エッセイ

昔ちょっとだけ狩人になりたかった

以前僕は、狩人になりたいと思っていた時期があった。
猟銃を手に野山を駆けまわり、鳥や獣を撃ち殺して食べたいと思っていたのだった。
自分自身、魚よりも肉が好きな事もあり、新鮮な肉を自分で調達できるという事に大きな魅力を感じていた。

しかし最近は考えが変わってしまった。

僕の行動原理の中核をなすものとして「自分がされたら嫌な事は他人にもしない」というものがあるのだけれど、最近は僕の意識の中の「他人」という、この枠の中に虫や動物も入ってきはじめているからだろう。

このような変化が訪れたのは、脳の中には感情を司る、大脳辺縁系というものがあるという話を見てからだと思う。

この大脳辺縁系というのは脳のもっとも古い部位の一つであり、生きるために必要な本能的な感情を出す為に使われているらしい。

大脳辺縁系 – Wikipedia

そしてこの大脳辺縁系というのは哺乳類にはもちろん、鳥類や魚類にも存在する。

よって、おそらく「生きたい、死にたくない」といった感情は動物達も人間と同様に感じているのだろうと考えられる。というよりもむしろ、動物たちの方がより強い激情を感じている可能性もある。

我々人間は古い脳である大脳辺縁系を、論理性を司る新しい脳、大脳新皮質によって包み込む事で感情を抑制しているが、動物たちは人間に比べてそれが著しく小さい。

昆虫たちはまた脳の仕組みが全く違うらしいが、追いかけると逃げるところを見ると、やはりどうやら死にたくないらしい。
生きたいと願う気持ちは、何かしらの差はあるとしても、全ての生物に共通の物のようだ。
であれば可能な限り殺すのはやめよう、と思い至った。

毎日数え切れないほどの家畜や、養殖や野生の動物達が人間の為にと命を奪われている。
そんな現実を横目に、肉が大好きな僕はしょっちゅう動物の肉を食べている。

そんな状況で「何をきれいごとを」と言われても仕方がないとは自覚しているが、せめて僕自身は動物を殺さないで居たいと考えるようになった。

肉も魚も、店に行けばいつでも買える。
それらの動物たちの失われた命はもはや戻ってこないので、それはありがたくいただきたいと思う。

しかし自分の快楽の追求の為に、死ななくてもよかったかも知れない動物達の命を手にかける事はもう、望めないと思うようになった。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

ある動物は殺さなければ増えすぎてしまって困った事になる。
と言われてしまったら…それに関しては難しい。

「人間が増えすぎたので、あなたを間引きします。」なんて、
言われたくない僕は、言葉に詰まるだろう。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    あなたは私であり、私はあなたである。全ては自分自身だ。

    先日、大切な友人と美味しいご飯を食べていた時のこと。好きな人と…

  2. エッセイ

    社会の仕組み 〜公務員と議員のなりたち〜

    みなさんは公務員や議員などに関する社会の仕組みの事をご存知でしょうか。…

  3. エッセイ

    原発再稼働?廃炉?伊方原発再稼働に思うこと

    福島の原発があんな事になってしまって以来、ずっと原発の事は気にしていま…

  4. エッセイ

    私が体験した奇跡の話 – 奇跡の連続で自分はここに立つ事ができている。

    ここに書いてあるのが全てではないんですが、ここ2年くらいで私自身が体験…

  5. エッセイ

    感謝について

    雨降る日曜日の夜によくあう音楽はいかがですか〜。先日本を読…

  6. こころ

    ほんとうに必要なものは、少ししかないから。ぼくはモノを捨てまくる。

    ぼくはあまり、モノが好きじゃないのだ。いや、これはさすがに少し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. 写真

    SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM 試し撮り二日目…
  2. エッセイ

    相手のわかりやすい言葉で語るという事
  3. エッセイ

    いつの間にかのハロウィーン文化浸透
  4. コミック

    世の男たちは猛男を見習うべし!映画化された「俺物語!!」の原作コミックが愛おしす…
  5. エッセイ

    伝える事と伝わる事、誰かに助けの手を差し伸べる事のできる資格
PAGE TOP