スポット

桜の花の咲く佐世保の写真と、新年度の始まりに購入した手帳のお話

今日は佐世保の街をブラブラしてきました。

写真は少ないのですが、2016年4月の佐世保の桜をご覧ください。

ニミッツパークは毎年多くの花見客で賑わいます

ニミッツパークは毎年多くの花見客で賑わいます

鯨瀬公園のイカリのモニュメント。実に重そうです。

鯨瀬公園のイカリのモニュメント。実に重そうです。

桜は見事に満開を迎えましたね。

桜は見事に満開を迎えましたね。

佐世保川の沿岸に咲く桜。

佐世保川の沿岸に咲く桜。

新年度という事で手帳を買いました。

新年度という事で手帳を買いました。

はっと気づくともう4月の2日。

手帳を買うには絶好の機会だと思い、購入しました。

最近いろいろなアイデアについてメモをする事が多いので、いよいよ手帳が必要だなと思い始めたところだったのです。

僕はこれまで何度か手帳を持つという事をやってきたのですが、そのたびにスケジュールもメモもスマホで十分という結論にいたってしまい、手帳をほっぽり出していたのでした。

しかし、ちょっと思うところあってこれからは朝の時間に手帳を見直す時間を5分くらい作ってみようと思いたち、再度手帳に手をだしたのでした。

これまでアイデアのメモにはGoogle Keepなんかを使っていて、実際とても便利なんですが、書いたことすら忘れるというか、なんとなく意識に浸透しない感じなんですよね。

毎日5分見返せば良いのかもしれないのですが、それだったら手帳にまとめておくのが良い気がして。

なんでそう思うのかは上手く説明が出来ないんですが、本当になんとなく、直感的にそっちがいい気がしました。

なので、手帳が無いときはGoogleKeepにメモをしてから、最終的に手帳に落としこむという事をやってみようかなと思います。

多分、手帳の方が開きやすいと思うんですよね。ああ、そうだ。手帳の方が開きやすいんだ。書いてて気づいた(笑)

あと「ペンで書く」という行為によって、より無意識下に浸透させる事ができるような気がします。

将来、VRの技術がもっと進んで、VR世界にアクセスするデバイス(装置)が進歩してくれれば、手帳もペンも持ち歩かずに自由に空中に出し入れ出来るようになるんでしょうけど。

新しい世界の未来予想。まもなくバーチャル・リアリティの時代が来ます。

将来、そういう時代が訪れるのが実に楽しみです。

とはいえこの間友達と話していて気づいたのですが、デジタルが生まれた事によって駆逐されたアナログのモノっていうのはまだないっぽいんですよね。

アナログは不滅なのでしょうか。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

今なら手帳を上手く使う習慣をつける事ができる気がします。

それではまた♪

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう
🍀

更新情報をお届けします

スポンサーリンク

関連記事

  1. 歴史的な大雪を観測した佐世保を散歩してきた写真

    いや〜、すごかったですね。佐世保の大雪。うちなんてちょっと坂の上に…

  2. イベント

    【写真】オヘル氏による夜のライブカットショーを撮影してきました。

    クラブTEATROにて、10/15土曜日のよる、カットショーが開かれま…

  3. スポット

    【写真】映画シックスティーナインのロケ地、船越町に行ってきた。

    映画「シックスティーナイン」見たことありますか。僕の住んでいるまち…

  4. スポット

    【写真】ハウステンボスでの撮影「白羊」と「黒羊」その2

    ハウステンボスで撮影した小さな蜘蛛の写真ですが、とてもキャッチーな色…

  5. カメラ用品

    西海市の自然は僕の心の故郷感。西海橋公園を散歩してきました写真

    先日購入したカメラ用肩かけホルスターの長時間使用の具合を確認するために…

  6. スポット

    【写真】武雄「白岩スケートパーク」に行ってきた

    休みの日、ついつい武雄の方に足が向いてしまうのは、「めん勝」のうどんが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

スポンサーリンク

  1. mvno格安SIM

    安くで携帯電話を使う方法 – 格安SIMの事を調べてみた
  2. 日記

    仕事が大好きな職人だった、爺ちゃんの話
  3. スポット

    ハウステンボスで面白かったアトラクションの事と夜の部の写真
  4. Linux

    Linuxを愛する私がMacBookPro ME865J/Aを一日さわってみた感…
  5. 日記

    多分全部がちょうどいい。「焦らない力」について
PAGE TOP