エッセイ

石木ダム建造予定地の川原地区に行ってきて、ダムについて調べてみたよ

この間、させぼ通信という佐世保の情報サイトを運営しているタケディーから「石木ダムの建設予定地の川原(こうばる)ってところにいかね?」とお誘いを受けて行ってきました。

いやー「させぼ通信」、じつにプロフェッショナルなお仕事をしているなあと、いつも見させてもらってます。

ぼくは自分の興味のあることしか書かないアマチュアなので、こういう、お客さんを楽しませるぞ!みたいなスタイルのサイトには少し憧れていたりもします。

やっぱりプロはお客さんの喜ぶことを出来てなんぼなんですよねー。

話がちょっとずれましたね、そうそう、ダム建設予定地の川原地区に行ってきたのです。

この日は「させぼ通信」のもう一人の仕掛人であるフジムラさんも一緒でした。男3人、田舎ドライブです。

とても天気の良い日でした。

川原(こうばる)地区

波佐見 – 川棚間の本道をはずれて10分くらい走ったところにその地区はありました。

そこかしこに「ダムの建設反対!」というかけ札がかかっています。

img_5749

住人のほとんどはダム用地の買収に応じてすでに土地を去っておられるらしいのですが、いまだに多くの住人の方が土地に残り、ダムの建設に反対されているようです。

たくさんの稲穂が実る、とても自然豊かな場所です。

img_5725

また、ぼくは知りませんでしたが、ホタルがたくさん見られる場所としても有名なところのようです。

img_5720

ダムについて調べてみたよ

この記事を書くにあたってちょっと石木ダムの事を調べてみました。

石木ダムの場所 http://www.ishikigawa.jpより

石木ダムの場所
http://www.ishikigawa.jpより

このダムの建設計画はそもそも1962年に作られたもので、この地方の治水のためでありました。

加えて平成7年、佐世保で大規模な渇水があったように、佐世保には水が足りていないという側面もあるようです。

これは佐世保市水道局のサイトにおいてあったグラフです。

佐世保の水需要の事情 佐世保市水道局のページよりhttps://www.city.sasebo.lg.jp/suidokyoku/suigen/q8.html

佐世保の水需要の事情
佐世保市水道局のページよりhttps://www.city.sasebo.lg.jp/suidokyoku/suigen/q8.html

んん?

排水量(水源ベース)って言うのが、そもそもどういう試算で出されているのかわかりにくいのですが、最大で3万㎥もの水が近年、日々不足していると書かれています。

毎日不足しているのに、なんで給水制限なり、断水なりが起こらないのだろうかと単純に不思議なんですが、水道局の出している資料はこのとおりです。

たいして、石木川まもり隊-ダムはほんとうに必要か皆で考えましょうでは別の、ちょっとおもしろい資料が見れました。

佐世保地区における水需要の予測と実績

fig1_1_l
fig1_2_l

工場用水については3年間で3倍くらいの水需要予測になってますが、なんか工場の建設予定がこの年にあったのかな?まあ結果は思いっきり外してますが・・・。

また、全体の給水量の予測も跳ね上がっていますが、これも実績は順当に右肩下がりなのがみてとれます。

佐世保市の人口は減少の一途を辿っていますから、そりゃそうだって感じなんですが。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-15-12-46

昨今、さまざまな水まわり用品の節水技術も向上していますからね。

ほんとに水は足りていないの?

こちらの動画、クオリティが高くて面白かったです。

動画の中で佐世保の水は足りている事が数字付きで述べられていました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-07-17-04-24

参照動画以下より

また、上記で示した水需要予測について、根拠となる数字がないという新聞の切り抜きを見つけました。

画像はhttp://blog.goo.ne.jp/hotaru392011/さんの方からお借りしました。

画像はhttp://blog.goo.ne.jp/hotaru392011/
さんの方からお借りしました。

まあ単純に佐世保に住んでるものとしての肌感覚で、水は別に不足してる感じないですもんね。

水不足による断水はおろか、給水制限ですら20年前以来ないですし。

実際的なところ佐世保市の水源のここ20年間くらいの年間平均貯水率がどう推移してるのか見たかったんですが、データがありませんでした。

水道局のウェブサイトには過去30日分のデータはあるので、問い合わせたらもらえるのかも知れませんね。

ダムのメリット・デメリット

さてさて、ダムを作る事のメリットとデメリットを考えてみました。

ダムのメリット

まず、治水ができます。

下流での洪水を、上流にあるダムでの放水量を調節する事によって、ある程度制御する事が可能になります。

今後天気の予測技術などが高まるにつれて、調整の効率も高まっていきます。

つぎに、発電ができます。

ダムの放流の際の水の流れる落差を利用することで発電することができます。これは燃料が必要でなく、半永久的に取り出せるクリーンエネルギーです。

ダムはきちんとメンテナンスを行えば非常に壊れにくいらしく、1900年くらいから今まで運用されているダムもあるそうです。

なので、一度作ってしまえば実に長く使える=低コストでエネルギーを取り出せるようですね。

最後に、水資源をすきな時に取り出すことが出来ます。

必要の無いときに水を貯めておき、必要なときに必要なだけ取り出すことができるようになります。

水が足りないとあらゆる産業、経済活動が成り立たないし、そもそも生き物は生きて行けないので、これはとても重要なことです。

ダムのデメリット

お次はデメリットです。

まず、お金がかかります。

用地買収、ダムの建造費、それらの全ての負担は結局のところ水を使用する人たちが支払うことになります。

佐世保市においても、すでに石木ダムの用地買収費用は水道料金に乗っかっているでしょうし、これからさきダムの建設が始まればさらに水道料金は値上げされるでしょう。

【生活ガイド.com】地域情報[ランキング検索]

こちらで調べたところ、佐世保の水道料金は全国1228地域中313番目に高いようです。これ以上水道料金があがるのはちょっとごめんこうむりたい。

上の動画でも言われていますが、これからさきの人口減にともなって、何もしなくても水道料金は上がっていくでしょうからねー。

つぎに、自然が破壊されます。

ダムになれば広範囲の地区が水の底に沈んでしまうので、そのあたりの植物は人工的に移動させない限り確実に全滅。

動物も逃げ遅れたものはみんな死にます。

ひとくくりに動物と言っても目に見えないほどの微細な生き物も野山には数多く暮らしているはずですからね。

これらを全て殺してその上にダムを作る事になります。

また川に棲んでいる水生生物たちも無事ではすまないものも出てくるでしょう。

まあその後あたらしい命の営みが貯められた水の中に生じていくのでしょうけどね・・・。


最後にぼく個人の意見を言わせてもらえば、ダムは要らないのではないかなあと思います。

四国のあたりは慢性的に水が足りていないようなので、そちらの方に作ってあげては?なんて思ったり。

やっぱり人口は減っていくわけで、この地域ではそんなに水は要らなくなるはずなんですよ。

これは半世紀前に石木ダム計画が出来た時には予想できなかったであろう現状の現実です。

作るのにもたくさんのお金がかかりますが、一度作ってしまったものは管理しなければいけませんからね。

ダムはでかい施設ですから、その維持管理費用もそうとうに高額になりますし、それらのお金は佐世保市民の財布から支払うことになります。

くわえて人間のエゴの為にものすごい数の生き物の命を奪ってしまうことになります。

結局、本当のところ水は足りているのかいないのか、話はそこに尽きると思いますが、本当にダムづくりの必要性があるのか関係者の方には真摯に考えて行動してもらいたいですね。

もしも目先の利益のためや、組織の慣習のためにダムの建造が行われるようなことがあるとすれば、じつに野蛮極まりない行為だと思います。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    書き言葉で受ける印象は。僕はですます調だけれども。

    最近のぼくは、ブログの文体をですます調で書くことが多いです。べ…

  2. エッセイ

    市場の中での自分の価値を1/100万人に出来る話が面白かった

    僕は以前より「ナンバーワンにならなくてもいい、もっともっと特別なオン…

  3. エッセイ

    究極のアンチエイジング!美しさと健康のもとはタンパク質にある。

    突然ですが、タンパク質、みなさん意識してとっていますか?多くの人が…

  4. エッセイ

    いわゆるひとつのライアーゲーム。「人狼ゲーム」で男泣き

    皆さんは人狼ゲームというものをご存知だろうか。僕も名前だけは知…

  5. エッセイ

    生きることは苦しみであるという真理。べつに悲しくなんてないんだからね!

    初期仏教が面白くて引き続き色々と調べているんですが、お釈迦さますごい……

  6. エッセイ

    将棋の一戦の中に見る、人間の知恵と哲学

    近頃は将棋を打てない人が増えているようなので、将棋の話などをしても共感…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. こころ

    ほんとうに必要なものは、少ししかないから。ぼくはモノを捨てまくる。
  2. 写真

    きょうは台風の前日らしい写真
  3. エッセイ

    ニッポンのジレンマ。自動化される社会にベーシックインカムが必要な理由。
  4. mvno格安SIM

    MVNO格安SIMに変更するなら、店頭での手続きをオススメする理由
  5. 写真

    ふくろう写真。ハウステンボスで見て触ってきました
PAGE TOP