ニュース

そろそろ耳を塞がずに個人的に音楽を楽しめる時代が来るらしい。骨伝導ヘッドフォンなの?SONY “N”

先日、SONYが面白いヘッドフォンを発表していました。

こちらの動画でご覧いただけます。

そう、このヘッドフォン、耳をふさがなくてよいのであります。

耳を塞がずして、周りに音漏れせずに個人的に音楽が聞けるのか。おそらくこれは骨伝導ヘッドフォンなワケでありますが、骨伝導の無線イヤフォン、ヘッドフォンってゲームにしか存在してないと思っていました。

ちなみに骨伝導とは

骨伝導は、空気を伝って鼓膜(中耳)を振動させ聴覚神経(内耳)に伝わる(気導音)に対して、声帯などの振動が頭蓋骨を伝わり直接聴覚神経に伝わる(骨導音)ものである。 この骨伝導は意図的に起こさずとも日常で常に起こっており、例えば自分が聞く自分の声は気導音と骨導音が合わさったものである。

海外では、商品のアイデアとコンセプトを打ち出す事で出資者を募る、クラウドファンディングにおいて、既にこういうヘッドフォンがおおきな支持を得ているようです。

599efdcc

耳を塞がない新感覚の「イヤーフリー」ヘッドフォンで仕事が捗りすぎ | FUTURUS(フトゥールス)

なるほど、これはすごい可能性を感じますね。

これならばヘッドフォンを付けた状態で運転もできるし、自転車も運転できるしってわけで、圧倒的なイノベーション感があります。

2〜3年後にはこれを付けた若者たちが街にあふれるのは想像に難くないです。

これは確実に来るなあって思いつつ、音質とかどうなんだろうと思って現在どんな骨伝導ヘッドフォンがあるのか調べた結果こんなのを見つけました。

既に骨伝導ヘッドフォンって実用化されてるんですね。

これのレビューを見る限り音質は結構よさそうなんですが、骨伝導ヘッドフォンであるにも関わらず盛大に音漏れするって書いてありますね。
骨伝導って、純粋に骨を通してだけで音が伝わった場合、理論的には通常の空気を伝わった音と遜色ないレベルまで持っていけるんだろうか。

そしてSONYがどのくらい音漏れをなくしつつ、どのくらいの音質で新しいヘッドフォン「N」を世に送り出してくるのか・・・非常に楽しみですね。

価格と品質のバランスが上手くとれればめちゃくちゃ売れそうです。首にかけるデバイスということで、ネックレスの拡張版みたいな感じでファッションとの相性も良さそうで広がりを感じさせます。

完成度次第ではウォークマン以来の感じで世界を席巻できちゃうポテンシャルありますねえ。

首にかけてるし、そもそも骨伝導なのかって感じですが、音漏れなく音質のいい音楽を耳を塞がずに聴けるという目的がかなうのであれば、なんだっていいわ(笑)

出たら是非手に入れたいですね〜。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. レビュー

    MediaMation MX4Dの映画を体験した感想

    日本に16箇所しか設置されていないというMX4Dという映画視聴システム…

  2. ゲーム

    「連鎖ノ試練」 答え合わせ- エンジニア専用RPG CODE QUESTで使ったコード

    ツイッターを見ていたら面白そうなツイートが流れてきた。┏┳┳┳…

  3. グルメ

    コスパ最高の70%カカオが香るチョコレート「スペリオールエクアトゥール」

    最近2kg程度体重が増えまして「そろそろ低糖質ダイエットでも始めるか(…

  4. レビュー

    Bluetoothイヤフォンをまだ持ってない人に見てほしい。Tenswall イヤホンレビュー

    先日Bluetooth(以下BT)のイヤフォンを買いました。BTと…

  5. Mac

    Macbookの保護の為に、最初にこれだけは買うべきもの

    先日、Macbookの画面を見ていたら、ポツン、と何か透明のものが画面…

  6. レビュー

    自分のイビキの確認がしたい人へ。睡眠中の様子を見守るSleep Cycleが面白かった

    私の年代はいわゆるデジタルネイティブの1世代目に当たるのではないだろう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. ライフハック

    正しい仮眠をとって元気に一日を過ごす!というのを試してみました
  2. お店紹介

    佐世保市広田町にあるハイセンス美容室「NUTS」の撮影
  3. 日記

    この世はやるかやられるか…?僕がこの手にかけた命の話
  4. 日記

    人は楽器ではなく、音楽そのものだと思う。
  5. こころ

    慣れること、飽きること、僕らはいつも新しいこと
PAGE TOP