エッセイ

仕事が大好きな職人だった、爺ちゃんの話

僕のじいちゃんは、もう亡くなったんですが、ペンキ職人で、腕一本で沢山の家族を養って居ました。

それこそ仕事仕事の人で、僕の叔父に事業を譲ってからもずっと、現場の事を気にして、七十くらいに癌にかかって働けなくなってからも、死ぬまで仕事を愛した人でした。

そんな爺ちゃんの後ろ姿をみて育ったので、僕も仕事というものについて結構真剣に考えています。

この人生できっと、僕も爺ちゃんの様に大好きな仕事に巡り会えると信じているんですね。

そんな事を思ったのはこの間仕事について書いてある本を読んだからなんですが。
そこに結構刺さる言葉が書いてあったのでご紹介したいとおもいます。(大体のニュアンスで)

仕事というのは、究極まで分解すると「繰り返される作業」であると。

その作業をどれほど繰り返しても苦にならない作業を見つける事が、仕事を心から好きになれる方法である
と。

その時、人は大きな事をなすことが出来ると。

僕の好きな事ってなんだろう。
少なくとも今勤めている会社の作業が、全て好きであるとはいいにくいです。

例えば僕はプログラムを書くのが好きなんです。

自分の書いたコードが無駄なく、理路整然と動く事に芸術性を感じるからです。

でも、フールプルーフと言われるような、設計時に意図しないような入力が行われた時に、それを警告する的なコードを書くのは好きではありません。

似たような振る舞いの為に、少し変更したコードを書く様なことも出来ればやりたくありません。

あえて非常にわがままを言わせて貰えば、本質の部分が書けたらそれで満足で、それをサポートする部分を書くのは好きでないんですよね。

でもほとんどの場合、そこをおろそかにした場合、商品にならないんですよね。

だから、百パーセント好きな事ではないのかもしれません。

なるほど、道理で出世しないはずです笑

書いてみて凄く納得してしまって自分でも驚いていますが。

やはり、自分は芸術に魂の救いを求めている気がします。

ほかの誰にも出来ない自分にしかなし得ない事に、出来ればずっと労力を注いでいたい。

改めてそう思いますね。

そう言う気持ちがこのブログを始めた気持ちの源泉なのですかね。

自分語りになってしまって申し訳ないんですが、自分のブログなんで好きに書かせてもらいました笑

うちの爺ちゃんは、体を動かす事やペンキを塗るのが本当に大好きだったんだろうなあ。

爺ちゃんの孫として生まれてきて本当によかったと思うよ。

ありがとう爺ちゃん。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    土日の部活がなくなるかも?子どもたちはもっと広く可能性を探す事が出来る気がする。

    僕は中学生の頃、部活をやっていなかった。正確に言うと中学校の入…

  2. エッセイ

    長時間のバスなどの車中旅行の前に準備しておくと良いもの。A.首枕

    先日、ぼくは鹿児島県の東側の半島、大隅半島に向かっていました。…

  3. エッセイ

    スマートフォンの手帳型カバーの功罪

    この間画面バリバリになったスマホを交換してから、次は絶対に割るまいと決…

  4. エッセイ

    書き言葉で受ける印象は。僕はですます調だけれども。

    最近のぼくは、ブログの文体をですます調で書くことが多いです。べ…

  5. お話

    ひび割れた水瓶のお話

    あるところにご主人様のために水を運ぶ人がいました。その人は毎日…

  6. エッセイ

    悲しい先入観はもたない。

    人との付き合いの中で、誰かのうわさ話を聞いてしまう事はよくあること…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. 写真

    佐世保市鹿子前町にある古い建物の写真
  2. コンピューター

    コンピュータープログラムって具体的にどんな事ができるの?プログラムでひろがる可能…
  3. エッセイ

    上手くやる必要はないから、とにかく表現を重ねて行くことが重要。公開が恐ろしいもの…
  4. お店紹介

    東彼杵にあるSorriso risoの中にあるGONUTSという古着屋さん
  5. ウェブサービス

    今ままでdisってごめん!このタブレットやっぱり即買だわ(笑)Amazon Ki…
PAGE TOP