エッセイ

これにて一年分、365記事がようやく書けました

去年の8月から開始したこのブログですが、ようやく365記事目に到達しました。

意外と時間がかかってしまいましたねー。

まあ僕自身はあいかわらず楽しく書かせてもらっています。

このブログ、「ほぼ毎日」更新ブログとうたっているのですが、本心のところでは毎日欠かさず書きたいものだと思っているんですよ。

しかしこの「毎日欠かさず〇〇する」というのが本当に難しい。

そして何でもいい、自分の成長の糧になるような事を毎日欠かさずやる事が出来たなら、その人はいわゆる人生の達人になれる人なのだとおもいます。

こういう部分の安定感が自分にまだまだ足りていない部分だなあと感じています。

毎日淡々と、蛇口をひねるように物事をこなしたいものです。

どこかで見た誰かが言っていたセリフで、ぼくのなかに印象深く残っている言葉があります。

「無頼漢を気取って不摂生な毎日を送る人間の毒よりも、規則正しく毎日を生きる人間の毒の方が濃ゆい」

細かいところは違うと思うのですが、おおむねこういう意味のセリフでした。

ぼくは別に良質の毒が出したいというワケではないのですが、ここでいう「毒」というのは、いわゆる人間の厚みのようなものだと理解しています。

むかしは毎日街にでてワイワイみんなと酒を飲んで過ごしていたぼくでしたが、実際のところは酒の味も人のことも、自分のことでさえもさっぱり分からず日々を過ごしていました。

言ったら今でもぜんぜん分かっていないんですけどね!w

ただ、「分からない」という事が分かったくらいには、分かるようになってきた気がしています。

もちろんそれは自慢できるようなものではまったくないのですが、ひとつの事実としてね。

そして結局、自分を育てるのは寂しさを感じるような独りの時間なのではないかなあと思う次第です。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

「人間は自分の好きなことだけを、するべきだ」とか

「自分のとくいなものだけ伸ばせばいい」など、それは確かにひとつの理想なんですけどね!

理想はカンペキにはなし得ないということもまた真なりなのです。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    Appleが広告ブロック機能を標準搭載した事で変わる、これからのネットの未来

    AppleがiOS9に、標準で広告ブロックを搭載したらしいですね。…

  2. エッセイ

    故障と、失敗の確率

    先日、土光敏夫さんという人について知りました。土光敏夫さん…

  3. エッセイ

    ぼくが20歳頃にであった不思議な体験

    当時ぼくはまだ20歳そこそこだったと思います。当時の友人2人と…

  4. mvno格安SIM

    安くで携帯電話を使う方法 – 格安SIMの事を調べてみた

    ちょっと気になって格安SIMの事を調べてみました。前にも同じ事を調べ…

  5. エッセイ

    自分探しの旅の終わり

    先日、直ちゃんとドライブしている時の事でした。その時、彼女は僕のブ…

  6. エッセイ

    効率的な筋トレとダイエットの話

    僕が最近ハマっている事があります。筋トレはじめました確かに、必…

コメント

    • ロータス
    • 2016年 10月 12日

    365記事、おめでとうございます。

    素敵な写真と共に、

    考えさせられたり、
    日々の生活の生きるヒントが書いてあり
    勉強になります。
    素敵な感性ですね。
    これからも楽しく読ませて頂きます。

      • 920
      • 2016年 10月 12日

      心あたたまるメッセージをどうもありがとうございます。
      僕の感じたことを書くことが、ロータスさんにとっての楽しみになることは
      僕にとってこれ以上ないよろこびです。
      これからもどうぞよろしくおねがいします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    ものごとがうまく行かない時期の対処法
  2. 写真

    僕は佐世保の中心部の辺りでは木風町の山道が一番好きです。
  3. エッセイ

    ネガティブな事には同じだけポジティブな要因が潜んでいる。
  4. ニュース

    そろそろ耳を塞がずに個人的に音楽を楽しめる時代が来るらしい。骨伝導ヘッドフォンな…
  5. エッセイ

    カメラは本当に、人間の目よりも美しく景色を撮影できるのか。
PAGE TOP