写真

僕は佐世保の中心部の辺りでは木風町の山道が一番好きです。

この曲は僕がジャズの魅力を改めて発見した曲と言っていいのかなと思います。

昔からジャズは嫌いではなかったですが、まあ別段好きでもありませんでした。

でもこの曲と出会ってからはジャズで素敵な曲というのをいろいろ探したくなったんです。

今日の事

今日はどうしても仕事を早退しないといけない用事があったので、自転車にのって会社から帰りすがら、車に乗って用事から家に帰りすがらに写真を撮影しました。

その用事というのは僕の携帯電話を話題のMVNOに変更するという内容だったのですが、この事を詳しく話すと軽く1記事出来上がってしまうので、近々改めてご報告したいと思います。

ということで写真をご覧頂きたいと思います。

木から芽吹く若木?冬直前だというのに健気な木だなと思いました。

木から芽吹く若木?冬直前だというのに健気な木だなと思いました。

蜘蛛を嫌いな人は多いかと思うのですが、僕は蜘蛛の事嫌いではないです。蜘蛛の巣の形や、蜘蛛自体の形や生き方ってとても良く出来ているなと思います。

蜘蛛を嫌いな人は多いかと思うのですが、僕は蜘蛛の事嫌いではないです。蜘蛛の巣の形や、蜘蛛自体の形や生き方ってとても良く出来ているなと思います。

木の表面に生える草が好きです。これは木自体から生えているのでしょうか、それとも別の草の種がひっついて生えているのでしょうか。

木の表面に生える草が好きです。これは木自体から生えているのでしょうか、それとも別の草の種がひっついて生えているのでしょうか。

今日もおだやかな佐世保川の水面

今日もおだやかな佐世保川の水面

僕は佐世保の中心部あたりでは、この木風のあたりを通っている山道が一番好きです。

僕は佐世保の中心部あたりでは、この木風のあたりを通っている山道が一番好きです。

最後の写真の撮り方とか構図とか、我ながら結構好きだなと思うのです。

しかし、手持ちで撮影しているため画質に限界を感じます。

最近、いよいよ三脚をもってまわって撮るみたいなスタイルになりつつある自分の変化を感じています。

最近景色を撮る事がとても好きになってきて、やっぱり景色をちゃんと撮ろうと思うと三脚が必要なんですよね。

なのでこのたびできるだけ軽くて、小さくて、バッグに入るサイズの三脚を買ってしまいました。

届いてから改めてご紹介させてもらいます。

書きたいことはたくさんあるのですが、一旦このあたりでシメとさせていただきます。

本日もG線上のきりんにお越しいただきありがとうございました。

欄外

きりんって英語でGiraffeなのに、なんで日本語できりんって言うか知っていますか?

それは、中国の伝説のあの聖獣に似ているからなんですね。
maxresdefault

足元の虫一匹すらも殺す事を恐れ、曲がるときは直角にまがり、足あとは完全な円、鳴き声はドレミファソラシドらしいです。

最高におもしろいやつだなと思いました。

それではまた。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 日記

    朝からジョギングをしてみました。

    最近、朝からジョギングをはじめてみた。とはいえまだまだ始めたば…

  2. レビュー

    マクロ撮影にも良く、軽くて強い!ポータブル三脚 Rangers RA010を使ってみた感想

    自転車で移動しながら街の様子や夕日を撮影するという事をやってみたんです…

  3. エッセイ

    夏に海で頭が痛くなる理由はこれだったのか。ビールによる脱水症に気をつけましょう。

    本日、金重島という佐世保市大潟町の沖にある無人島に遊びに行ってきました…

  4. エッセイ

    こわれてしまったクルマのこと

    先日、突然うごかなくなった僕のクルマ。レッカー車に積んで、車屋…

  5. 写真

    朝自転車で通勤しながら写真を撮影する朝活はじめました。

    自転車で通勤してたらいつも出会う外国人のおじさんがいるんですが、その人…

  6. 写真

    HTBよ永遠に。HTBpark last partyの写真

    佐世保唯一のSKATE&BMX室内パークのHTBparkがこの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. エッセイ

    顎を触りながら唇を触る癖のある人は◯◯がしたいらしい。
  2. エッセイ

    人がよく生きる為に気をつけることは、たった一つで十分だよね。
  3. エッセイ

    わざわざスピードを上げて、車線に入ろうとする車を妨害するドライバーについて
  4. コミック

    「皇国の守護者」を読んだレビュー
  5. エッセイ

    「日々を大切に生きる」の具体的なこと
PAGE TOP