エッセイ

440Hzとは別の可能性。A(ラ)の音の違いで変わる音楽の聞こえ方

A=432Hzが心地よいという説について

先日ギターのチューニングについて調べていたところ、最近はA(ラ)の音を432Hzにしたほうが心地いい。という様な風潮がある事を知った。

これまで僕はAの音が何Hzであるかなんて、考えた事もなかったけれど、ISO(国際基準)ではA=440Hzと定められているらしい。

僕らが普段ギターの音を合わせるのに使うチューナーを使えば、自動的にA=440Hzを基準として、他のBCDEGの音も決められる。

では実際のところ、A=440HzとA=432Hzではどのくらい音の違いがあるのか。

こちらの動画で検証されているので、是非みなさんの耳でご判断いただきたい。

どうだっただろうか。

音に対する感覚は完全に人それぞれだとおもうのだけど、僕はA=440HzよりA=432Hzの方がどちらかというと心地よく感じられた。

もっと言えば432Hzよりも、もうちょっと低くてもいいんじゃないかなあとすら思った。

多分、人それぞれ肉質の硬さ柔らかさ、水分含有量の多さ少なさ、骨と肉の割合、体重など、細かな要素で言えばキリのない所にまで音波の振動というのは影響して、心地よかったりよくなかったりするものだと思う。

なので何が正解とかいうのはないものだ、とは思うのだけど、こういう基準音の高低で、同じ音楽がより心地よく聞けたりするというのはなかなかおもしろい発見だった。

ここでA=432HzとA=440Hzの色々なサンプルを聴き比べる事ができる。

A=432Hz.com 432Hzチューニングは本当に気持ちがいいか?

ページの主が作曲しているのだろうか、好きな音楽だった。

これまで単純に音、音楽というのは相対関係だけですべて決まるものと思っていたけれど、言われてみたら基準音を元にどの音域で鳴らすかというのもとても重要な要素だよねーと思いましたよ。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

ギターの弦を耳で一音ずつ完璧にチューニングしても、和音で鳴らすと音のウネリがあらわれてしまう事について長年悩んでいたけれど、その理由が、ギターが平均律を基本として作られた楽器だからだという事がわかってしまった。

ギターでは完璧な和音は鳴らす事が出来ないらしいです。ほんの僅かなところ、ですけどね。
13568645665_1d2f67d562_c
それではまた〜♪

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    自分探しの旅の終わり

    先日、直ちゃんとドライブしている時の事でした。その時、彼女は僕のブ…

  2. エッセイ

    いちばん近くて、いちばん遠い、自分自身。

    「みんなが決めたからそうする。」ということが社会にはとてもおお…

  3. エッセイ

    TPPが5分で大体分かった感じになるページ

    日本政府が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について大筋合意に達したと…

  4. エッセイ

    ろうそくの炎のゆらぎと人の矛盾

    矛盾をかかえて生きる全てが一貫している人というのは存在する…

  5. エッセイ

    ルールは人を守ったり、ダメにしたりする

    先日、叔父の家でテレビを見ていました。政府の元偉い人が偉かった…

  6. エッセイ

    『こだわり』のこと

    モノゴトの意味は、見る角度のかずだけ存在しています。見る角度と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. 写真

    きょうは台風の前日らしい写真
  2. エッセイ

    神の存在を証明できる時
  3. 心のままで話せるように
  4. エッセイ

    潜在意識を使いこなす事ができれば、多分無敵だ。
  5. エッセイ

    やはり夢は持つべきで、僕は自分の人生にもっと期待したいと思う。
PAGE TOP