エッセイ

焦らず一歩一歩を踏みしめながら大切な物を拾ってゆく2016年にしたい。

昨日の夜は佐賀から友達が遊びに来てくれたので、一晩中酒を飲み交わしました。

彼は佐賀の方で有名なDJで、彼の流す曲や、作るMix音源が僕は大好きで、そんな彼の最近の好みの曲なんかをYoutubeで探して聞かせてもらいました。

代わりに僕の好きな曲なんかを紹介したりしていると、僕はとてもごきげんな気持ちになってきてしまい、ギターを取り出して弾き始めました。

僕のギター歴は思い返すと意外に長く、小学4年生頃にはすでに興味を持って曲を弾き始めていました。

というのも父親がギターを弾く人だからなのですが、おかげで生まれた時からギターは常に身近にあったのでした。

僕がギターを弾いているのを見て、彼は「俺も今年はギターを始めようかな」と言ってくれたのがとても嬉しかったです。

既にピアノが弾けるらしい彼ですが、彼ほどギターの似合う人もいないだろうと思うので、ぜひ実現してほしいものだと思いました。


この間聞いた話ですが、100歳を過ぎた人がランナーとして頑張っているのがテレビで放送されたらしいんですね。

その人が走るのを始めたのは70歳くらいのころの話らしいのです。

70歳で走り始めるなんて、あまりに遅すぎる、バカバカしいと感じる人もいると思いますが、時はすぎ、100歳を超えて走り続けるその人のランナーとしてのキャリアは30年なのです。

本気で30年間何かに打ち込む、たとえ片手間だったとしても30年の間、何か物事と付き合えばどうなってしまうのか。

僕は32歳なので想像もできませんが、その繰り返しと積み重ねから生まれる力と学びと結果はすさまじいものでしょう。

「10年一昔」ということわざがありますが、情報化社会によって加速され、いまや2〜3年一昔と言われるような時代です。

こういう時代に生きる我々はえてして、物事をなした事に対する結果や結論をすぐに欲しがってしまいがちですが、ゆっくりと腰を据えて一つ一つの事と向き合って、ともに生きていく様な気持ちを大事にしたいものだと思います。

いつ死んでしまうかは神のみぞ知る運命ですが、一曲一曲、弾ける曲を増やしていければいいのではないかな。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    ルールは人を守ったり、ダメにしたりする

    先日、叔父の家でテレビを見ていました。政府の元偉い人が偉かった…

  2. エッセイ

    人の幸せを自分の事のように喜べるという事。

    僕はここ数ヶ月、自分自身を長く見つめていて、その奥の奥の深いところ…

  3. エッセイ

    市場の中での自分の価値を1/100万人に出来る話が面白かった

    僕は以前より「ナンバーワンにならなくてもいい、もっともっと特別なオン…

  4. エッセイ

    大人の強みを活かしたい。30歳を超えた人の生き方。

    32歳になる記念にーとはじめたこのブログも、一年の月日が流れました。…

  5. エッセイ

    giraffeong.comは1歳になりました

    ブログを書きはじめて思い知らされた事があります。それは、自分が…

  6. エッセイ

    効率的な筋トレとダイエットの話

    僕が最近ハマっている事があります。筋トレはじめました確かに、必…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. 写真

    2015年ヨサコイ佐世保祭りのお写真
  2. エッセイ

    自分のために生きるという事の追記
  3. レビュー

    池上彰さんの「おとなの教養」を読んだ
  4. お話

    世界には神も魂もない。初期仏教がじつに科学的なことに驚いたこと。
  5. スポット

    佐賀の九年庵に紅葉狩り、心の旅へ
PAGE TOP