お話

ひび割れた水瓶のお話

あるところにご主人様のために水を運ぶ人がいました。

その人は毎日水場に行って、担ぎ棒の先にぶら下げた左右の2つの水瓶を水でいっぱいにします。

そして、山の上のご主人様のもとへと運ぶのでした。

ある日の事、ご主人様のところに着いた時、右側の水瓶の水が半分に減っている事に気づきました。

水瓶を調べてみると、ヒビ割れが入っていたのでした。

その人はそれでも気にせずに、毎日ご主人様のもとに水を運び続けました。

ある日、いつも水を半分にしてしまって、いたたまれなくなった右側の水瓶がいいました。

「自分はもうひび割れてしまい、せっかく運んでもらっているのに、水を半分にしてしまいます。私の事はもういいので、どうか買い換えてください。」

水を運ぶ人は言いました。

「いいんだいいんだ、君はそんな事を気にするんじゃない。」

それからもその人は、毎日同じ水瓶を使ってご主人様のもとに水を運び続けました。

そしてしばらくたったある日、また右側の水瓶が言いました。

「私は出来損ないです。水を満杯にして運ぶ事ができない。私はもう、自分が情けないです。どうか買い換えてください。」

水を運ぶ人は言いました。

「君の下の地面には何がある?」

水瓶は答えました。

「道があって・・・花が咲いています。」

水を運ぶ人が続けていいました。

「君がひび割れた後に、道の右側に花の種を植えたんだ。この辺りはあまり雨が降らないから、なかなか花が咲く事はないが、君のひび割れのおかげで、こんなに綺麗な花の道ができた。ご主人様も喜んでくれている。あとで摘んで持って行ってあげよう。」

水瓶はハッとして、それから涙を流してよろこびました。

これまで大嫌いだった自分のひび割れの事を、今は誇らしく、愛おしく感じる事ができました。

左側の水瓶が言いました。

「これまで、水を満杯にして運ぶ事が出来る自分こそが完璧だと思っていたけれど、僕では花を咲かせる事はできなかった。君はすごい奴だ。」


一見マイナスにしか思えないような事でも、無駄な事はひとつもない。

そんな事を教えてくれる素敵な話だと思います。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

14731948821_a837a56876_z

前向きな心がけとちょっとした知恵で、誰かを、何かを救うことが出来る世界です。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    ろうそくの炎のゆらぎと人の矛盾

    矛盾をかかえて生きる全てが一貫している人というのは存在する…

  2. エッセイ

    あなたは私であり、私はあなたである。全ては自分自身だ。

    先日、大切な友人と美味しいご飯を食べていた時のこと。好きな人と…

  3. エッセイ

    なぜ自分が知識を得る事を好むのかという事について考えたこと

    僕は本を読んだり、文字を読んだりするのが好きです。知識をえるのが好…

  4. エッセイ

    ぼくが自分の直感を信じずにバカを見たはなし

    先日、高速道路で鹿児島から佐世保に帰ってきている時のことです。…

  5. エッセイ

    株やFXの短期トレードで長期的に勝ち続ける事が出来ない理由

    都会の方では株価や為替の乱高下に合わせて電車が止まったりするようですね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. mvno格安SIM

    これヤバすぎ(笑)MVNO格安SIMに変更する前に”絶対に”確認しておくべきこと…
  2. 写真

    YOSAKOIはーとらんどの撮影に行ってきました。
  3. エッセイ

    人の幸せを自分の事のように喜べるという事。
  4. エッセイ

    生きることはそれ自体、すべてが仕事なのかも知れない。
  5. お店紹介

    波佐見町にある整骨院的なところ「ゼロ均整院」に行ってきた話
PAGE TOP