エッセイ

これにて一年分、365記事がようやく書けました

去年の8月から開始したこのブログですが、ようやく365記事目に到達しました。

意外と時間がかかってしまいましたねー。

まあ僕自身はあいかわらず楽しく書かせてもらっています。

このブログ、「ほぼ毎日」更新ブログとうたっているのですが、本心のところでは毎日欠かさず書きたいものだと思っているんですよ。

しかしこの「毎日欠かさず〇〇する」というのが本当に難しい。

そして何でもいい、自分の成長の糧になるような事を毎日欠かさずやる事が出来たなら、その人はいわゆる人生の達人になれる人なのだとおもいます。

こういう部分の安定感が自分にまだまだ足りていない部分だなあと感じています。

毎日淡々と、蛇口をひねるように物事をこなしたいものです。

どこかで見た誰かが言っていたセリフで、ぼくのなかに印象深く残っている言葉があります。

「無頼漢を気取って不摂生な毎日を送る人間の毒よりも、規則正しく毎日を生きる人間の毒の方が濃ゆい」

細かいところは違うと思うのですが、おおむねこういう意味のセリフでした。

ぼくは別に良質の毒が出したいというワケではないのですが、ここでいう「毒」というのは、いわゆる人間の厚みのようなものだと理解しています。

むかしは毎日街にでてワイワイみんなと酒を飲んで過ごしていたぼくでしたが、実際のところは酒の味も人のことも、自分のことでさえもさっぱり分からず日々を過ごしていました。

言ったら今でもぜんぜん分かっていないんですけどね!w

ただ、「分からない」という事が分かったくらいには、分かるようになってきた気がしています。

もちろんそれは自慢できるようなものではまったくないのですが、ひとつの事実としてね。

そして結局、自分を育てるのは寂しさを感じるような独りの時間なのではないかなあと思う次第です。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

「人間は自分の好きなことだけを、するべきだ」とか

「自分のとくいなものだけ伸ばせばいい」など、それは確かにひとつの理想なんですけどね!

理想はカンペキにはなし得ないということもまた真なりなのです。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    今日見つけた、いい写真というものについての1つの答え

    ついこの間普遍的な事は存在しないと、思い至った訳だけど、いい写真ってな…

  2. エッセイ

    ダイエット成功者から直聞き!夜に◯◯すれば簡単に痩せるよ

    お昼ごはんを求めて道をあるいていると、目の前の人が僕に向かって手をふっ…

  3. エッセイ

    いちばん近くて、いちばん遠い、自分自身。

    「みんなが決めたからそうする。」ということが社会にはとてもおお…

  4. エッセイ

    鹿児島の知覧にある、特攻平和記念館に行ってきました。

    鹿児島の知覧にある特攻平和記念館に行ってきました。…

  5. エッセイ

    スマートフォンの手帳型カバーの功罪

    この間画面バリバリになったスマホを交換してから、次は絶対に割るまいと決…

  6. エッセイ

    株やFXの短期トレードで長期的に勝ち続ける事が出来ない理由

    都会の方では株価や為替の乱高下に合わせて電車が止まったりするようですね…

コメント

    • ロータス
    • 2016年 10月 12日

    365記事、おめでとうございます。

    素敵な写真と共に、

    考えさせられたり、
    日々の生活の生きるヒントが書いてあり
    勉強になります。
    素敵な感性ですね。
    これからも楽しく読ませて頂きます。

      • 920
      • 2016年 10月 12日

      心あたたまるメッセージをどうもありがとうございます。
      僕の感じたことを書くことが、ロータスさんにとっての楽しみになることは
      僕にとってこれ以上ないよろこびです。
      これからもどうぞよろしくおねがいします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. エッセイ

    僕の周りの立派な人がやっている、信用を得る方法
  2. お店紹介

    富安秀行さんのライブを見て、音楽観が変わった夜
  3. スポット

    CANON 135mm F2.0L USMの試し撮り写真
  4. スポット

    佐賀の九年庵に紅葉狩り、心の旅へ
  5. エッセイ

    この世はやるかやられるか…?僕がこの手にかけた命の話
PAGE TOP