エッセイ

顎を触りながら唇を触る癖のある人は◯◯がしたいらしい。

先日本屋に行くと、売れてる本の棚の中に一つ面白そうな本を見つけた。

人の行動心理を書いた本だった。

ちょっと開いて見たところに面白い事が書いてあった。

顎を触るくせについてだ。

僕は結構、考える時に顎を触る癖がある。

その癖を指摘されてからというもの、気になるようになってしまった。

その本によれば、顎をさわりながら、自分の唇を触るようであれば、それは子供の頃に母親のおっぱいを吸っている感覚を思い出そうとしているという事だった。

人は不安な時に自分の唇を触る事で、かつて吸っていた母親のおっぱいを思い出して落ち着くらしいのだ。

なるほど、大人は不安になったからと言って直接唇に触れる事はせず、顎に触れるというカモフラージュの裏で唇を触るのだ。

「ふっ・・・なにをバカなことを。僕は顎は触るが、唇は触らないよ。」と思いつつも、続きが気になったので買う事にした。

それから家に帰ってパソコンの前でちょっと考え事をしているとき、いつもどおり無意識に顎に手を置いて考えていた。その時、人差し指が下唇に触れたのだった。

(あっー!)

この自然な感じ、どうやら僕は日常的に人差し指の甲の部分で下唇に触れていたらしかった。

まだまだ青い32歳です。

それからというもの、顎に手を置くとき、唇には触れないように注意している。

こすずるく立ちまわっても意味はない。

その本には、「○○をすれば、☓☓より有利に立てる」「○○をすれば、☓☓からお得が引き出せる」などなど、対人関係での駆け引きの方法が書いてあったのだが、僕はそういう情報に全く価値を感じない。

はっきり言って人間同士で、己の利だけを享受しようなんていう小手先の技なんてまったく無意味だ。

そんな策をつかって一時的な利益を得たところで、ほどなく結局は全て失ってしまう事になるだろう。

他人に行う事というのはそのまま、自分に対してやっている事だと思った方がいい。

多分、この考え方は真理だ。

僕は、人間の心理の深層部分では、自分と相手の区別などないものだと考えている。

ただ、企業対企業、国家対国家というスケールになってくるとこういう策を使う必要もあるのかな、なんて事を思った。

しかし、どんな状況においても相手からぶん取るのを目的とするのがいいはずがないと思う。

人にやさしく、自分にきびしくは不可能だ。

よく「己には厳しく、他人には優しい人間が素晴らしい」などというのを目にするが、これは不可能だ。

己に厳しい人は、例外なく、他人にも厳しい。

人間はそもそもそんなに器用だとは思えないし、上に書いたように己と他人は同じだからだ。

人に優しい人は、その人自身にも優しい人だ。

ただし「優しい」というのと「甘やかす」というのは結構違う。

その逆に、己に厳しいというのは何か?という話になってくるのだけれども、これは多分、本当にやりたい事でない事をやり続けている状態なのではないかな?と最近は思っている。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

僕は人に優しく、つよい人間でありたいなあと日々思っています。

7908437026_42e782770d_z

それではまた♪

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    虫とか出来れば殺したくないし、他者の命を閉じる時は覚悟をもって成すべきだと思う

    最近虫を殺す必要性をあんまり感じなくなりました。突然、近くを飛んで…

  2. エッセイ

    昔ちょっとだけ狩人になりたかった

    以前僕は、狩人になりたいと思っていた時期があった。猟銃を手に野山を…

  3. Mac

    タイピングのレベルまで上がっちゃう。世界最高峰のキーボードブランド HHKBの lite2レビュー

    どうもこんにちはこんばんは。本日もタイピングする時間がやってきまし…

  4. エッセイ

    プラスでもマイナスでもなく、あるがままに見ること

    先日、父親から「時間のあるときに連絡をください。」という文面のメールを…

  5. エッセイ

    ネガティブな事には同じだけポジティブな要因が潜んでいる。

    先週大阪にいたんですが、さすがは「くいだおれ」発祥の地でありました。…

  6. エッセイ

    僕の周りの立派な人がやっている、信用を得る方法

    僕がここ5年から10年の間くらい、気をつけている事があります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. レビュー

    劇中なんども心くすぐられる作品。これ読んだらすぐに「君の名は。」観てきて
  2. 西の果てで夕日を浴び放題浴びてきました。長崎県西海市外海町の写真
  3. ウェブサービス

    今ままでdisってごめん!このタブレットやっぱり即買だわ(笑)Amazon Ki…
  4. エッセイ

    写真コンテストで銀賞をいただきました。
  5. 写真

    カトリック式、仏教式の両親それぞれの墓に新年の挨拶に行ってきました。
PAGE TOP