エッセイ

考えてもどうにもならない、不安のこと

人はどうやら、そもそもがマイナスの方向に考えかたが振れやすい生きものらしいです。

というのも、いまよりもっと恵まれていなかった時代、生き残るためには危機感を持っていなければならなかったのでしょう。

というよりも、危機感を持たなかった人々がみんな死んでしまった、という方がただしいでしょうか。

たぶんぼくたちは、進化の過程で危機感をそなえた人々の子孫であるということがおおむね、言えるのだと思います。

さて、かつては実に役に立ったであろう、この危機感ですが、現代においてはあまり必要でないのではないかなと思います。

僕らはまず、飢えて死ぬなんてことはよっぽど起こりそうにないし、むしろ不安になりやすいというのは日常生活をおくる上で結構マイナスなのではないかなと。

そう、問題は危機感によって引き起こされる、この「不安」なのだと、思うのです。

例えば、本当に起こるかどうかわからないことについて、ぼくは先日、おおいに悩みました。

結局はなるようにしかならないようなことを悩むことで、目の前の楽しいコトや、集中するべきコトが手につかなくなってしまうようなことです。

どうせ命を奪われるようなことではないのにもかかわらず、どうして悩んでしまうんだろう。

なんで不安なんだろう。

この「不安」の感情。

つまるところ人間のすべての負の感情はここから発せられるのではないかと思うのです。

泣く人、悲しむ人、怒る人、怒るだけにとどまらず、だれかを攻撃する人。

その根底に流れている感情は「不安」なんだろうと。

この不安というのは実にやっかいです。

まったく抗うことをしなければ、肉体のおとろえなどに応じて増すようにできているのです。

だからと言って最期の日までずっと不安に抗って生きていくことができるでしょうか。

たぶん、無理です。

おそらくこれは、抗うような性質のものではなく、寄り添って生きるようなものなのだと思います。

不安について考えても、もうどうしようもないので、そんな時は筋トレでもしたほうがだいぶマシってことに気づいたわけです。

12028111995_472bf02ea4_c

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

もし今朝あなたが目覚めた時、病気でなく健康だと感じることができたなら、あなたは今週生き残れないであろう百万人のひとたちより恵まれている。

もし冷蔵庫に食料があり、着る服があり、頭の上に屋根があり、眠れる場所があるなら、あなたはこの世界の75%のひとよりも裕福で恵まれている。

もし銀行に預金があり、財布にお金があるなら、あなたはこの世界のなかで上位8%の裕福なひとの中にはいっている。

ぼくら日本に生まれただけでこんなにも幸運なはずなのに。

不安になる時はなるんだよなあ。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    「誰かのため」と言うことが最高?私はあえて「自分のため」と言いたい。

    文章を書いていると、色んな人を思い出します。色んな人が私の心の中に…

  2. エッセイ

    金欠とバカと音楽と勇気

    先日本を送った熊本在住の上川さん(仮名)から「ブログに取り上げてくれて…

  3. エッセイ

    背中合わせの優しさと臆病さ

    ぼくは基本的には人に対して「それは間違っていますよ。」ということは言い…

  4. エッセイ

    カメラは本当に、人間の目よりも美しく景色を撮影できるのか。

    写真を人に見せると、よく「目で見るよりも綺麗に見えるね。」とおっしゃる…

  5. エッセイ

    AEDの中身初めてみたよ。普通救命講習を受けてきた話

    先日、父親から誘われて佐世保市の消防局で開かれた「普通救命講習Ⅰ」…

  6. エッセイ

    故障と、失敗の確率

    先日、土光敏夫さんという人について知りました。土光敏夫さん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    神さまを想うという事。星野源「SUN」を聞いて感じたこと。
  2. 写真

    佐賀県 有田町 竜門ダムに行ってきました。
  3. ウェブサービス

    新しい習慣を作りたい人に教えたいタスク管理ツールToodledo
  4. Mac

    macOS SierraにしたらKarabinarが動かなくなって困った話
  5. エッセイ

    こわれてしまったクルマのこと
PAGE TOP