レビュー

Tevaのサンダルを使ってみた感想!おすすめできない2つの理由

2年ほど前にTEVAというメーカーのサンダルを買ったんです。

TEVAのサンダルはこういう形

TEVAのサンダルはこういう形

僕の場合、サンダルは夏にしか履かないので、靴底がすり減ったりという事もなく、今年の初海もこのサンダルで行ってきました。

そして思い出しました。去年「もうこのサンダルは履きたくないな・・・」と思った事を。

一年経つとすっかり忘れちゃうものですね。

TEVAのサンダルの感想、そのいただけないトコロ

痛すぎ

TEVAのサンダル、形やデザインはかっこいいと思うんですが、いかんせん足が痛いのです。

上の図で説明するとこの部分がものすごくいたい。

範囲を選択_144

合成繊維でベルトの部分が作ってあるので、結構硬いんですよね。

そしてそれが容赦なく親指の根本を圧迫してくるので、本当につらい。

加えて言うと、サンダルって浜辺で履くことも多いと思うんですが、この親指とベルトの間に砂が入りこんで、ただでさえ硬くて痛いベルト部分がサンドペーパー仕様になるという恐ろしいやつです。

しかも水を吸うことでベルトが縮み、さらに絞めつけてくる・・・。

僕の足の親指の根本部分には血がにじみはじめ、たえきれずサンダルを脱ぎ捨てたのは言うまでもありません。

臭くなりがち

その上、合成繊維の編みこみで作られたベルトは、繊維の隙間の水の乾きが悪く、海につけると中々乾かず、ちょっと臭くなったりもします。

まあ、この買い物は失敗でありました。

合理的に見えてなおかつ、先進的な感じでかっこいいんですけどね〜。

TEVAさんには、サンダルのベルトの足の甲に当たる部分に、優しい素材を使う様に改良していただければなと思います。

その時、また改めて出会いたいです。

Atikaのサンダルに買い替えました

今週の日曜日も海に行く予定があるんですが、その時にもう一度TEVAのサンダルを履くのはつらすぎるという事でサンダルを新調する事にきめました。

選んだサンダルはこちら

セールで安いし、なおかつ評判も良さそうで、オーソドックスな形に好感がもてました。

いろんなカラーバリエーションがあるので、今年の夏、まだサンダルがない人にいいのではないかな〜。

実際購入して既に一年が経っていますが、めちゃくちゃ調子がいいです。

やっぱり普通のビーチサンダルより、こういったカカトがとまるタイプの履物の方が僕は好きですね。

とっさに走らないと行けない時とかに脱げる心配がないって結構大きい!

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

ビーチサンダルもいいと思うんですけど、岩場とかで思いっきり遊びたい僕は、足に固定できて、なおかつ靴底の厚くて滑りにくいタイプのサンダルが好きです。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. ウェブサービス

    新しい習慣を作りたい人に教えたいタスク管理ツールToodledo

    タスク管理という言葉をご存知だろうか。グーグルで検索すると、タスク…

  2. レビュー

    ヒトの心の探求を助ける名著「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」

    嫌われる勇気は以前にも読んだ事があるのだけれど、先日贈り物として人に渡…

  3. レビュー

    長時間のバスなどの車中旅行の前に準備しておくと良いもの。A.首枕

    先日、ぼくは鹿児島県の東側の半島、大隅半島に向かっていました。…

  4. レビュー

    全てのものは無言のメッセージを発している。情報過多の時代の僕らの生き方。

    先日、友人のHideさんから本を贈ってもらいました。ぼくたちに…

  5. コンピューター

    PCを持ち歩いたり、整理整頓が好きな人にぴったりのバックパック

    突然ですが、僕はバックパックが大好きなんです。理由は十分にもの…

  6. お話

    世界には神も魂もない。初期仏教がじつに科学的なことに驚いたこと。

    最近ぼくは仏教に興味があるということを以前、記事に書きました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. 日記

    ニッポンのジレンマ。自動化される社会にベーシックインカムが必要な理由。
  2. ニュース

    ついに始まったAmazonプライムビデオの感想
  3. 日記

    社会の仕組み 〜公務員と議員のなりたち〜
  4. 日記

    出来ることを精一杯、やった結果ならいいじゃないか
  5. 日記

    こわれてしまったクルマのこと
PAGE TOP