こころ

人は錯覚の中でしか生きられないけれど、それを選ぶことは出来る

先日、久々に友人たちと火を囲んでのバーベキューを楽しみました。
ここの所ずっと忙しかったので、こんなにのんびりした気持ちになったのは久しぶりで、本当に楽しい日でした。

その時に酔っ払って話した内容がちょっと印象的だったのでここに綴って置こうと思いました。

これが出来たら死ねるって事はある?

椅子に座って炭火を眺めていたら、友達が突然、「これが出来たら死ねるって事、ある?」と聞いてきました。
多分昔の自分であれば、何かしら、「あるよ」と答えただろうという気がします。
でも、今の僕にはないなあと思いました。
だから、「ないなあ」と答えたのでした。

思うに、「これが出来たら死ねる」という事は、それが達成できたとすれば、それはもう悔いなく死ねるくらいに楽しい嬉しいものなのでしょう。

であるならば僕はその時、逆に、「死にたくねえなあ」という気持ちになるんじゃなかろうかと。

せっかくこんなに面白くなってきたのに、ここで終わりなんて悔しいなあと感じてしまうのではないかと思うのです。

まあしかし、こうして今改めて考えてみると案外死ぬのも面白いのかも知れないですね。

幸せってなんだと思う?

それから友達は「幸せってなんだと思う?」と聞いてきました。
僕は「今ここにあるもの」と答えました。
友達は「そうだね〜、たしかに楽しいよね」と、皆が思い思いに過ごす目の前の光景を見ながら、笑って言いました。

僕には推察する事しか出来ないのですが、あの時彼は僕の「今ここにあるもの」という返答を違う意味で受け取ったのじゃないかなあと思いました。
つまり、「今日のバーベキュー楽しいね」という事を僕が言ったと思ったのではないかなあと。僕の言葉が少なすぎたので…。

その時僕が言いたかったのはつまり、幸せというのは、多分、どんなに酷い状況にあっても見つける事が出来るものなのではないかなあと言いたかったんですね。

幸せも不幸も、どちらも同様にこの世界を満たしていて、僕たちは、いつでもどちらでも選び取る事が出来るのだと思います。
ちょうど色々な電波が飛んでいる中で、あるチャンネルにラジオの周波数を合わせるように。

そういう風な考え方がある事は、以前から知っていた気がするんですが、最近はそれが肌感覚で分かって来たような気がしています。

僕たちは良くも悪くも自分の錯覚の中でしか生きる事が出来ないということを最近はつよく思いますね〜。僕らの心は「分かり合える」と「分かり合えない」の狭間で揺れています。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

事実は一つだとしても、その解釈の仕方は無限に用意されているという事は愉しいなあと思います。どんな錯覚の現実を生きるかというのは、本当にその人次第だと、最近はよく思うのです。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    なぜ自分が知識を得る事を好むのかという事について考えたこと

    僕は本を読んだり、文字を読んだりするのが好きです。知識をえるのが好…

  2. エッセイ

    人に話す事は自分にいい聞かせる事だと思う

    この曲はすばらしく美しい曲だと思います。流れるようなピアノのメロディ…

  3. エッセイ

    いつの間にかのハロウィーン文化浸透

    今朝、車に乗り込むと外気温は22℃を示していました。日中はまだ気温が…

  4. エッセイ

    Appleが広告ブロック機能を標準搭載した事で変わる、これからのネットの未来

    AppleがiOS9に、標準で広告ブロックを搭載したらしいですね。…

  5. エッセイ

    北朝鮮はミサイルを撃ってこないと私が確信している理由

    私の住んでいる佐世保の街には米軍基地がある事で、北朝鮮のミサイルの攻撃…

  6. エッセイ

    虫とか出来れば殺したくないし、他者の命を閉じる時は覚悟をもって成すべきだと思う

    最近虫を殺す必要性をあんまり感じなくなりました。突然、近くを飛んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. 写真

    カトリック式、仏教式の両親それぞれの墓に新年の挨拶に行ってきました。
  2. コミック

    コミック「メイドインアビス」を読んでみた感想
  3. お話

    世界には神も魂もない。初期仏教がじつに科学的なことに驚いたこと。
  4. スポーツ

    ケアハウス和楽園にてYosakoiはーとらんどの演舞を撮影してきました。
  5. エッセイ

    土日の部活がなくなるかも?子どもたちはもっと広く可能性を探す事が出来る気がする。…
PAGE TOP