エッセイ

大人になるということ。その過程で得るもの、失うもの。

社会人の人なら、同じミスを2回犯してはいけないという話を聞いたことがある人は多いと思う。

僕もかつてはその意見に賛成だった。

一度犯したミスは、対策を立てれば、2度と起きる事はないと。

でも最近、僕はこの考え方がつまらないものだなと感じてしまうようになった。

僕らは毎日なにかしらのミスをする。

毎日なにかしらのミスをして、そのミスを二度と犯してはいけないとすれば、やれる事は毎日減っていく事になってしまう。

僕らは毎日、ミスを犯す自由を奪われていく。

大人になる事の息苦しさなんていうものがあるとすれば、こういう所なのではないかとおもう。

こんな事をいうと、多分、ちゃんとした大人の人から「お前は甘ちゃんだ」とか言われたり思われたりするのだろうとおもう。

でも、人間に完璧なんてありえない。だったら機械化すればいい。いや、機械にすら完璧はありえない。

その証拠に、現代最高の間違いを起こさないシステムであったはずの原発が爆発してしまったんだ。

ミスを起こしてしまった時、ある人は「あなたが気を緩めていたのが悪い」と言うだろう。

でも僕は、ミスをした人の事を責める気になれないんだ。

たぶん、ミスを起こそうと思って起こす人はそういない。

みんな、その人なりの本気を出した上での結果だとおもう。

ある人は言うかも知れない「いや、そんなんじゃまだまだ本気とは言えない」

そういう人は、かつて自分がミスを犯した時、その事についてひどく責められた経験のある人なんだろうとおもう。

100%を達成すれば次は110%を、120%をと高くなり続ける要求は資本主義の原理で、誰かの犠牲を求め続ける。

僕は、出来れば全部が正解の世界になればいいなと夢想する。

そしてそんなものが無いことはわかりきってる、でも。

それに近い様な事を、頭の中で実現することはできる様な気がする。

いっそミスをした自分、怒られる自分、怒る他人を楽しむ他ないのかなと。

自分が世界に影響した事で起こった波紋の様なものを感じるというか。

まあ、我ながら不謹慎な話をしているものだという自覚はあるんだけれども。

人事を尽くせばあとは、天命を待つだけ。

人事と天命の割合は、9:1なのか、1:9なのか、それを知る術は僕らに持たされていない。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

8151075041_cafabea205_z

確実にミスの起こるこの世の中、人の生き死にに関わる仕事をしている人は偉大だとおもう。

あるいはみんな、人の生き死にに関わっているんだけどね。

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    自分探しの旅の終わり

    先日、直ちゃんとドライブしている時の事でした。その時、彼女は僕のブ…

  2. エッセイ

    掃除の習慣を身につけたい人は、お掃除ロボを買うとよい3つの理由

    お掃除ロボの素晴らしさに引き続き感動するとともに、この機械のもたらす相…

  3. エッセイ

    全てのものは無言のメッセージを発している。情報過多の時代の僕らの生き方。

    先日、友人のHideさんから本を贈ってもらいました。ぼくたちに…

  4. エッセイ

    「問題はそれが起きたのと、同じレベルで解決することはない」のセリフに感じる1つ上の世界

    ハローみんな、くにぴょんが最近気に入って聴いてるのはこんな曲だぽよ。…

  5. エッセイ

    わたしという人間

    僕は怖がりなんだった。僕はたぶん、他の人よりも怖がりな…

  6. エッセイ

    32歳になりました

    2015年8月16日、僕は32歳になりました。32歳になってから既に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

月間人気記事

  1. エッセイ

    わたしという人間
  2. エッセイ

    やはり夢を持つ事に意味はないと思う理由
  3. エッセイ

    自分探しの旅の終わり
  4. Linux

    Linuxを愛する私がMacBookPro ME865J/Aを一日さわってみた感…
  5. レビュー

    今、白金を触媒にしたカイロが熱い(暖かい)!!使い捨てカイロとの比較など
PAGE TOP