こころ

  1. カトリック教会の矛盾とか。祈る暇があれば自分の頭と手足をつかおう

    先日久しぶりに、今年40になる兄の厄払いの為という事で教会に足を運びました。そもそも私は「厄」とかいう事を信じていないのですが、それで気分が楽になる人が居る…

  2. 夏フェスに行く前に準備するもの!スカイジャンボリー2017に行ってきた

    タイトルどおりなんですが、先日、生まれてはじめて「夏フェス」というものに参加してきました。妻が乗り気で、勢いに乗って僕の分のチケットも買ったのが二ヶ月前…

  3. 「幸せになる考え方」って間違ってはないけど、結構違うと思った話

    先日、地元のアーケードを歩いていると「幸福になる考え方」的な本が露店売りされていました。それを見た僕は、「幸福になる考え方」というのはなんというか、腑に落ちない…

  4. 実験してみた。人の目を見て緊張する人は、本当に鼻を見ると良いのか

    僕は、思うのです。人と人が相対した時、その人の事が好きだなあと思う気持ちや、その人の事が嫌いだなあと思う感情は余す所なく相手に伝わるものではないかなあと…

  5. 道に横たわるホームレスの見る夢はどんなものだろう

    先日、福岡の天神まで遊びに行ってきました。多くの人が急ぎ足で流れる道の脇に、一人の老人がぐったりと力なく横たわって居ました。その身なりからして、すぐにホ…

  6. 人は錯覚の中でしか生きられないけれど、それを選ぶことは出来る

    先日、久々に友人たちと火を囲んでのバーベキューを楽しみました。ここの所ずっと忙しかったので、こんなにのんびりした気持ちになったのは久しぶりで、本当に楽しい日…

  7. 私達は国家からサービスを買っている。ベンチャー国家という思想。

    簡単に言えばこれからの時代、国家もサービス業と化すだろうという事だ。究極的に言えば国家がやっている事というのは、国民からお金(税金)を受け取り、各種サー…

  8. 不安に対抗する術。悲しくはないけど、ただ少し寂しいだけ

    久しぶりに気分が落ち込んだのでブログでも書いてみようと思い立つ。老若男女全ての人々が背負うものを僕も背負っているだけの話、ただそれだけなのだが、たまに思…

  9. 慣れること、飽きること、僕らはいつも新しいこと

    最近は全然文章を書いていなかった。というわけでもない。毎日日記をつけるという習慣は、今も続いている。ときに、2〜3日分の日記を書いたりもするけれ…

  10. 複雑極まる価値観のるつぼ時代を生きる、僕らに必要な心構え

    師走の時期、また忙しい現代社会でありますから、まずは結論を述べさせていただこうと思います。「賞賛されたり、けなされたりする事で大げさに喜んだり悲しんだり…

最近の記事

最近の記事

  1. 日記

    なぜ自分が知識を得る事を好むのかという事について考えたこと
  2. プロジェクト

    わらしべ長者伝説を現代に再現したい。プロジェクトWARASHIBE 始めます。
  3. 人間関係

    人間の幸福にとっても最も大切な要素
  4. 日記

    社会の仕組み 〜公務員と議員のなりたち〜
  5. Mac

    macOS SierraにしたらKarabinarが動かなくなって困った話
PAGE TOP