エッセイ

背中合わせの優しさと臆病さ

ぼくは基本的には人に対して「それは間違っていますよ。」ということは言いません。

どんなことでも、やってみることで、そこから何かを見出すことができると思うからです。

なので、ぼくは人のやることについて、ああだこうだ言いたくないなあと。

加えて、けっきょくのところ人は、自分で得たと思われる答えでなければ大切にしないのだろうなあと思います。

これは、ぼくにも経験があります。

あなたはそう言いますが、わたしはわたしで、とりあえず行ってみようと思います。と。

けっきょく結果はどうあれ、自分自身もそのとき行ってみてよかったと思っています。

なのでまあ、みんな各々、好きなように生きたらいいんじゃないかなあ。

というスタンスで自分はいるのだと、自分では思っていたんですが、なんか最近そうじゃないのかもと思えてきました。

ぼくは、嫌われたくないだけなのかもしれない。

ぼくは人に苦言を呈して、嫌われてしまうのを恐れているのかもしれないな。と。

この「人から好かれたい」と思う気持ちとか、「人から嫌われたくない」と思う気持ちって、なかなかに根が深いものです。

おそらく、人間は群れをなして生きる動物なので、DNAレベルで刻み込まれている衝動なのでしょうが・・・。

正直、ぼくは「人から好かれたい」と思う気持ちはまだしも、「人から嫌われたくない」っていう気持ちはクソだなーと思います。

「嫌われたくないから◯◯する」「嫌われたくないから◯◯しない」ってもう文面からしてダサいというか。

かといって、短絡的に「あなたのことを思って言いますが、〇〇のほうがいいと思いますよ」と言ったところで、相手がその結論をすでに自分の中にもっていない限りは響かないわけです。

なので、結局のところ、ぼくが他人にどうこう言う意味なんてあんまりないんですよね。

でも、本当に大切な人にはやっぱり言っちゃう。

そのときは、嫌われたくないから、とか好かれたいから、とかじゃなくて、自分なりに本当にその人のためを想って言うわけです。

相手をコントロールしようというつもりではなく、提案として語りかけたいわけです。

そういう場合はわりと伝わることもあるのかなあとも思いますけど、伝わらない場合も多々あります。

ぼくはその時、言葉でどうこうすることの限界を知ります。

その時、少なくともまず自分が、自分の考えるかっこいい生き方をする他ないのだと知るのであります。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

img_8004

かっこいいのか悪いのかっていうのが自分の生き方の一つの大きな指標になるなあと。

かっこ悪いことはしたくないのです。

でもかっこ悪いことを避けることで余計にかっこ悪いことになったりするので、なかなか一筋縄ではいかないのですよ。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    どの角度から見るかがすべてだと思う話

    先日書かせていただきました、こちらの記事http://giraf…

  2. エッセイ

    戦っていますか?敵についての話。

    先日、部活についての記事を書いたら、おもしろいご意見をいただきました。…

  3. エッセイ

    僕の隣のおばあさんが顔を赤らめた時に起こった事

    最近、髪が伸びたのでいきつけの美容室に行ってきました。店内はとてもい…

  4. エッセイ

    まっすぐのまなざし

    人間、やはり誰かに対して後ろめたい事をしてしまう事があると思います。…

  5. エッセイ

    ろうそくの炎のゆらぎと人の矛盾

    矛盾をかかえて生きる全てが一貫している人というのは存在する…

  6. エッセイ

    写真コンテストで銀賞をいただきました。

    株式会社インターライフさん主催のコスプレ写真コンテストにて銀賞をいただ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. エッセイ

    仕事が大好きな職人だった、爺ちゃんの話
  2. 写真

    YOSAKOIはーとらんどの撮影に行ってきました。
  3. こころ

    不安に対抗する術。悲しくはないけど、ただ少し寂しいだけ
  4. エッセイ

    あたまの良い子の育て方。「あたまがいい」というのはどういう事か
  5. エッセイ

    子供たちに通信端末を持たせることについての功罪
PAGE TOP