エッセイ

まっすぐのまなざし

人間、やはり誰かに対して後ろめたい事をしてしまう事があると思います。

この「後ろめたい」という気持ちをもった時の居心地のわるさといったら、僕が最も敬遠したいものの一つです。

人は、誰とでも同じ態度で接するべきか

僕は以前まで、人間は、誰にでもおなじ態度で接する事がのぞましいと思っていました。

いや、今でもそれが理想ではあると思っています。

しかし、実際のところは理屈ではなく感情的に、そこには、やはり差が出てしまうものなんですよね。

それで、今では「皆に平等に接する」という気持ちをベースにしたそのうえで、接し方の差が出てしまうことを楽しむべきだろうという気持ちでいます。

共産主義国家であるソ連が崩壊したように、良い物も悪いものも平等に扱うことは、悪平等になるのでしょう。

そして、悪貨は良貨を駆逐する、にいたるかも知れません。

僕は、人が誰かに接するその時、本質的には、その人とのふれあいによって生まれる、新しい自分自身との出会いを楽しんでいるのではないかと思うのです。

いろんな人と接するということは、自分自身をより強固に、明確にする作業なのだろうと感じています。

後ろめたさを感じる相手

さて冒頭で書いた通り、誰かに対して後ろめたさを感じたことが皆さんはあるでしょうか。

恥ずかしながら、僕はかつて、いつも後ろめたさを拭いきれない、みじめな人間だったように思います。

後ろめたさを感じなくていいような、限られた交友関係の中から外に出たがらない人間でした。

後ろめたさの原因は色々あるのでしょうが、やっぱり自分に自信がなかったのでしょうね。

自分のやっている事に確信を持てていなかったのです。

いや、上で「僕はかつて」と書きましたが、今だって後ろめたさを感じずにいられるよう、気をつけているのです。

しかし、かなしいかな「水清ければ魚棲まず」の言葉どおり、人は清濁をあわせもって生きるものだとも思います。

つねに100%の公明正大であることは不可能で、それはかならずバランスの崩壊をまねきます。

結局、その中で僕たちに出来ることは、大切な人の目を、まっすぐに見つめることの出来るような生き方をするほかないのだと、今はそう思っています。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

こんな状態でも、向かい風の時は目に雪が入ってきて痛い。

些細なことの様に思えますが、まずは隣にいる大切な人の目を、まっすぐに見つめられる自分でいたいものだと思うのです。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    上手くやる必要はないから、とにかく表現を重ねて行くことが重要。公開が恐ろしいものであればあるほど、い…

    ぼちぼち始めて3ヶ月くらいになるこのブログですが、たまに「書くことない…

  2. エッセイ

    北朝鮮はミサイルを撃ってこないと私が確信している理由

    私の住んでいる佐世保の街には米軍基地がある事で、北朝鮮のミサイルの攻撃…

  3. Linux

    bashからzshに変更しました。僕のたまごっち的な仕事道具

    GUI一般的なパソコンを使う人々はGUI(グラフィカルユーザーイン…

  4. Mac

    タイピングのレベルまで上がっちゃう。世界最高峰のキーボードブランド HHKBの lite2レビュー

    どうもこんにちはこんばんは。本日もタイピングする時間がやってきまし…

  5. エッセイ

    仕事の話の追記と、祭りの後の気持ち。はーとらんどにて。

    仕事についての話の続き前回、僕じゃなくても出来る様な事をやりたくな…

  6. エッセイ

    この世はやるかやられるか…?僕がこの手にかけた命の話

    先日車でご機嫌なロードを快適なスピードで走行していた時の話です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. Linux

    スクリプトを使って、自分の好きな感じの写真(画像)をTwitterで大量に仕入れ…
  2. Mac

    タイピングのレベルまで上がっちゃう。世界最高峰のキーボードブランド HHKBの …
  3. エッセイ

    作りたいものが明確になったとき、意識している事。
  4. お金

    国は借金を返す為にお金を刷りまくればいい。何が悪いの?
  5. エッセイ

    僕の隣のおばあさんが顔を赤らめた時に起こった事
PAGE TOP