エッセイ

ぼくの、年々減り続けているプライドについて

ぼくは、つくづく周りの人たちに助けられているなあと、おもう。

あらためてよくよく考えてみると、ぼくはぼくだけの力でなしたことというのが実は、とても少ないのです。

かつては、すべて自分のちからでなんとかしなければと頑張っていました。

なので、現在こういう状況になってしまっていること、むかしのぼくが今のぼくのことをみると、ずいぶん不自由に見えるかもしれません。

というのも、ぼくはかつて、人に恩をうけることが好きではなかったからです。

人から恩を受ければ受けるほど、それが重みに感じてしまっていたんですね。

そのうえ、受けた恩はすぐに返さないと気がすまなかったのです。

でも今は、なんだかそういうのがどうでも良くなったというと語弊がありますが、人生長いのだから、いつかどこかで返すことのできることもあるだろう。

くらいにのんびり構えております。

言ってしまえば、もう一生かかっても返せないほどの恩を受けっぱなしなので、じたばたしてもしょうがないという境地にいたったといいますか。

僕を助けてくださった人々の身になにかあれば、その時は全力で力になりまっせ、精一杯やりまっせと。

そういう心持ちで一生を生きる覚悟が決まったのだと思います。

ぼくは、一人では生きられないし、生きない。

人間どうしのつながり、喜びやしがらみや衝突や慈しみや愛憎や、そういったもの全部を引っさげて生きるはらが決まったのだと思います。

ぼくを助けてくれた、いまも支えてもらっている想いは、また誰か、

ぼくが想う助けを受けるにふさわしいひと、支えることのできる人に渡して、

大きな循環の中で生きることができれば良いのだろうなあと。

おもえば、この生命も肉体も、借り物のような気がします。

いつか大地に返すその時まで、上がったり下がったりも含めてみんなで楽しく過ごしたいですね。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

cloudy-blue-sky

100年後、見渡すかぎりほとんどの人はいなくなってしまうでしょう。

とてもとても悲しい気もしますが、あきれるほどに清々しい事実に肩の力が抜けることもあります。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    この世界はシミュレーターの中であると、私が信じるに至った理由

    先日無事入籍致しました。管理人のクニオですどうも〜。今日はかなりの…

  2. エッセイ

    シンプルな人生がお好みの方へ!初期仏教に関して僕が読んだ本一覧

    どうも〜。最近はすっかり見た目はカトリック、中身は仏教徒のわたしです。…

  3. こころ

    複雑極まる価値観のるつぼ時代を生きる、僕らに必要な心構え

    師走の時期、また忙しい現代社会でありますから、まずは結論を述べさせてい…

  4. エッセイ

    なぜ自分が知識を得る事を好むのかという事について考えたこと

    僕は本を読んだり、文字を読んだりするのが好きです。知識をえるのが好…

  5. お店紹介

    富安秀行さんのライブを見て、音楽観が変わった夜

    人生には時に、わずかのきっかけでその後の人生が変わってしまうような出来…

  6. お金

    「心の豊かさ」とは何か

    先日、昭和初期に生まれたおばあちゃんと話をしました。おばあちゃ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. ニュース

    履くと足が臭くなる靴の持ち主に朗報。超すごい最強の消臭剤見つけました
  2. スポット

    佐賀の九年庵に紅葉狩り、心の旅へ
  3. エッセイ

    早起きの習慣がほしくて、早起きについて調べたこと、そして感じたこと。
  4. コンサート会場など、暗所での撮影で良い写真をとるための3つのこと
  5. ウェブサービス

    今更遅いよ!とは言わないよ。間口が広がる事は良いことだよね!AmazonPrim…
PAGE TOP