エッセイ

仕事が大好きな職人だった、爺ちゃんの話

僕のじいちゃんは、もう亡くなったんですが、ペンキ職人で、腕一本で沢山の家族を養って居ました。

それこそ仕事仕事の人で、僕の叔父に事業を譲ってからもずっと、現場の事を気にして、七十くらいに癌にかかって働けなくなってからも、死ぬまで仕事を愛した人でした。

そんな爺ちゃんの後ろ姿をみて育ったので、僕も仕事というものについて結構真剣に考えています。

この人生できっと、僕も爺ちゃんの様に大好きな仕事に巡り会えると信じているんですね。

そんな事を思ったのはこの間仕事について書いてある本を読んだからなんですが。
そこに結構刺さる言葉が書いてあったのでご紹介したいとおもいます。(大体のニュアンスで)

仕事というのは、究極まで分解すると「繰り返される作業」であると。

その作業をどれほど繰り返しても苦にならない作業を見つける事が、仕事を心から好きになれる方法である
と。

その時、人は大きな事をなすことが出来ると。

僕の好きな事ってなんだろう。
少なくとも今勤めている会社の作業が、全て好きであるとはいいにくいです。

例えば僕はプログラムを書くのが好きなんです。

自分の書いたコードが無駄なく、理路整然と動く事に芸術性を感じるからです。

でも、フールプルーフと言われるような、設計時に意図しないような入力が行われた時に、それを警告する的なコードを書くのは好きではありません。

似たような振る舞いの為に、少し変更したコードを書く様なことも出来ればやりたくありません。

あえて非常にわがままを言わせて貰えば、本質の部分が書けたらそれで満足で、それをサポートする部分を書くのは好きでないんですよね。

でもほとんどの場合、そこをおろそかにした場合、商品にならないんですよね。

だから、百パーセント好きな事ではないのかもしれません。

なるほど、道理で出世しないはずです笑

書いてみて凄く納得してしまって自分でも驚いていますが。

やはり、自分は芸術に魂の救いを求めている気がします。

ほかの誰にも出来ない自分にしかなし得ない事に、出来ればずっと労力を注いでいたい。

改めてそう思いますね。

そう言う気持ちがこのブログを始めた気持ちの源泉なのですかね。

自分語りになってしまって申し訳ないんですが、自分のブログなんで好きに書かせてもらいました笑

うちの爺ちゃんは、体を動かす事やペンキを塗るのが本当に大好きだったんだろうなあ。

爺ちゃんの孫として生まれてきて本当によかったと思うよ。

ありがとう爺ちゃん。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    世界平和の実現には、すべての情報がオープンになればいい。

    京都の撮影にやってきたついでに、大阪の難波で3Dを超えた4DMXという…

  2. お店紹介

    波佐見町にある整骨院的なところ「ゼロ均整院」に行ってきた話

    右半身はわりと健康なのに左半身はぼろぼろだった920ですこんにちは。…

  3. エッセイ

    お前変わらないよな〜って言われる時に思う事

    「えー?!」です。変わらない自…

  4. エッセイ

    男にも生理があるらしい…。落ち込んだ時にさっさと回復する方法を考える

    どうやら男性にも女性における「生理」的なものがあるらしく。女性…

  5. エッセイ

    僕たちの嘘は本当のところ、少しも隠せていないんだろう。

    特に目に見えているわけではない、耳に聞こえているワケでもないのに「人の…

  6. エッセイ

    写真コンテストで銀賞をいただきました。

    株式会社インターライフさん主催のコスプレ写真コンテストにて銀賞をいただ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. 写真

    SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMを購入したので写…
  2. ウェブサービス

    ながら聞きで学習できるAmazonの新サービスAudibleがすごい
  3. エッセイ

    子供たちに通信端末を持たせることについての功罪
  4. エッセイ

    運について考えてみた。それと、ポートホールンの写真。
  5. エッセイ

    終わらない青春と、眠らない体を。
PAGE TOP