写真

【写真】佐世保の街角写真

街角写真ってかなり感覚が冴えてないと良い写真が撮れないんですよね。僕の場合。
写真家の人の中にはなんでもない日常の写真がとてつもなく素晴らしい人がたくさん居ますね。

この日はヨサコイの祭りを一日使って撮影した日の帰り道でした。
一日中カメラを持っていると、かなり感覚が冴え渡ります。

写真を初めて思ったんですが、結構スポーツと似ているところもあるんですよね。
面白い事にギターとかも同じなんですが、やっぱりその日その日で写真を撮り始めてから何時間か経たないと、集中の世界に入れないんですね。
上手いこと操れないわけです。

さーて始めるぞ(パシャー)
うわー、いい写真撮れたー!

とはならないわけです。
スポーツと違って体が温まらないと良い写真が撮れないとかって事ではないはずなのに。
むしろ、スポーツよりもいわゆるゾーンに入るのは時間がかかるかも知れません。

僕の場合には、カメラを握ってから2〜3時間後くらいに感覚が冴えてきます。
ファインダーの中の世界が自分の感覚と一体化していくんですね。
出来上がりの写真が想像出来るようになってくる。

という事で、結構冴えた時に撮った写真です。
適当に撮ったんですけど、それでもなかなか良い写真じゃないかと。

たまには自画自賛してしまうわけです。

佐世保のメインストリート的な

佐世保のメインストリート的な

縦構図で

縦構図で

駐車場の光の廻り方が素敵だったので

駐車場の光の廻り方が素敵だったので

電線とビルの明暗

電線とビルの明暗

佐世保川とアルバカーキ橋

佐世保川とアルバカーキ橋と共済病院

いい写真だと思ってもらえたでしょうか笑

まあぶっちゃけた話、撮った時全然頑張ってないです。
でも逆にそういう頑張ってない、肩の力抜けた感じが良かったりするんですよね。

「いい写真」とはなんだろうと、カメラを握る度に自問自答するのですが、結局リラックスして撮れるような写真が僕は好きな様な気がします。

こんなの、1ヶ月後には変わっているかも知れない想いですが、今はそう想いました。ははは。

それではまた。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    プラスでもマイナスでもなく、あるがままに見ること

    先日、父親から「時間のあるときに連絡をください。」という文面のメールを…

  2. エッセイ

    石木ダム建造予定地の川原地区に行ってきて、ダムについて調べてみたよ

    この間、させぼ通信という佐世保の情報サイトを運営しているタケディーから…

  3. 歴史的な大雪を観測した佐世保を散歩してきた写真

    いや〜、すごかったですね。佐世保の大雪。うちなんてちょっと坂の上に…

  4. のぐちさん

    のぐちさんは、僕の5さい年上の先輩で、後輩の面倒見のいい、優しいひとで…

  5. スポット

    【写真】ハウステンボスでの撮影「白羊」と「黒羊」その2

    ハウステンボスで撮影した小さな蜘蛛の写真ですが、とてもキャッチーな色…

  6. こころ

    あなたの生きているその瞬間に、花を添えたいんだよ

    今見てるぼくの景色は、他人の目を通してみるとまったく別の景色に写るもの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. エッセイ

    気持ちが落ち込んだ時に僕が考えている事。「反応しない練習」を読んで。
  2. エッセイ

    温泉の良さは水風呂にあると見つけたり
  3. レビュー

    池上彰さんの「おとなの教養」を読んだ
  4. スポット

    久々の土日スケート at 武雄白岩スケートパーク
  5. コンピューター

    今買うならコレ!な電子書籍リーダー、タブレット端末
PAGE TOP