エッセイ

ヴィファーレン長崎を応援しよう!と突然テレビから言われる違和感

ちょっと前に店でラーメンを食べていたときの事。

視界の端っこの方で何の気なしにテレビを見ていると、地方テレビ局のCMが流れていた。
詳しくは覚えていないのだが、サッカーに関連する様子の映像だった。

そしてCMの最後に「ヴィファーレン長崎を応援しよう!」とナレーションの人が言ったのだった。

僕は瞬間、この言葉がとても心にひっかかるのを感じた。
具体的には
人がラーメンを食べているのに、なんだね君は、突然に、そんな・・・。 という心境。

あらかじめ言っておくと、そもそも僕はスポーツ観戦にあまり興味がない。
なのでヴィファーレン長崎についても、地元のサッカークラブである事以外何もしらない。

もちろん、あのテレビCMが僕にだけ向けたものではなく、そのうえ僕がやたらひねくれた受け取り方をしているのは百も承知だ。

しかし、食事をしている時に突然、まったく知らない相手から「応援しよう!」と言われる事は気持ちのいいものではなかった。

今これを書きながら思い出したのは漫画「孤独のグルメ」の有名な一節である。
「モノを食べる時はね 誰にも邪魔されず自由で なんというか救われてなきゃあダメなんだ」

つまり僕が言いたいのは
飯時に電波の力にモノを言わせて「応援しよう!」なんて無遠慮なCMを流しているヴィファーレン長崎の広報は、顧客視点が足りていないと言わざるを得ないということだ。

あ、ヴィファーレン長崎自体が制作、放送しているとも限らないか。

なんにせよ、せめてこの場合「応援してくださいね。」くらいの下から行く感じは人気商売として最低限かと思う。

または「応援してみる?」「応援したいと思います?」などと語りかけてみるのはいかがだろうか。

意表をついて「加勢を願いたもうぞ」なんて武士語で言ってもらえたならば、「ヴィファーレン長崎、一度見てみるか」という気持ちになったと思う。
蛇足だが、そうして見に行ったウェブサイトの選手紹介ページで全員が見事なちょんまげ姿だったなら、僕は一瞬で恋に落ちるだろう。

いずれにしても、あのCMの目的は、そのまんま「ヴィファーレン長崎を応援して欲しい」事だと思う。

応援して欲しいのなら素直にそう言えばいいのに、「応援しよう!」なんていう言い方は可愛げがない。

なにごとによっても、物事には可愛げが必要であり、
同じ目的を達成するのでも、言葉の使い方一つで絶妙に効果が違ってくるだろう
という事を思ったのでした。


本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

G線上のきりんを応援しよう!なんて言えない。

たまにこのブログを応援しています、的なメッセージをいただくととても嬉しいです。

これからも皆さんの応援あっての「G線上のきりん」をよろしくおねがいもうしあげ候。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    株やFXの短期トレードで長期的に勝ち続ける事が出来ない理由

    都会の方では株価や為替の乱高下に合わせて電車が止まったりするようですね…

  2. エッセイ

    悲しい先入観はもたない。

    人との付き合いの中で、誰かのうわさ話を聞いてしまう事はよくあること…

  3. エッセイ

    ディストピアを食い止める意思を。コンピューターの発展の先にある未来の話

    僕はコンピューターが大好きです。人類が誕生してかれこれ500万年か…

  4. エッセイ

    スッキリ明解。出来れば皆に好かれたいと思っている人はこのイラストを見て考えて欲しい。

    みんな誰しも多かれ少なかれ「人から気に入られたい、それも出来れば全員か…

  5. エッセイ

    ぼくの夏休みだった

    最近は車がないので、朝から自転車で通勤しています。とちゅうで公…

  6. エッセイ

    言葉に、色と形を与えること

    文章はどこまでもどこまでも自由だ。音楽はたった7つの音の組み合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. 写真

    佐世保市コミュニティセンターで開催されたのど自慢大会に行ってきました。暗い場所で…
  2. エッセイ

    小さな頃から世話になっているスゴイおじちゃんの夢
  3. エッセイ

    プログラミング技術が必修になる。2020年からの小中学教育
  4. スポット

    旧陸軍の佐世保湾を防衛するための要塞、小首堡塁に行ってきました。
  5. エッセイ

    もう環境のせいにはできない – もしも世界が思い通りなら。
PAGE TOP