お店紹介

東彼杵にあるSorriso risoの中にあるGONUTSという古着屋さん

以前は川棚町でお店をされていたこちらGonutsですが、東彼杵の方に移られていたのですね。

SNSではよく、その存在を見かけていたのですが、今回初めて行ってきました。

Gonutsにはアンティークな置物や建具、小物がたくさんあります。

メインは古着屋さんで、一緒に行った女性たちは「かわいいかわいい」言っておりました。

古着好きにはたまらないお店のようです。

写真を撮らせていただいたので、お店の雰囲気が伝われば幸いです。

Gonutsの写真

電球は何度撮っても撮りたくなりますね。

電球は何度撮っても撮りたくなりますね。

どうやって行くんだあっちの方って思ったら隠し扉があったのでした。好奇心がくすぐられる作り

どうやって行くんだあっちの方って思ったら隠し扉があったのでした。好奇心がくすぐられる作り

IMG_1645

もともと米倉庫だったので、窓は全部あとから付けたそうです。すごい。

もともと米倉庫だったので、窓は全部あとから付けたそうです。すごい。

IMG_1648

IMG_1652

IMG_1655

遊び心があっていいですね

遊び心があっていいですね

IMG_1659

IMG_1660

IMG_1665

インパクトのある変態紳士の置物が気になりました

インパクトのある変態紳士の置物が気になりました

IMG_1669

隠し扉の先の窓から

隠し扉の先の窓から

あまりのリアルさに、これ本物かな?って

あまりのリアルさに、これ本物かな?って言ったら「んなわけないやろ!」って。目が優しい。

かっこいい枠ですこと

かっこいい枠だなあ

おとなりの皮やさん。看板は牛皮らしいです。でっかい。

おとなりの皮やさん。看板は牛皮らしいです。でっかい。

実はGONUTSオーナーの「おきちゃん」とは高校生くらいの時からの知り合いという。ギターが上手い彼です。

実はGONUTSオーナーの「おきちゃん」とは高校生くらいの時からの知り合いという。ギターが上手い彼です。

IMG_1694

IMG_1690

Sorriso risoはもともとは米倉庫だったものを改築して、複数のお店の入る複合店舗にしちゃったらしいです。

場所はこちら。

FBのページはこちら。
Gonuts Antique & Supply

他にも皮屋さん、珈琲屋さん、軽食屋さんなどがありましたよ。

それぞれのお店は別々のオーナーがされているようですが、建物全体で統一感のある感じで、よい雰囲気を醸しだしていました。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

もともと使う人の居なかった米倉庫をいい感じに蘇らせる。

こういう「価値を掘り出す」的な行為って実に尊いですよね〜。

IMG_1712

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. レビュー

    福岡の写真とペンの収納できるリングノートがよかった話

    本日は彼女と彼女の妹二人と弟一人の計5人で福岡に買い物に行ってきました…

  2. 写真

    私920の撮影した写真を、見やすく掲載する為のサイトを立ち上げました。

    写真ポートフォリオ用のサイトを立ち上げましたこれまでどおり、ブログ…

  3. スポット

    先日ともだちのバンドのライブに行った写真

    先日佐賀県は武雄市にあるサウンドビレッジというところに友達のバンドのラ…

  4. お店紹介

    豊かなるアシカの表情筋 – マクセルアクアパーク品川の旅

    書きたい事が多いのに、ぜんぜん書き出しが間に合わないのはなぜ?答え:…

  5. 写真

    友達の息子【写真】

    先日、ぼちぼち1歳になろうかという赤子がうちにやってきました。最近…

  6. こころ

    あなたの生きているその瞬間に、花を添えたいんだよ

    今見てるぼくの景色は、他人の目を通してみるとまったく別の景色に写るもの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. ニュース

    Appleが広告ブロック機能を標準搭載した事で変わる、これからのネットの未来
  2. 日記

    何歳から子供にスマホを与えようと思っていますか。私の考える携帯通信端末との付き合…
  3. 日記

    鹿児島にやってきました。
  4. 健康

    ダイエット成功者から直聞き!夜に◯◯すれば簡単に痩せるよ
  5. スポーツ

    僕が写真を始めた理由、これから撮りたいもの、情熱の在処
PAGE TOP