エッセイ

何歳から子供にスマホを与えようと思っていますか。私の考える携帯通信端末との付き合いかた。

自分には子供が居ないのに、子供にスマホをもたせる時期について最近考えています。

もし自分に子供がいたとして、そういった通信端末をもたせるのは何歳からにするべきか。

できれば自分の子供には、高校生くらいになるまでは携帯ゲームやスマホ等、持ち運べる情報端末は持たせたくないなと。

その代わり物凄く小さいうちから有害コンテンツ規制フィルタをかけまくったPCを渡すと思います。デスクトップPC、大画面のやつを。

なぜ大画面かというと、その画面の大きさから得られる情報量が必要だと思うからです。

例えばWikipediaとかを見ていても、パソコンの大画面だと多くの参照情報が一度に見られるのに対し、スマホだとどうしても見れる部分が限定的になってしまうんですよね。
おそらく、パソコンの画面で見る場合に比べて見落とす部分がかなり出てくるのではないかと。

大人にも言える事ですが、特に子供には、大量のインプットが必要だと思います。特に一つの物事をできるだけ多角的に見る事が出来る目を養えると良いと思います。
それらの情報が頭の中で有機的に結びつく事で「知恵」が生まれるのだと思うのです。

液晶の小さい情報端末は所詮「消費用」だと思う

例えば、子供はどの子でも大きな創造性を秘めていると思うんですが、その子達が「音楽が作りたい」「絵が描きたい」「文章を書いてみたい」という欲求にスマートフォンでも少なからず対応できるかとは思うのですが、その能力はパソコンの比ではないんですよね。

上記の芸術的な事柄に加えて僕は、できれば自分の子供にはプログラミングが出来るようにもなってほしいと思います。

プログラミングの仕事はなくならない

プログラミングの仕事って言うのは、決してなくなる事がないんですよね。
といえば語弊があるのかも知れませんが、プログラミングの仕事がなくなった時というのは、すなわち人間の役目が終わるときなんですよね。

プログラミングの仕事がなくなるとき=AIが自発的にプログラムを組み始めるとき。
すなわちシンギュラリティの訪れです。
シンギュラリティ(技術的特異点) – Wikipedia

人類はいずれ、自発的に自己のプログラムを書き換える事が出来るプログラムを開発すると思いますが、その日までプログラマーの必要性は最低限保証されると思うのです。

これからの時代、ほぼ全員にとってプログラミング能力が必須だと思う

加えて、今後、コンピューターと対話する能力というのは、ほぼ全員にとって必須となる能力となっていくと思います。

何においても、機械の手を借りて仕事をしようと思えば、機械に命令をセットする能力が必要になってきます。

洗濯機の全自動ボタンを押すような単純な事が多いとは思いますが、それでも細かい所までの設定をしようと思えばやはり機械と対話する能力というのは高いに越した事はありません。

前回のブログにも書いたんですが、今まで私は自分の写真に縮小処理をかけるときに、わざわざ手間暇かけていたんですが、今は1行のコードを実行するだけで全ての画像の縮小処理が出来るようになりました。

佐賀県 有田町 竜門ダムに行ってきました。

日々何度も繰り返すような事を自動化できれば、人生を通して考えた場合、何日間短縮出来るのかという事になります。

こういった個々のニーズに応える様な処理をさせようと思えば、やはりプログラムを直接いじれる方がいいのではないかと思います。

まあ、こんな偉そうな事を言っていますが、洗濯機に関しては私よりも、私の母親の方が操作に詳しいといった事が多々あるわけですが。

プロジェクトわらしべについて

赤い葉っぱは、人と交換する事かなわない限界の様相を呈していまして、もはやこれまでと土に還してあげました。

また何か綺麗な物を拾ったら再開したいと思いますが、次回はとりあえずナマ物じゃない方がいいなとは思いつつも、伝説をなぞるならばやはり葉っぱ系からのスタートにしたいという事で悩ましい所です。

いつもG線上のキリンに来ていただいてありがとうございます。

それではまた。

IMG_4438-Edit

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    一日に何時間寝るのが限りなく正解に近いのか

    昨夜、早寝早起きをしようと思って21時に床についたら翌朝8時に目覚めて…

  2. エッセイ

    だれかを感動させるという事について

    「歌というのは誰かに届けようと思って歌わないと」という話を聞いた。…

  3. エッセイ

    多分全部がちょうどいい。「焦らない力」について

    歳を取るごとに日々が味わい深いものに変わっているのを感じる。若…

  4. Mac

    文章を多く書く人はMacを使うべき?「半角/全角」キーと早めに決別するべき理由

    Macbookのキーボードのキー配列って、Unix配列って言われるもの…

  5. エッセイ

    北朝鮮はミサイルを撃ってこないと私が確信している理由

    私の住んでいる佐世保の街には米軍基地がある事で、北朝鮮のミサイルの攻撃…

  6. こころ

    実験してみた。人の目を見て緊張する人は、本当に鼻を見ると良いのか

    僕は、思うのです。人と人が相対した時、その人の事が好きだなあと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    ヴィファーレン長崎を応援しよう!と突然テレビから言われる違和感
  2. エッセイ

    もっと身も心も軽やかになりたい。心にしたがって取捨選択するという事。
  3. エッセイ

    どの角度から見るかがすべてだと思う話
  4. エッセイ

    「誰かのため」と言うことが最高?私はあえて「自分のため」と言いたい。
  5. レビュー

    多分見る時期によって評価の変わる良作。「かぐや姫の物語」を見たよ
PAGE TOP