぎ。Amazonプライムミュージックが始まったので、早速使って…
  4. レビュー

    本を集中して読むために使えるテクニック
  5. スポット

    【写真】ハウステンボスでの撮影「白羊」と「黒羊」その1
PAGE TOP