レビュー

劇中なんども心くすぐられる作品。これ読んだらすぐに「君の名は。」観てきて

ぼくは、新海 誠監督の「秒速5センチメートル」を見て以来のファンです。

しかし今回の映画のひとつ前の作品である「言の葉の庭」を見て、あまりの手応えのなさに監督の才能が枯れてしまったのかとがっかりしていたのですが・・・。

「君の名は。」は正直、ぼくの今まで見てきた映画の中でも、最高と言えるほどの出来でした。

ああ、もう一度見たい。

ストーリー、音楽、主役、脇役、どこをとっても非の打ち所がありませんでした。

監督の得意とする、ちみつな背景描写が今回も光っていました。

その技術によって表現された和のようそうは、実に日本のこころにあふれていました。

このはんぱない「日本感」は、たぶん多くの外国人のこころもゆさぶることでしょう。

アニメーションという変幻自在、千変万化の媒体だからこそ不自然なく表現できる、現実の美しさを増幅したような世界。

何しろアニメですからね。とことんひたすらぶっとんでて、よかった。

そのぶっとびを受け入れられるかどうかで、評価はわかれると思います。

でも、ぼくにとっては本当に素晴らしい作品でした。

きれいな絵が好きで、夢物語が好きなひと、どうぞ観にいってみてください。

この時代に生まれて、この映画が見られてよかった。

新海 誠監督をはじめとして、この映画を世におくりだしてくれた全てのひとびとに感謝します。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

og_image

この国の文化のはなひらく香りにつつまれた、最高の時間だった。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. レビュー

    池上彰さんの「おとなの教養」を読んだ

    本屋に寄って平積みの本をざっと見た中で面白そうだったので買ってみました…

  2. エッセイ

    Amazonプライムビデオのアバターを見たら、結構おもしろかった件

    Avatarという有名な映画、知らない人の方が少ないと思います。…

  3. コンピューター

    IIJmioのSIMカードのサイズを変更する際に気をつけておきたい事

    先日、ついに画面バリバリの携帯からピカピカの携帯に替えることができまし…

  4. レビュー

    今、白金を触媒にしたカイロが熱い(暖かい)!!使い捨てカイロとの比較など

    突然ですが僕はとても寒がりです。それはもう動物としてヤバいレベルで…

  5. レビュー

    マクロ撮影にも良く、軽くて強い!ポータブル三脚 Rangers RA010を使ってみた感想

    自転車で移動しながら街の様子や夕日を撮影するという事をやってみたんです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. レビュー

    限りなく無音に近い世界から放たれる音。音質と電池持ち良すぎなSONY WALKM…
  2. エッセイ

    『こだわり』のこと
  3. エッセイ

    背中合わせの優しさと臆病さ
  4. エッセイ

    自分探しの旅の終わり
  5. エッセイ

    本当の意味でのプラスって存在するんだろうか。人間の価値は加減するような性質ではな…
PAGE TOP