お店紹介

東彼杵にあるSorriso risoの中にあるGONUTSという古着屋さん

以前は川棚町でお店をされていたこちらGonutsですが、東彼杵の方に移られていたのですね。

SNSではよく、その存在を見かけていたのですが、今回初めて行ってきました。

Gonutsにはアンティークな置物や建具、小物がたくさんあります。

メインは古着屋さんで、一緒に行った女性たちは「かわいいかわいい」言っておりました。

古着好きにはたまらないお店のようです。

写真を撮らせていただいたので、お店の雰囲気が伝われば幸いです。

Gonutsの写真

電球は何度撮っても撮りたくなりますね。

電球は何度撮っても撮りたくなりますね。

どうやって行くんだあっちの方って思ったら隠し扉があったのでした。好奇心がくすぐられる作り

どうやって行くんだあっちの方って思ったら隠し扉があったのでした。好奇心がくすぐられる作り

IMG_1645

もともと米倉庫だったので、窓は全部あとから付けたそうです。すごい。

もともと米倉庫だったので、窓は全部あとから付けたそうです。すごい。

IMG_1648

IMG_1652

IMG_1655

遊び心があっていいですね

遊び心があっていいですね

IMG_1659

IMG_1660

IMG_1665

インパクトのある変態紳士の置物が気になりました

インパクトのある変態紳士の置物が気になりました

IMG_1669

隠し扉の先の窓から

隠し扉の先の窓から

あまりのリアルさに、これ本物かな?って

あまりのリアルさに、これ本物かな?って言ったら「んなわけないやろ!」って。目が優しい。

かっこいい枠ですこと

かっこいい枠だなあ

おとなりの皮やさん。看板は牛皮らしいです。でっかい。

おとなりの皮やさん。看板は牛皮らしいです。でっかい。

実はGONUTSオーナーの「おきちゃん」とは高校生くらいの時からの知り合いという。ギターが上手い彼です。

実はGONUTSオーナーの「おきちゃん」とは高校生くらいの時からの知り合いという。ギターが上手い彼です。

IMG_1694

IMG_1690

Sorriso risoはもともとは米倉庫だったものを改築して、複数のお店の入る複合店舗にしちゃったらしいです。

場所はこちら。

FBのページはこちら。
Gonuts Antique & Supply

他にも皮屋さん、珈琲屋さん、軽食屋さんなどがありましたよ。

それぞれのお店は別々のオーナーがされているようですが、建物全体で統一感のある感じで、よい雰囲気を醸しだしていました。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

もともと使う人の居なかった米倉庫をいい感じに蘇らせる。

こういう「価値を掘り出す」的な行為って実に尊いですよね〜。

IMG_1712

それではまた♪

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    運について考えてみた。それと、ポートホールンの写真。

    ようやく、西海市にある「オランダ村」跡地にできた「ポートホールン」に行…

  2. エッセイ

    「誰かのため」と言うことが最高?私はあえて「自分のため」と言いたい。

    文章を書いていると、色んな人を思い出します。色んな人が私の心の中に…

  3. スポット

    春分の日の振替休日の日の写真

    この日は本当に、とてもとても良い天気でした。空気ももの凄く澄んでい…

  4. 冬の早朝の国見峠、朝焼けキレイだけど寒すぎっす。国見湖畔公園でモデルさんの撮影写真と撮影テクニックの…

    スタジオ時代から懇意にしていただいている坂本さんと、国見峠の頂上付近に…

  5. エッセイ

    アニメみたいな写真が撮れないのはなぜか

    最近、「コンテンツの秘密」という本を読みました。「コンテンツの秘密…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    例えばあなたが署名を求められたとき、無意識の中で起こる「知っておくべきこと」
  2. コミック

    漫画ハルロックを読んだ感想 電子工作の楽しさと可能性を描いた漫画
  3. エッセイ

    出来ることを精一杯、やった結果ならいいじゃないか
  4. スポーツ

    クーピーさん
  5. エッセイ

    言葉に、色と形を与えること
PAGE TOP