Riversidewangのひとびと

先日、Riversidewangというチームの撮影をさせていただきました。

Riversidewangはラップを得意とする人々の集まりで、最近は服飾ブランドとして全国に向けて、その独特のセンスを武器としたアイテムをリリースしているようです。

その中心的人物のジェシーとは旧知の仲で、僕が以前スタジオをさせてもらっていた頃、ラッパーとしての彼のアーティスト写真を撮影させてもらった事のある縁もあり、今回も撮らせてもらえる事になりました。

かつてスタジオで撮影したジェシーのアーティスト写真

かつてスタジオで撮影したジェシーのアーティスト写真

久しぶりに会った彼は、少し、いい意味で変わっていたように感じました。

でも、相変わらずなやんちゃさも残していて、それが懐かしくも感じました。

ニミッツパークの木の下で

ニミッツパークの木の下で

ジェシー

ジェシー

いっきゅうさん

いっきゅうさん

シューシュー

シューシュー

DJユーキ

DJユーキ

みんなでパールシーへ向かう

みんなでパールシーへ向かう

熊Thugさん

熊Thugさん

久しぶりの仲間たちとの再会に穏やかな時が流れる

久しぶりの仲間たちとの再会に穏やかな時が流れる

IMG_2760-Edit

鹿子前にある、ジェシーの特別な場所にて

鹿子前にある、ジェシーの特別な場所にて

IMG_2857-Edit

忘れてはならないのが、彼らの仲間の一人である、「田中達也(MOJA)」氏の存在。

彼は今、単身沖縄の石垣島に移り住み、そこで店をやって暮らしている。

地元を離れてしまった彼だが、冷めやらぬラップへの情熱を作品にして先日Youtube上でリリースしていた。

ここまでやるなんて大したものだという、感嘆とともに笑いが漏れました。

僕は彼の事を応援しています。


いくつになっても地元と仲間を大切にしている彼らの間に流れている空気はとても優しかった。

なにかの志をもてるという事は、素晴らしい事だと思う。

彼らは主にツイッター上で発信していて、最近はコアなファンがつき始めているようで、これからが楽しみだなあと思っています。

リバーサイドワン(@riversidewang)さん | Twitter

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

「仲間との休日」の様な写真は初めて撮らせてもらいましたが、普段は彼らと一緒にいる事のない僕がレンズを向けても、暖かく受け入れてくれた事に感謝しています。

今から10年、20年の時が経ったあとに、彼らにとって「この写真懐かしいな〜」と笑いながら見返してもらえるような写真が撮れたとすれば、この上ない幸せですね。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    「日々を大切に生きる」の具体的なこと

    このブログの読者の人たちは何歳くらいの人たちなのか。アクセ…

  2. エッセイ

    最近の僕の仕事と、プログラミングというものについて

    最近は人の血糖値を光を使って測定する装置のソフトウェアを作っているんで…

  3. ニュース

    履くと足が臭くなる靴の持ち主に朗報。超すごい最強の消臭剤見つけました

    小学生の頃は学校の靴を庭先で洗っていたりしていたもんです。しかし…

  4. スポット

    佐世保市、愛宕(あたご)祭りに行ってきました。

    僕は同じ佐世保市内でも南の方に位置する早岐の方面で育ち、あたご祭りは佐…

  5. エッセイ

    夏に海で頭が痛くなる理由はこれだったのか。ビールによる脱水症に気をつけましょう。

    本日、金重島という佐世保市大潟町の沖にある無人島に遊びに行ってきました…

  6. 動画

    【動画】震災から4ヶ月、熊本県の被災地の様子をみてきました。

    この土日、熊本県の上益城郡山都町島木水増というところまで行ってきました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. 写真

    【写真】佐世保の街角写真
  2. レビュー

    失敗した買い物シリーズ〜macアプリ「OmmWriter」その致命的バグ〜
  3. 写真

    私920の撮影した写真を、見やすく掲載する為のサイトを立ち上げました。
  4. コンピューター

    今買うならコレ!な電子書籍リーダー、タブレット端末
  5. ウェブサービス

    パソコンとウェブサービスを使った情報の保管と、その功罪。
PAGE TOP