エッセイ

ぼくの、年々減り続けているプライドについて

ぼくは、つくづく周りの人たちに助けられているなあと、おもう。

あらためてよくよく考えてみると、ぼくはぼくだけの力でなしたことというのが実は、とても少ないのです。

かつては、すべて自分のちからでなんとかしなければと頑張っていました。

なので、現在こういう状況になってしまっていること、むかしのぼくが今のぼくのことをみると、ずいぶん不自由に見えるかもしれません。

というのも、ぼくはかつて、人に恩をうけることが好きではなかったからです。

人から恩を受ければ受けるほど、それが重みに感じてしまっていたんですね。

そのうえ、受けた恩はすぐに返さないと気がすまなかったのです。

でも今は、なんだかそういうのがどうでも良くなったというと語弊がありますが、人生長いのだから、いつかどこかで返すことのできることもあるだろう。

くらいにのんびり構えております。

言ってしまえば、もう一生かかっても返せないほどの恩を受けっぱなしなので、じたばたしてもしょうがないという境地にいたったといいますか。

僕を助けてくださった人々の身になにかあれば、その時は全力で力になりまっせ、精一杯やりまっせと。

そういう心持ちで一生を生きる覚悟が決まったのだと思います。

ぼくは、一人では生きられないし、生きない。

人間どうしのつながり、喜びやしがらみや衝突や慈しみや愛憎や、そういったもの全部を引っさげて生きるはらが決まったのだと思います。

ぼくを助けてくれた、いまも支えてもらっている想いは、また誰か、

ぼくが想う助けを受けるにふさわしいひと、支えることのできる人に渡して、

大きな循環の中で生きることができれば良いのだろうなあと。

おもえば、この生命も肉体も、借り物のような気がします。

いつか大地に返すその時まで、上がったり下がったりも含めてみんなで楽しく過ごしたいですね。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

cloudy-blue-sky

100年後、見渡すかぎりほとんどの人はいなくなってしまうでしょう。

とてもとても悲しい気もしますが、あきれるほどに清々しい事実に肩の力が抜けることもあります。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    「問題はそれが起きたのと、同じレベルで解決することはない」のセリフに感じる1つ上の世界

    ハローみんな、くにぴょんが最近気に入って聴いてるのはこんな曲だぽよ。…

  2. エッセイ

    シンプルな人生がお好みの方へ!初期仏教に関して僕が読んだ本一覧

    どうも〜。最近はすっかり見た目はカトリック、中身は仏教徒のわたしです。…

  3. エッセイ

    やはり夢は持つべきで、僕は自分の人生にもっと期待したいと思う。

    以前に僕は、夢を持つ事に意味がないとか、目標は持たずに毎日コツコツ…

  4. エッセイ

    わりと簡単にきれいな部屋を保つコツ。掃除の習慣の作り方

    僕は生まれつき結構きれい好きな方なんだと思います。ひょっとしたら、ちょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    ブログを始めたい人に今おすすめのブログシステム。ブログを書くという事の可能性。
  2. スポット

    【写真】映画シックスティーナインのロケ地、船越町に行ってきた。
  3. エッセイ

    肝心な事は演奏する姿ではなく音だと思う。ギターのチューニングと掃除はよく似ている…
  4. エッセイ

    金欠とバカと音楽と勇気
  5. エッセイ

    幸せになる事をやめた時、幸せは始まる。
PAGE TOP