生き方

  1. 故障と、失敗の確率

    先日、土光敏夫さんという人について知りました。土光敏夫さん土光さんは明治生まれの実業家で、サラリーマンから日本経済団体連合会(経団連)の会長にな…

  2. まっすぐのまなざし

    人間、やはり誰かに対して後ろめたい事をしてしまう事があると思います。この「後ろめたい」という気持ちをもった時の居心地のわるさといったら、僕が最も敬遠した…

  3. 不安な気持ちになった時に使う、不安の消しかた。

    不安とは期待の影です不安というのは、あとすこしで分かりそうなのに分からない時に生まれるものだと思います。つまりこれは期待の裏返しなのだろうなと。…

  4. きれいすぎる水に魚は住めないの

    ある、殺虫剤の会社の社長さんが言ったそうです。「売らなくても売れるものだったら、君たち営業を雇う意味はないのだから、しっかり売ってきてくれよ!」と。…

  5. 全体は細部を、細部は全体をあらわす。美しさと強さについて。

    先日、僕のFacebookフィードにあがってきたリンクに興味を惹かれました。【謎の快感】う、美しすぎる……素晴らしきケーブルの芸術リンク先には、…

  6. 僕達にとって、選択できるという事が必ずしも良い事とはかぎらない

    結構前に買ったAmazon Kindle Fireタブレットですが、持て余してしまっていました。http://giraffeong.com/comput…

  7. 僕の周りの立派な人がやっている、信用を得る方法

    僕がここ5年から10年の間くらい、気をつけている事があります。それは「事実を、出来る限りありのままに述べる」という事です。具体的にどういう事かと…

  8. 大人になるということ。その過程で得るもの、失うもの。

    社会人の人なら、同じミスを2回犯してはいけないという話を聞いたことがある人は多いと思う。僕もかつてはその意見に賛成だった。一度犯したミスは、対策…

  9. 出来ることを精一杯、やった結果ならいいじゃないか

    例えば相手が何を望んでいるのか分からない時があったとして。自分は何ができるのだろうかとぼんやり考えるだけでは、答えが出てくることはありません。そ…

  10. 幸せになる事をやめた時、幸せは始まる。

    怒るというのは大変なエネルギーを使う。別にそれはいいのだが、感情をむき出しにするというのが僕はちょっと苦手だ。我に返った時に恥ずかしいというか。…

最近の記事

最近の記事

  1. 日記

    「G線上のきりん」の記事数が300に到達しました。
  2. ニュース

    AmazonでFireTVStickを3000円値引きで買った話
  3. 写真

    カメラは本当に、人間の目よりも美しく景色を撮影できるのか。
  4. 日記

    言葉に、色と形を与えること
  5. スポット

    【写真】ハウステンボスでの撮影「白羊」と「黒羊」その1
PAGE TOP