レビュー

Bluetoothイヤフォンをまだ持ってない人に見てほしい。Tenswall イヤホンレビュー

先日Bluetooth(以下BT)のイヤフォンを買いました。

BTというのは電波通信の規格でありまして、発信用機器としてスマートフォンやノートパソコンなど、今やほとんどの通信が出来る機器がBTに対応しています。

そして、このイヤフォンはBT受信用の機器というワケですね。

僕の実際の使い方としては、スマートフォンやタブレットのBT発信をONにして、このイヤフォンとペアリング(通信ON)して、スマホやタブレットの音声をイヤフォンで聴いています。

結論から言いますと、BTイヤフォン、めっちゃくちゃいいです。

僕は週に1〜2回ジムで体を動かしているんですが、その運動中に使ったり、料理をしている時につかったりと大活躍してくれています。

Bluetoothイヤフォンの音質

はっきりと聴き比べていないので、なんとも言えないのですが、普通にいい感じです。

まあ比較するまでもなく有線よりは音は悪いと思いますけど、ジムで運動中とか掃除中とか料理中などの作業をしている間にさほど音質にこだわりたい感じもないので(笑)

作業中にいちいち音楽の素晴らしさに感動してしまうと困ってしまいかねませんからね。

それに、最近は音楽ではなくてオーディブルのオーディオブックを聞いてますので、音質には特にこだわっていないです。

ながら聞きで学習できるAmazonの新サービスAudibleがすごい

音質にこだわる人は有線イヤフォン、さらに言えばヘッドフォンで音楽を聞くべきでしょうね。

Bluetoothイヤフォン Tenswall

僕が今回購入したのはこのイヤフォンです。

外観

化粧箱表

化粧箱表

化粧箱裏 ちょっとやぶいてしまいました。

化粧箱裏
ちょっとやぶいてしまいました。

説明書(読んでない)

説明書(読んでない)

カナル型イヤフォンの先っぽがいくつか、耳のサイズによって選べるようです

カナル型イヤフォンの先っぽがいくつか、耳のサイズによって選べるようです

ものすごく短いマイクロUSBケーブルが付属しています

ものすごく短いマイクロUSBケーブルが付属しています

こちらが本体。スポーティーです

こちらが本体。スポーティーです

機能

イヤフォン自体に物理ボタンがついており、いろんな操作が手元で可能になります。

ここらへんは、音楽再生用ソフトなんかもちゃんと対応しててすごいなと。規格があるんでしょうね。

Tenswallイヤフォンでは物理ボタンで音の上げ下げ、曲の送り、戻り、停止、再生ができるようになっています。

ボタンを押してからのタイムラグが結構あるので、「ちゃんと効いてるのかなこれ」って事が多々あるのですが、実際は遅れてもちゃんと効いてくれているので、何回もボタン押してる事になったりして少々面倒です。

しかし、遅いながらもちゃんと効いてくれるのはありがたいことですよ。慣れればね!

くわえて僕はまだ使ったことがないですが、マイクが内臓されており、インカムとしても使えるっぽいです。

この価格でそこまでやるとは、すごいなあと思います。

電池持ち

結構小さいイヤフォンですが、電池は3〜4時間くらい持ちます。カタログスペックではもうちょっと持つっぽい事が書いてありますけど、実際連続使用するとこのくらいで切れました。

電池が切れる直前に「Battery is low」と音声で言ってくれるので助かります。また、「Power on」「Power off」「Next song」「previous song」など、音声案内のバラエティは結構豊富です。

またインジケーターランプがあって、そいつの色でもイヤフォンの状態を把握できます。

有線イヤフォンと違って電池が切れると使い物にならないのはBTイヤフォンの欠点ですねえ。

まあその欠点をカバーするほどの魅力が、無線イヤフォンにはたしかにあるのですが。

ちなみに充電は1.5A出力のアダプターで1時間くらいで完了しました。結構はやいな〜。

総評

2016年3月19日現在、かなり価格が乱高下しているようで、僕が最初に見た時は1500円だったのですが、次に見た時には2500円になっていました。

そして次に見た時に1500円だったので購入を決めたんですが、これって策にハマったんでしょうか(笑)

しかし1500円でこのクオリティというのは素直にすごいと言わざるをえないと思います。

今の自分の使い方ではまったく不自由を感じませんし、有線だったころよりもはるかに自由度がたかくなりました。

本当に買ってよかったと思っています。

あとは耐久性ですが、そこはどうなんでしょうね〜。

まあ大事に使っていきたいと思っています。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

関連記事

  1. ウェブサービス

    Amazonキンドル(Kindle)アプリのおすすめの使い方

    Amazonの提供する本読み放題サービス「Kindle Unl…

  2. こころ

    私達は国家からサービスを買っている。ベンチャー国家という思想。

    簡単に言えばこれからの時代、国家もサービス業と化すだろうという事だ。…

  3. レビュー

    シンプルな人生がお好みの方へ!初期仏教に関して僕が読んだ本一覧

    どうも〜。最近はすっかり見た目はカトリック、中身は仏教徒のわたしです。…

  4. レビュー

    MediaMation MX4Dの映画を体験した感想

    日本に16箇所しか設置されていないというMX4Dという映画視聴システム…

  5. レビュー

    自分のイビキの確認がしたい人へ。睡眠中の様子を見守るSleep Cycleが面白かった

    私の年代はいわゆるデジタルネイティブの1世代目に当たるのではないだろう…

  6. レビュー

    ネットワークセキュリティの仕組みを楽しく学べる「王様達のヴァイキング」

    最近「王様達のヴァイキング」というマンガをちょこちょこ見ているのですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. レビュー

    自分のイビキの確認がしたい人へ。睡眠中の様子を見守るSleep Cycleが面白…
  2. お店紹介

    波佐見町にある整骨院的なところ「ゼロ均整院」に行ってきた話
  3. 日記

    極薄の今の今の今の瞬間を感じること。瞑想のテクニック
  4. レビュー

    JBL Everest Elite700 実に高性能な耳栓としてのノイズキャンセ…
  5. こころ

    皆さんとっくにご存知かな。価値の正体ってなんでしょう
PAGE TOP