お話

ひび割れた水瓶のお話

あるところにご主人様のために水を運ぶ人がいました。

その人は毎日水場に行って、担ぎ棒の先にぶら下げた左右の2つの水瓶を水でいっぱいにします。

そして、山の上のご主人様のもとへと運ぶのでした。

ある日の事、ご主人様のところに着いた時、右側の水瓶の水が半分に減っている事に気づきました。

水瓶を調べてみると、ヒビ割れが入っていたのでした。

その人はそれでも気にせずに、毎日ご主人様のもとに水を運び続けました。

ある日、いつも水を半分にしてしまって、いたたまれなくなった右側の水瓶がいいました。

「自分はもうひび割れてしまい、せっかく運んでもらっているのに、水を半分にしてしまいます。私の事はもういいので、どうか買い換えてください。」

水を運ぶ人は言いました。

「いいんだいいんだ、君はそんな事を気にするんじゃない。」

それからもその人は、毎日同じ水瓶を使ってご主人様のもとに水を運び続けました。

そしてしばらくたったある日、また右側の水瓶が言いました。

「私は出来損ないです。水を満杯にして運ぶ事ができない。私はもう、自分が情けないです。どうか買い換えてください。」

水を運ぶ人は言いました。

「君の下の地面には何がある?」

水瓶は答えました。

「道があって・・・花が咲いています。」

水を運ぶ人が続けていいました。

「君がひび割れた後に、道の右側に花の種を植えたんだ。この辺りはあまり雨が降らないから、なかなか花が咲く事はないが、君のひび割れのおかげで、こんなに綺麗な花の道ができた。ご主人様も喜んでくれている。あとで摘んで持って行ってあげよう。」

水瓶はハッとして、それから涙を流してよろこびました。

これまで大嫌いだった自分のひび割れの事を、今は誇らしく、愛おしく感じる事ができました。

左側の水瓶が言いました。

「これまで、水を満杯にして運ぶ事が出来る自分こそが完璧だと思っていたけれど、僕では花を咲かせる事はできなかった。君はすごい奴だ。」


一見マイナスにしか思えないような事でも、無駄な事はひとつもない。

そんな事を教えてくれる素敵な話だと思います。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

14731948821_a837a56876_z

前向きな心がけとちょっとした知恵で、誰かを、何かを救うことが出来る世界です。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    悲しい先入観はもたない。

    人との付き合いの中で、誰かのうわさ話を聞いてしまう事はよくあること…

  2. エッセイ

    無意味で、全てであるもの。映画「セッション」を見た感想。

    先日、「セッション」という映画を見ました。※多少中身に触れるの…

  3. お金

    三菱東京UFJ(MUFG)も扱い始める「仮想通貨」、時代は変わり続けるよ!

    もしも10年前に戻れるとしたら・・・皆さんは何をするでしょうか。ぼ…

  4. こころ

    あなたの生きているその瞬間に、花を添えたいんだよ

    今見てるぼくの景色は、他人の目を通してみるとまったく別の景色に写るもの…

  5. エッセイ

    土日の部活がなくなるかも?子どもたちはもっと広く可能性を探す事が出来る気がする。

    僕は中学生の頃、部活をやっていなかった。正確に言うと中学校の入…

  6. エッセイ

    昔ちょっとだけ狩人になりたかった

    以前僕は、狩人になりたいと思っていた時期があった。猟銃を手に野山を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. ウェブサービス

    Amazonヤバすぎ。Amazonプライムミュージックが始まったので、早速使って…
  2. エッセイ

    長時間のバスなどの車中旅行の前に準備しておくと良いもの。A.首枕
  3. プロジェクト

    わらしべ長者伝説を現代に再現したい。プロジェクトWARASHIBE 始めます。
  4. Riversidewangのひとびと
  5. エッセイ

    だれかを感動させるという事について
PAGE TOP