エッセイ

ぼくはずっと言葉に救われてきた

horse-dapple-mane-sun-wind-ride-attention-ears

僕はこのブログでいろんな事を語ってきましたが、結局、最近は何がしたいのかなという事を考えました。

初めの頃は、とにかくアクセスを集めたいなあと思っていたのです。

時事ネタでもなんでもいいからとにかくアクセス集めっぞーという目的で始めました。

以前に作ったサイトがまぐれ当たりしたことがあって、その手法を更に磨いて、いきなりドカーンと人を集めようと思ったのです。

でもすぐに、このモチベーションでは全然続ける事が出来ないぞという事に気づきました。

フタを開けてみると、僕の興味のあるニュースは、とてもアクセスを集める事のできそうなものではなく、しかも先進技術である事が多いので、それについて語るほどの知識が実はないという。

ではお茶の間を賑わすようなニュースについて書けばいいのかとも思いましたが、これには全くもって情熱が沸かないのでした。これでは書くことはできない。

僕はこのブログを長く続けて行こうと初めから決めていましたので、こういう理由でニュースサイトにするという事は早い段階から諦めました。

次に、自分を解剖するという事を始めました。

それを書くとき、ほとんど自分以外の人の事を意識してはいませんでした。意識する余裕がなかったという言い方が正しかったのかな。

ただ、僕自身が自分の事をもっと良く知るために、毎日、これまでの自分を殺し続けるような毎日でした。

書いていて気づいたのは心の奥底に澱(おり)のように溜まっている記憶があったこと。

それらは随分昔の事でも、今までよく覚えて居たもんだなアという事がたくさんありました。

あえて感情に例えるならば、「寂しさ」や「怒り」に似たものでしょうか。

「こんな事、誰にでもあるような事で、気にしている自分が悪いのだろう。」という気持ちで、今まで無視を決め込んでいたそれらを、真正面から見つめてみるのはとても良い経験でした。

僕の心を一旦リセットする為に費やしたこの時間は、僕のこれからの人生にとって、おそらくかけがえの無い時間だったと思います。

僕は嘘で塗り固めてきた様なこれまでの自分を、自分自身に許して貰いたかったのだと思います。

そして今は、さわやかな風を送りたい

多くの人にブログを見てもらいたいと思っていた頃には伸び悩んでいたブログの閲覧者数が、その人達を意識しなくなってから何故か伸び始めるというのは不思議なものだなと思います。

そんなこんなで10,000PV/月を超えてからはあんまり、閲覧者数に以前ほどこだわりがなくなりました。

最近は、このブログを見に来てくれた人に対して、わずかでもさわやかな風の様なものを感じてもらいたいという事を考えています。

世の中良いことばかりではないので、僕自身なかなか、毎日ブレる事なく生きる事は難しいのですが、せめて自分の心には正直に生きていきたいなあと。

現実として、ダメダメな自分に対してどうしようもなく悲しくなる事や、後悔する事もあるのですが、それも含めて僕は、僕なのだろうと。

もっと人に優しくしたいなあと思いながらも出来なかったり、もっと誰かを助けてあげたいなあと思いながら叶わなかった事も引き連れて、あるがままに生きて行きたいものだと感じている昨今です。

いつか奥さんが出来たり、子供が出来たり、守るものが出来てしまった時、僕はまた変わってしまうのかもしれませんが、今はこのままで行こうと思っています。

「自分」という、今はまだ不安の残る核心を大切にかかえて、日々を過ごして行った先に見えるものを、今はもっと見たいと感じています。

本日もG線上のきりんにおこしいただきありがとうございます。

言葉だけで伝える事のできるものには限界があるのかも知れない。

でも僕は、言葉に救われた一人の人間として、それを大切に、このまま歩いて行きたいと思っています。

walk-walking-sloping

それではまた♪

 

この記事がおもしろかったら
ポチリと押してみるボタン

更新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. エッセイ

    背中合わせの優しさと臆病さ

    ぼくは基本的には人に対して「それは間違っていますよ。」ということは言い…

  2. エッセイ

    掃除の習慣を身につけたい人は、お掃除ロボを買うとよい3つの理由

    お掃除ロボの素晴らしさに引き続き感動するとともに、この機械のもたらす相…

  3. エッセイ

    僕達にとって、選択できるという事が必ずしも良い事とはかぎらない

    結構前に買ったAmazon Kindle Fireタブレットですが、持…

  4. エッセイ

    32歳になりました

    2015年8月16日、僕は32歳になりました。32歳になってから既に…

  5. エッセイ

    僕が写真を始めた理由、これから撮りたいもの、情熱の在処

    今夜もチルアウト僕は当時、スケートボードに夢中…

  6. エッセイ

    僕が読み終わった本を無償で誰かに送ってあげる企画を通して感じた事

    一時期電子音楽にハマっていたが、最近はまた人の手による演奏のゆらぎに身…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フェイスブックページ

最近の記事

  1. タクローツアー

    佐世保軍港クルーズの案内をする兄と別れ、平戸生月の大橋を撮影してきました。
  2. エッセイ

    自分探しの旅の終わり
  3. レビュー

    本を集中して読むために使えるテクニック
  4. エッセイ

    配偶者控除の廃止に想う常識の移り変わり
  5. こころ

    人は錯覚の中でしか生きられないけれど、それを選ぶことは出来る
PAGE TOP