日記

蓄音機の原理を調べてみた。デジタル世代の僕にはむしろレコードが謎でした。

record-player-disk-turntable-vinyl-stereo

録音の原理

そもそも、音を記録するという事を一番はじめにやった人はエジソンらしいです。

エジソンの発明した「蓄音機」というものですね。

その原理は、音の振動を針に伝え、その振動する針で媒体(この当時は蝋を塗りつけた円筒状のものだったらしい)に傷をつけて、再生するときはその傷にそって針を動かすというものでした。

これを見た時「なんでやねん」と思ったのですが、そうなるものはそうなるものとして理解する他ありません。

不思議ですがそういうものらしいです。

要するに、空気によって震わされた針をもう一度同じように震わせ、それを増幅して空気を震わせる事で音の記録と復元ができるということですね。

下手な図を描いてみました。

範囲を選択_130

範囲を選択_131

が、描いてる途中にいい動画を見つけましたので、時間のある人はこれを見るとわかりやすいです。
動画の18分頃からはじまります。

とても素晴らしい動画ですね。録音の原理がわかりやすいと思います。

この原理をもとに電気によって信号を増幅、機械によって制御してアナログ・レコードが出来上がるのですね。

これについては林 正儀のオーディオ講座 – Phile-webこちらがものすごく詳しくて、現代のレコードの再生技術からデジタル再生の技術まで詳しく書かれていますので、興味のある方は是非ごらんください。

CDに焼きこまれた音はデジタルなので、ある程度の人間の耳が聞こえる範囲外の音は切り捨てられてしまっていますが、アナログのレコードは、耳に聞こえる事のないすべての音が忠実にレコードに刻み込まれています。

聴く人によって、レコードの音は温かい、と言われているのはこの耳に聞こえないはずの音を体が感じ取っているからかもしれませんね。

おそらく、おおいにありうる事だと思います。音は耳で聞くのみにあらず。

耳に聞こえない高い周波数の音や、低い周波数の音も、人間の体の細胞は感じる事ができるはずです。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

しかし録音、ミキシング、マスタリング、レコードへの書き込みまですべてアナログでやってくれる場所は随分少なくなっているようですね。

一度、フルアナログのレコードをフルアナログの音響設備で聴いてみたいものです。

それではまた♪

対してこちらは現代技術の粋。
Bluetoothとノイズキャンセリングの技術を駆使したヘッドフォンのレビューです。

JBL Everest Elite700 実に高性能な耳栓としてのノイズキャンセリング

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. Riversidewangのひとびと

    先日、Riversidewangというチームの撮影をさせていただきまし…

  2. 写真

    ぶらぶらと自転車に乗って回って自由を感じた

    先日の晴れた日、朝からの用事で街を訪れる為に、母親からもらったオレンジ…

  3. 写真

    僕は佐世保の中心部の辺りでは木風町の山道が一番好きです。

    この曲は僕がジャズの魅力を改めて発見した曲と言っていいのかなと思います…

  4. エッセイ

    極薄の今の今の今の瞬間を感じること。瞑想のテクニック

    瞑想やってみたさいきん、少々変な話なのですが、風呂に入るときに…

  5. エッセイ

    この世界はシミュレーターの中であると、私が信じるに至った理由

    先日無事入籍致しました。管理人のクニオですどうも〜。今日はかなりの…

  6. 日記

    「G線上のきりん」の記事数が300に到達しました。

    当ブログの記事数がこのたび、300に到達いたしました。いつもい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    いつの間にかのハロウィーン文化浸透
  2. コミック

    コミック「ダンジョン飯」を読んでみた感想
  3. エッセイ

    ものごとがうまく行かない時期の対処法
  4. 日記

    残り40分の2015年を振り返る30分間
  5. エッセイ

    どの角度から見るかがすべてだと思う話
PAGE TOP