エッセイ

TPPが5分で大体分かった感じになるページ

日本政府が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について大筋合意に達したというニュースを見ました。
TPPとはTrans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreementの略で、太平洋に面したTPP加盟国同士が貿易をやりやすくしようという枠組みです。

現在TPP参加国はシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド、ベトナム、ペルー、オーストラリア、アメリカ、マレーシア、カナダ、メキシコ、日本の計12カ国です。
TPP_fig1

日本は12カ国中、最も遅れて2013年に交渉の席についた為、当時は不利な条件を押し付けられるなどとしてTPP参加反対に沸いておりました。

そして今もまだ、反対の声は根強いです。

なぜ反対されるのか。

TPPって何が問題なの?

農業と食料

例えば、最も心配されているのが日本の農業を始めとする、食料自給についての問題です。
日本の食料自給率は先進国の中でも最低の水準であり、グラフで分かる通り、減少し続けています。

減少し続ける食料自給率

減少し続ける食料自給率


先進国の中で食料自給率は最低

先進国の中で食料自給率は最低

これからTPPが始まると、物凄く広大な土地を持つオーストラリアやアメリカの農作物が、大量に安く入ってきます。

狭い土地しか持たない日本の農家は価格面で歯が立たなくなり、廃業してしまうでしょうと。

そうすると日本の国内食料自給率はさらに減少してしまいます。

加えて、水田や畑はただ作物を作るためだけではなく、環境や生態系の維持にも一役買っているので、環境問題にもなると。

外国から入ってくる農作物が本当に安全基準を満たしている物かどうか、という事も問題になります。
しかし、日本の食物安全評価基準も欧米と比べれば劣っているという話もあるので、ひょっとしたら良くなってしまう事もあるのかも知れませんね。

医療

次によくやり玉に上げられるのがこの項目なんですが、国民皆保険制度が崩壊とか言われていますね
しかし、日本や他国に医療保険制度を民営化するよう強要する協定ではない。というアメリカサイドからの発言もあります。

あるTPP反対派側のサイトに、医療機関が自主的に診察料を決定できる保険外診療が増え、それによって医療費や薬価の高騰が予測される。と書いてあったのですが、これがちょっと意味わかんないんですよね。

確かに、TPPが始まり、そういった病院が出来れば、お金を持っている人が保険診療外の先進医療を受けたいとした時に、そういった医療機関にかかる様になる事でしょう。
しかし一般の人々は今まで通り、保険適用の医療機関に診てもらえばいいんじゃないのかな。

国民医療費が右肩上がりの現在、お金持っている人は全額自費で高度な医療を受けてもらえば、国の福祉財源も多少は目減りを防げるんでは。

増え続ける医療費

富裕層が保険診療外の医療を受ける事で、増え続ける医療費もちょっとはマシになるかも

インフラの高騰の可能性

例えばこういう事例があるようです。

米企業アジュリは1999年、ブエノスアイレス地域の水道を30年間運営する権利を取りました。その時から水道水がまともに供給されず、翌年には毒性バクテリアまで検出されました。
地方政府は2001年、アジュリ社の運営権協約を終結させました。当然ですよね。
しかしアジュリは仲裁手続きを申請、2006年7月にアルゼンチン政府から米国-アルゼンチン投資協定に基いて1億6500万ドルの賠償金を受け取りました。
ISD適用事例(メキシコ、カナダ、アルゼンチンなど)|シンシアリーのブログ

これはちょっとあまりにお粗末な話ですよね。
さすがにインフラはその国で管理するべきだと僕は思います。
日本は水道の権利を外資に委託するような事になって欲しくないですね。

・・・とここまでで以上。主に生活に直に影響する所はこんな所かと思います。

その他GDPが上昇するとか下降するとかいう試算が出ているようですが、実際にTPPが完全となった時の多方面への連鎖的影響は計り知れないと思いますので、ここでは話題に挙げない事にします。

この以上TPPが気になる人はこちらをどうぞTPP – Google 検索

TPPを始めとするグローバル化の波はもうしょうがない。

まあ、上の方には延々とTPPの心配事ばかりを書いてきた訳ですが。
これから益々、日本を含めて世界は、否応なしに世界標準の波に呑まれていくだろうと思います。

そもそも単純に世界中、時間さえ経てば勝手に交じり合うものだと思うんですよね。
そこに現代インターネットが出来て、一瞬で通信が出来るようになって、コミュニケーションが簡単になってしまった。

そうなると取引も増えるし、取引が増えて経済的な結びつきが増えるともうケンカとかしてられなくなっちゃうんですよね。

つまり、経済で世界中が密に結びつく事ができれば、世界から戦争はなくなってしまうんじゃないかなあとぼんやりと思う次第です。

このTPPも、明らかに対中国の経済圏の育成を意識していますよね。

これから中国がどうなるかはわかりませんが、とりあえず、東南アジアはすごく伸びてるらしいので、そこと結びつくというのは悪くない話だと思います。

農家の人たちなんかはこれから少しきつい時代がやってくるかも知れませんが、本当にいい仕事をしていればお客さんはついてくるものだと思います。

最近は特別美味しいお米を作って、ネットで販売する事でものすごい顧客と売上を持っている米農家さんなんかもいるようです。

日本はかつて、牛丼が300円くらいで食べられる国ではありませんでした。しかし牛肉を安くでアメリカから輸入できるようになった事で、美味しくしゃぶしゃぶが食べ放題出来るようになったんですね。
そして、その影で沢山の畜産業の人が廃業を迫られたことでしょう。

そんなものだと思います。

多くの新しい試みが行われて、多くの旧いものが壊されて行くんでしょう。

食料自給率の問題だとか、真水が足りなくなる問題だとか、そのうち新技術でなんとかなるだろうと僕は思います。

大事なのは旧いものにしがみつきすぎない事、革新を嫌がらない事だと思います。

なので政治家の方々にはこのことを大きなチャンスと捉えてもらって、前のめりで有利な交渉をやっていってもらいたいものですね。

僕達にも新しいチャンスが巡ってくるかも知れません。
注目したいですね、TPP。

それではまた。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ウェブサービス

    パソコンとウェブサービスを使った情報の保管と、その功罪。

    猫も杓子もインターネットのこのご時世では、みなさんいろんな方法でネット…

  2. サイト紹介

    世界遺産に登録間近!長崎の教会群、旧外海町の出津教会の写真ほか

    世界遺産候補として最近話題の、長崎の教会群とキリスト教の関連遺産のおは…

  3. エッセイ

    この世はやるかやられるか…?僕がこの手にかけた命の話

    先日車でご機嫌なロードを快適なスピードで走行していた時の話です…

  4. Linux

    僕がWindowsではなく、Linuxを使う3つの理由

    以前にも書きました通り、僕はパソコンが大好きです。パソコンというの…

  5. エッセイ

    なぜ自分が知識を得る事を好むのかという事について考えたこと

    僕は本を読んだり、文字を読んだりするのが好きです。知識をえるのが好…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. エッセイ

    夏に海で頭が痛くなる理由はこれだったのか。ビールによる脱水症に気をつけましょう。…
  2. プロジェクト

    わらしべ長者伝説を現代に再現したい。プロジェクトWARASHIBE 始めます。
  3. エッセイ

    言葉に、色と形を与えること
  4. エッセイ

    大人になるということ。その過程で得るもの、失うもの。
  5. 写真

    【写真】佐賀県武雄市白岩スケートパークの補修チャリティーイベントがクラブGETF…
PAGE TOP